【開封の儀!】iPhoneXSを購入しました!実際に開封した使用感やおすすめの周辺機器をレビューします!


スポンサードリンク


スポンサードリンク




開封の儀!iPhoneXSを購入しました!実際に開封した使用感やおすすめの周辺機器をレビューします!

2018年の9月に新しく発売されたiPhoneXSを発売日に入手することができました。

今回のモデルチェンジでは、5.8インチのiPhoneXSと6.5インチのiPhoneXS Maxが発売され、どちらのサイズを選ぶか迷われた方も多いかと思います。

わたしは、様々な理由からより小さいサイズである5.8インチのiPhoneXSを購入しました。

今回の記事では、実際にiPhoneXSが到着し、開封してみた感想について写真中心にレビューしていきたいと思います。

なぜ5.8インチのiPhoneXSを選んだのか?

今までのiPhoneでは、画面サイズが大きい方がスペックもよかったため、スペックを重視するとサイズの大きいほうを選ばざるを得ませんでした。

今回のモデルチェンジで特徴的なのは、5.8インチのiPhoneXSも6.5インチのiPhoneXS Maxも、画面のサイズが異なるだけで、スペックは(バッテリー容量を除いて)まったく同じであることです。

そのため、単純にサイズの好みだけで両者を選ぶことができます。

わたしは、下記の理由から小さいサイズである5.8インチのiPhoneXSを購入しました。

  • 既にiPad Proを所有している!

→最も大きな理由は、iPad Proを所有していることです。すでに画面サイズの大きなiPad Proで動画をみたりネットをしたりしていますので、スマートフォンの画面サイズが巨大である必要性はありませんでした。

逆に言えば、iPadなどのタブレットを所有していない場合は、iPhoneXS Maxの画面の大きさはとても重宝すると思います。

 

  • 片手で操作できる!

→実際にiPhoneXS Maxを触ってみましたが、思った以上に大きいです。わたしの手では、画面の端まで指が届かず片手で操作することは困難でした。iPhoneXSですと、ぎりぎり片手で操作することができます

 

  • 携帯性を重視している

→スマートフォンは軽量で持ち運びがしやすいことを重視しています。もちろん画面サイズの大きさは重要ですが、iPhoneXSの5.8インチの画面サイズでも十分大きく、iPhoneXSのサイズこそがバランスが取れたサイズであると感じました。

以上の理由から、iPhoneXSが発表された翌日の発売日である2018年9月14日、さっそくiPhoneXSを予約しました。

iPhoneXS 開封の儀!

予約開始と同時に申し込んだため、2018年9月21日の発売日にiPhoneXSを受け取ることができました。

外箱には、iPhoneXSの画面が表示されています。

裏面には、購入したiPhoneXSの容量やシリアルナンバーなどが書いてあります。

わたしは必要容量と価格のバランスを考え、256GBを購入しました。

外箱を開けると、いつものApple製品にあるように「Designed by Apple in California(カリフォルニアのアップルでデザイン)」の文字が書かれた説明書が現れます。

説明書の下には、透明なフィルムで保護されたiPhoneXS本体がありました。

さらにその下には、ライトニング端子に対応したイヤホン、USB充電器が収められていました。

内容物をすべて取り出してみました。

左からiPhoneXS、ライトニングケーブル、USB充電器、ライトニング端子用イヤホン、説明書類です。

説明書類の中には、説明書の他にもSIMカードピン、Appleのリンゴマークシールなどが同封されていました。

iPhoneXSの保護フィルムを剥がすと自動的に起動しました。

以前使用していたiPhoneとの同期はとても簡単で、昔のiPhoneを新しいiPhoneXSに近づけて画面の案内に沿って進めるだけですべての設定を同期させることができます。

iPhoneXSの詳細をみていきます

iPhoneXS スペースグレイの詳細をみていきます。

背面もガラス製で光沢があります。色は黒色ですが、光の反射によって白に近い色にも変化します。

下部には今まで通りライトニング端子があります。

側面はステンレススチール製の仕上げで光沢がとてもキレイです。

側面上部には、マナーモード切替ボタン、音量ボタンがあります。

カメラは縦に2つ並んでいます。

この2つのカメラによって、後から被写界深度を変更させたり、立体的な写真が取れたりするようになっています。

iPhoneXと全く同じように見えますが、数ミリ単位で大きさが変更になっているそうです。

iPhoneXSはちょうどよい大きさでした

iPhoneXSのサイズ感を見るため、実際に手に持ってみました。

手にフィットして、ちょうどよい大きさで満足しています。

付属品をみていきます

付属品はライトニング端子用イヤホン、USB充電器、ライトニング端子用USBケーブルがあります。

わたしはAirPodsなどのワイヤレスイヤホンを使用しているため、こちらのライトニング端子用イヤホンは使うことはありませんが、通常のイヤホンジャックは使えませんので注意が必要です。

充電器やケーブルも今までのiPhoneと同じです。後述しますが、ワイヤレス充電器がとても便利ですので、iPhoneXSと併せて使用することをおすすめします。

おすすめの周辺機器は!?

わたしがiPhoneXSを購入してから実際に購入したおすすめの周辺機器を紹介します。

iPhoneXSは高価で、修理代も信じられないくらい高いです。そのため、画面や背面が割れてしまうと大変です。ケースや強化ガラスのフィルムでiPhoneXSを守ることは必須だと思っています。

<iPhoneXSケース レビュー>

iPhoneXSのケースは「Spigenクリアケース」がおすすめです!おしゃれなデザインで耐衝撃もありぴったりと合いました!

<iPhoneXS保護ガラス レビュー>

iPhoneXSのガラスフィルムは「Nimaso液晶保護ガラスフィルム」がおすすめです!旭硝子製で耐衝撃性に優れています!

また、iPhoneXSはワイヤレス充電にも対応しています。

実際にワイヤレス充電を使用してみるととても便利で、有線の充電には戻れなくなるほどです。iPhoneXSのメリットを十分に活かすためにも、ワイヤレス充電器を購入することをおすすめします。

わたしが実際に購入したワイヤレス充電器は、とても安価ですので興味がある方はレビューやAmazonの商品紹介をご覧ください。

<スタンド型ワイヤレス充電器 レビュー>

Qi対応!CHOETECHのスタンド型急速ワイヤレス充電器は動画を見ながら充電できおすすめです!

<置き型ワイヤレス充電器 レビュー>

Qi対応!CHOETECHのワイヤレス充電器は超薄型でiPhoneの充電にとても便利でした!

まとめ:iPhoneXSを購入しました!実際に開封した使用感やおすすめの周辺機器をレビューします!

・5.8インチのiPhoneXSと6.5インチのiPhoneXS Maxのサイズがありますが、わたしの生活にはiPhoneXSがぴったりでした。

・iPhoneXと外観はほとんど変化していませんが、全体的な性能が格段に上がっています。iPhone8以前のiPhoneを使用している方には、性能面でとてもおすすめできます。

・今回紹介したような様々な周辺機器を活用することで、iPhoneXSの性能をさらにアップさせることができます。

・破損すると修理代がとても効果ですので、ガラスフィルムやケースは必ず着けておきましょう。

 

エラン
わたしはかなり昔のiPhone6からのアップグレードでしたので、iPhoneXSの高速な性能に驚きました。画面サイズも十分に大きくとても満足しています!




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。