【開封の儀!】MacBook Pro(13インチ)2018年モデルが到着しました!実際に開封して使用感をお伝えします!


スポンサードリンク


スポンサードリンク




開封の儀!MacBook Pro(13インチ)2018年モデルが到着しました!実際に開封して使用感をお伝えします!

新しく発売されたMacBook Pro 2018年モデルを購入しました。

実際にMacBook Proを細かく見ていくと、Appleの公式サイトの写真では分からなかった細かい部分がみえてきました。

今回の記事では、実際にMacBook Proが到着し、しばらく使用してみた感想について写真中心にレビューしていきたいと思います。


MacBook Pro 2018年モデルには、13インチと15インチがあり、それぞれCPUやメモリ、タッチバーの有り無しなどを選ぶことができます。

前回の記事では、MacBook Proのスペックをどのようなポイントで選んでいけばよいのかについてシェアしましたので、選び方を迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

わたしのMacBook Proのスペック・構成について

最初に、わたしが実際に購入したMacBook Proのスペックを紹介します。

MacBook Pro 2018年モデル
①サイズ 13 inch
②タッチバー あり
③プロセッサ 2.7GHz Quad-core Core i7
④メモリ 16GB
⑤ストレージ 512GB
⑥キーボード USキーボード
価格 297,864円(税込)

ストーレージ以外はMacbookPro 2018年モデルの13インチとしては、最高のスペックとしています。

MacBook Proの選び方」の記事でも紹介しましたが、ストーレージ(SSDドライブ)は、SanDiskの外付けSSDを活用することで、価格を抑えるという裏技を使っています。

MacBook Proの開封の儀!

Apple公式サイトで購入して約1週間後、MacBook Proが到着しました。

Apple製品は、箱を開ける瞬間がとても楽しみです。

箱を開けるとすぐにMacBook Proを見ることができます。

箱の下部には、説明書、充電器、充電用USB-Cケーブルが収納されていました。

箱からすべての内容物を取り出してみました。

MacBook Pro本体、説明書、充電器、充電用USB-Cケーブルというシンプルな構成です。

説明書のケースの中には、簡単な説明書に加え、Apple製品おなじみの「Appleのりんごマークのシール」が同封されています。

では、MacBook Pro本体を詳しくみていきます。

MacBook Pro本体をみていきます

MacBook Pro 2018年モデルのカラーは「シルバー」と「スペースグレー」から選択することができます。

わたしは「スペースグレー」を選びました。

スペースグレーでも、光の当たり方によって色味はかなり変化します。光が当たるとホワイトやシルバーに近い色に見えます。

初めてMacBook Proを開けると、すぐに起動しますので、設定を進めていくことになります。

MacBook Proを広げて、横から眺めたところです。

とてもシンプルで洗練されたデザインです。

側面には、USBポートとイヤホンジャックがあります。

USBポートは、「USB Type-C」のみに対応したポートが各側面に2つずつ設けられています。イヤホンジャックは向って右側のみ1つ設けられています。

キーボードの横には、細かいドットが開いたスピーカーがあります。

音質はとてもよく、かなり大きな音まで出すことができました。

キーボードとトラックパッドをみていきます

MacBook Pro 2018年モデルでは、キーボードが新しくなりました。

これまでのMacBook Proのバタフライキーボードよりも、静かになったということが大きな特長です。

MacBook Proのバタフライキーボードはとても薄いのですが、しっかりとした打ち心地で、とても打ちやすいです。そして、実際に打ってみるとカチカチとした音がかなり軽減されていることが分かります。

わたしは、カフェやコワーキングスペースなどで作業をすることが多いため、キーボードが静かになったことはとてもありがたい改良でした。

そして、トラックパッドは以前のモデルと同様、とても大きいです。

MacBook Pro以外のラップトップパソコン(例えばMacBook Airなど)では、トラックパッドは小さく使いにくかったため、ほとんど使うことはありませんでした。

しかし、MacBook Proのトラックパッドは大きく感度もよいため、ネットをしたり動画を見たりといった簡単な操作は、トラックパッドのみで済ますようになりました。

