【レビュー】超小型イヤホン「Senzer S10」は寝ながら使っても耳が痛くない最強「寝ホン」でした!気になる評価や口コミは!?


スポンサードリンク


スポンサードリンク




「Senzer S10」は寝ながら使っても耳が痛くない最強「寝ホン」でした!

「寝ホン」という言葉をご存知でしょうか?

「寝ホン」とは「寝る時に使用するイヤホン」の略で、寝ながら使っても耳が痛くならないというイヤホンを指します。

今回、インターネットで最も有名な「寝ホン」である「Sezer S10」を実際に購入して使用してみましたので、詳細についてレビューしたいと思います。

なぜ「寝ホン」が必要なのか!?

わたしは、海外ドラマやYouTubeをスマートフォンやタブレット端末で見ることが好きで、ほとんど毎日のようにソファやベッドに寝ころびながら視聴しています。

しかし、寝ころびながらイヤホンを使うと耳が痛くなってしまいます。

この問題を何とか解決できないかと、いろいろと調べた結果、今回の記事で紹介する「Senzer S10」という寝ながら使用しても耳が痛くならないカナル型イヤホンがあると知り、Amazonですぐに購入してみました。

「Senzer S10」が届きました!

Amazonが断トツの最安値でしたので、Amazonから購入しました。

わたしが購入した時は定価が9,980円なのにも関わらず、70%オフの2,980円で購入することができました。

では、到着した「Senzer S10」をさっそく開封していきます。

外箱はとてもコンパクトで、高級感があります。中央にブランド名である「SENSER」の文字が彫り込まれています。まるで、高級ブランド品のような佇まいです。

開けた瞬間に、ディスプレイされたイヤホンのみが現れます。開封した時の感動が演出されており、とても好感が持てるパッケージでした。

箱の最下部には、付属品が同封されています。付属品は「イヤホンケース」「交換用イヤーピース12個」「説明書」がありました。

「Senzer S10」の細部を見ていきます!

Senzer S10の細部を見ていきます。

まずは、最も重要なイヤホン部分です。下の写真のとおり、とてもコンパクトです。

公式サイトの説明に「通常のカナル型のように耳を塞ぐのではなく、耳道に入るユニークなデザインが特徴です。」と書いてあるように、寝ながら使用しても枕などに当たる「出っ張り」部分がありません。物理的に痛くなりようがないデザインなのです。

銀色の部分はステンレス製で耐久性もあり高級感があるデザインです。

プラグ部分は下の写真のように、通常のイヤホンよりも根本が大きいサイズのプラグで耐久性があります。

ケーブルの途中には、とてもコンパクトなコントローラーが付いています。

音量調節、送曲、戻曲、再生・停止ができ、マイクも付いていますのでハンズフリー通話ができます。寝ながら使用するときに、このコントローラーで操作できますのでとても役に立ちます。

ケーブルは強化ケーブルになっています。ちょうど昔のこたつのケーブルのような丈夫な肌触りでした。公式サイトによると「1万回以上の折り曲げに耐える性能がある」とのことです。

ケーブルのプラグ部分とイヤホン部が分かれる部分では、耐久性を上げるためにステンレスで補強されていますので、安心です。

また、特筆すべきはケーブルの素材に「滑り止めみ用ゴム」が使われているため、通常のイヤホンのように絡まることがありません。実際にカバンの中に入れておいても、ケーブルがまったく絡まらずとても便利でした。

付属品として、イヤーピースが大量に同封されていました。数えたら12個もありました。

イヤーピースは無くしやすいですが、これだけあると安心ですね。細かい配慮が有難いです。

「Senzer S10」を実際に使用してみて

「Senzer S10」を初めて使用すると、本当に感動します。

今までのカナル型イヤホンと比較して、本当にコンパクトで耳からイヤホンが出っ張る部分が全くありません。イヤホンが完全に耳の中に「収まっている」のです。

実際に寝ながら「Senzer S10」を使用しても、耳から出っ張る部分がありませんので、耳が痛くなることが全くありませんでした!

下の写真は、Amazonの商品説明から引用した着用例です。

ご覧のように、モデルさんの耳の中に「Senzer S10」がすっぽりと入り込んで、外側に全く飛び出ていないことが分かります。

物理的に耳が痛くなる出っ張り部分がないため、痛くなりようがありません。

寝ながらイヤホンを使用される方にとても快適な、神イヤホンだと思います。

ネット上の口コミは?

2017年12月現在、Amazonではカスタマーレビューが83件もあり評価が★4.1と高評価になっています。カスタマーレビューを読んでも、ほとんどが好意的な内容です。

ネット上の口コミをいくつか抜粋してみたいと思います。

超小型軽量の説明に偽りはなく、とにかく軽量で着け心地が良いです。音質は低音がよく出ていて、このサイズであれば何の問題もありません。遮音性もよく、外部からの音をよく遮断するので音源のボリュームを絞ってもよく聞こえています。これは良い買い物でした、、

実際に使用してみると,本当にコンパクトでつけていることを忘れそうなほど快適です.予想していた通り,耳への負担もなく,また小型なので装着したまま寝転がれるのも良いですね.

そしてこれは個人差があると思うが、今回再需要しした、寝ながら使っても耳が痛くないか。これは仰向け状態でなくて、横に寝転んでる状態。いわゆる「ゴロン」だ。ほかのイヤホンの場合は、耳から本体(機体?)が2~3mmでてグイグイ押されて痛いのだが、このイヤホンの場合は違う。「ゴロンゴロン」しても痛くないのだ。

睡眠時につけて安らかな音楽を聴きながら眠りにつく。朝までぐっすりもちろん耳から外れていません。

何と言っても本製品の魅力は装着感かなと思います。ハウジング部分が非常に小型で耳からはみ出る部分が少なく、しかも、ハウジングの外側が平らな作りになっているため、装着したまま寝転んで使用するのに最適です。僕は寝る前の音楽(ラジオ)観賞に使用していますが、装着したまま横向きになる事も出来るので重宝しています。

これらはネット上にある口コミのほんの一部ですが、ほとんどの方が「寝ホン=寝ながら使用できるイヤホン」として、きわめて高い評価をしていることが分かります。

わたしも実際に使用していますが、本当に寝ながら使用しても痛くありませんので、もうこれが無ければ快適な動画生活が送れないくらいの必需品になっています!

まとめ:全く耳が痛くならない神イヤホンでした!

・ネット上の口コミの通り、寝ながら使用しても耳が全く痛くならない神「寝ホン」でした!

・寝ながら使用できるというメリットはもちろん、イヤホン自体のデザインもカッコよい、音質もよい、耐久性もある、と今のところデメリットが見当たりません。

・Amazonでは価格がとても安く、コストパフォーマンスはとても良いです。(※価格は変動する可能性があります。安い時に購入しておくことをおすすめします。)

・寝転びながらイヤホンを使用して、快適な動画生活を送りたい方は是非チェックしてみて下さい!

エラン
寝ながら使用しても耳が痛くならないイヤホンというのは画期的な発明ですね。これで快適な動画ライフが送れます!




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。