Touch BarとTouch IDをみていきます

MacBook Proの特長のひとつであるTouch BarとTouch IDをみていきます。

通常は、今までのMacのパソコンと同様に、画面の明るさ、キーボードの明るさ、音量などを設定することができるようになっています。

それぞれのボタンをタップすると、バーが現れますので、それをスライドすることで微調整することができます。

右端には、Siriのボタンがありますので、このボタンを押すことでSiriを起動させることができます。

Touch Barの右端にはTouch IDがあります。

Touch IDでは指紋認証をすることができ、それによってMacBook Proをパスワード無しで認証させたり、Apple Payでショッピングをすることができるようになります。

画面の指示に従って、簡単に指紋を登録できます。

Touch IDを使って、MacBook Proを認証させる機能はとても便利で、一度使ったら普通にパスワードを入力する方法が億劫になるほどです。

充電器とUSB-C充電ケーブルをみていきます

付属の充電器とUSB-C充電ケーブルをみていきます。

充電器は「61W USB-C Power Adapter」という名称の製品です。

付属の充電用USB-Cケーブルを差しこんで使用します。

MacBook ProにはUSB-Cポートが4つありますが(Touch Barなしモデルは2つ)、どのポートに差しても充電することができますので便利です。

ただ、以前のMacBook Proにあったような、ケーブルは磁力で接続され、引っかかった時に自動的に外れてくれる「MagSafe」という機能は付いていません。他社製品のアクセサリとして「MagSafe」のような機能を付加させることができますので、興味がある方は使用してみるとよいでしょう。

ディテールをみていきます

MacBook Proのディテールを写真中心にみていきます。

表面のAppleマークは、鏡面仕上げになっています。以前のモデルのように発光はしませんが、落ち着いた雰囲気で気に入っています。

タッチパッドの下にある開閉のための切り欠きです。

アルミの削り出しで、この部分の曲線がとても美しいです。

後部のヒンジ部分の納まりです。

全体的に厚みが薄く、ぴったりと隙間なく閉じています。

裏側にはグレーで規格などの印字があります。

裏面には、4か所にゴムの脚が付いています。

排気スリットも後面、側面の3か所にあることが分かります。

画面の下部のベゼル部分に「MacBook Pro」の印字があります。

光の当て方で、黒っぽく見えたり、白っぽく見えたりと、色味はかなり変化します。

MacBook Proを閉じたとき、前面から見える削り出しのつまみのデザインが美しく、とても気に入っています。

おすすめの周辺機器は!?

MacBook Proを購入する際に必要なおすすめの周辺機器についてレビューしています。

特に外付けSSDを活用すれば、MacBook Proの容量を減らすことができ、価格を抑えることができるのでおすすめです。

興味のある方は併せてご覧ください。

<おすすめ周辺機器>

外付けSSD レビュー

「サンディスク エクストリーム ポータブルSSD 1TB」は超コンパクトで高速なSSDでした!

シェルカバー レビュー

MacBookPro2018のケースは「MaxKuつや消しシェルカバー」がおすすめです!

USB変換アダプタ レビュー

MacBookProのUSBハブはRampowのUSBアダプタがおすすめです

まとめ:開封の儀!MacBook Pro(13インチ)2018年モデルが到着しました!

・MacBook Proは細部までしっかりと作りこまれており、性能だけでなく所有欲も満たしてくれます。

・キーボードはとても静かで打ちやすくなりました。実際にAppleストアなどで試してみることをおすすめします。

・Touch Barはまだそれほど使用していませんが、Touch IDでログインできる機能はとても便利です。

・Retinaディスプレイの解像度もとても高く、細かい作業をするのに適しています。

・CPUやメモリの性能が良いため、ストレスなく作業を行えるようになり、とても満足しています。

MacBook Proのスペックをどのようなポイントで選んでいけばよいのかについては、前回の記事でシェアしていますので参考にして下さい。

<おすすめ周辺機器>

エラン
パソコンは毎日使いますので、愛着が持てることはとても重要です。MacBook Proは性能もデザインもよいため、これ以外の選択肢は考えられないほどです!




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。