【宿泊記】ファーストキャビンTKP名古屋駅(エコノミークラスキャビン)に泊まってみたら超快適なカプセルホテルでした!気になる評価や口コミは!?


スポンサードリンク


スポンサードリンク

ファーストキャビンTKP名古屋駅(エコノミークラスキャビン)に泊まってみた!

先日、名古屋に出張に行ったときに面白いカプセルホテル「ファーストキャビン」を見つけましたので宿泊をしてみました。

「ファーストキャビン」は、飛行機のファーストクラスをモチーフにしたカプセルホテルで、全国展開されています。今回宿泊した名古屋駅のホテルは、2017年夏に開業したばかりの新しい施設でした。カプセル内も設備が充実しており、とても快適に過ごせましたので、レビューをシェアしたいと思います。

ファーストキャビンTKP名古屋駅の場所は!?

「ファーストキャビンTKP名古屋駅」は、名古屋駅の新幹線改札より徒歩7分の場所にあります。

周辺は、予備校、ビジネスホテル、飲食店が点在していますが、当ホテルは大通りより一本奥に入った場所にあります。少し分かりにくいですが、地図を見ながら行けば迷うことはないでしょう。

名古屋駅から非常に近い場所にありますし、コンビニや飲食店も周辺にたくさんありますので、立地としてはとても便利です。

下記のように、黒色を基調としたシンプルで現代的な外観となっています。

夜間はエントランス部分が青く光りますので、遠くからでも認識しやすいでしょう。ヨーロッパの現代建築のような佇まいです。

ファーストキャビンTKP名古屋駅にチェックインしてみた!

エントランスを入ると、すぐに受付があります。受付には3人ほどのスタッフがおり、スムーズに案内してもらえました。

↑公式サイトより引用

チェックインをすると、下記のような「首から掛けるカードキー」と「腕にはめるキー」が渡されます。「カードキー」は、エレベーターに乗る際、カプセルホテルが並んでいる部屋に入る際にセキュリティとしてかざす必要があります。「腕にはめるキー」は、カプセル内の貴重品ロッカーの鍵になっています。

1階には、ソファ、大テーブル、電源付きの作業机(自習室にあるようなタイプ)などがあり、くつろいだり作業したりできるスペースがたくさん設けられていました。

ラウンジには、コーヒーメーカーもあります。有料(100円)でしたが、カフェにいるようにくつろぐことができました。わたしは、夜の11時くらいに使用しましたが、その時も風呂上がりの宿泊者が5名ほどくつろいだり、作業をしたりしていました。

ちなみに、こちらのラウンジで朝食をとることもできました。400円でデニッシュを5個も食べることができます。

気になる「カプセル」内の様子をを紹介します!

今回、わたしが宿泊したタイプは「エコノミークラスキャビン」です。こちらは通常のカプセルホテルのようなカプセルに宿泊するタイプとなります。

男性エリアと女性エリアは、1階にあるエレベーターによって完全に分かれていますので、セキュリティはしっかりとしています。男性の「エコノミークラスキャビン」は3階に位置していました。

下記の写真は3階のエレベーターホールの画像です。右側にあるガラスの自動ドア内にカプセルが並んでいますが、こちらに入室するにはセキュリティカードをかざす必要があります。奥にはトイレがあります。

3階の平面図です。このように大量のカプセルが並んでいました。男性のキャビンは、128キャビンあるようです。カプセルの他には「洗面所」「荷物置場」「更衣室」「トイレ」があることが分かります。

カプセルエリアの写真です。わたしが宿泊した時は、約90%の稼働率でした。カプセルの遮音がしっかりしているのか、とても静かでした。

カプセル内の様子です。カプセル内は意外と広く、ひとりで過ごすには十分な広さです。設備がコンパクトにまとまっており、清潔感もありとても快適です。特筆すべきは、可動式のテレビが付属していることです。ベッドに寝たままの体制で、テレビを見ることができます。

このように、電源や操作盤はコンパクトにデザインされて、きれいにまとまっています。左下には鍵付きの貴重品ロッカーもあります。奥行きが深く、A3サイズのカバンならこちらにいれることができます。11インチのノートパソコンもロッカーに入れることができました。

上から、エアコンの調節ツマミ、電灯のスイッチが2つ、テレビのヘッドホン端子、USB充電機、コンセントが並んでいます。コンセントだけでなく、USBコンセントがあるのが高ポイントですね!

キャビン内にはパジャマの上下が用意されています。ジャージ素材のパジャマでとても着心地がよかったです。

下記は、公式サイトからの引用です。このように、カプセル内の設備はとても充実しています。

共用設備も充実していました!

カプセルが並んでいるエリアの入り口には、「追加の布団」「リセッシュ」「加湿器」「ズボンプレッサー」を自由に使用できるようになっていました。

カプセルが並んでいるエリアには、洗面所もあります。洗面器が7台ほど並んでいます。これだけの数があれば朝のラッシュ時にも全て埋まることはないでしょう。

アメニティとして、ひげ剃り、くし、石鹸、シェービングフォーム、ドライヤー、アルコール除菌などがありました。

洗面所の反対側には荷物置場と更衣室がありました。スーツケースなどの荷物をこちらに置くことができます。奥に見えるのは更衣室で、個室が7室ほどありました。

地下1階には、大型浴場があります!

地下1階には大型浴場がありました。廊下を進んでいくと、浴場がありました。さすがに写真は撮影できませんでしたが、体を洗うブースが6つほどあり、浴場も広かったです。

浴場以外にも、ユニット式のシャワー室もあります。シャワー室は2~3室あったと思います。

乾燥機付きのコインランドリーもありますので、連泊する場合でも安心です。

地下には自販機もありました。飲み物の価格も通常価格で良心的です。

なんと予備校を改修したホテルだった!?

宿泊した時は気づかなかったのですが、こちらの「ファーストキャビンTKP名古屋駅」は、予備校である河合塾をホテルに改修した建物だったようです。

あまりに内装がキレイで、うまくデザインされていたため、新築とばかり思っていました。予備校が、このようなカプセルホテルに生まれ変わるとは、とても面白い試みですね!

参考記事:日経新聞「大手予備校校舎をコンバージョンし「ファーストキャビン TKP 名古屋駅」を開業

予約はエクスペディアから

ファーストキャビンTKP名古屋駅(エコノミークラスキャビン)に宿泊するには、事前予約が必要です。

わたしは、下記の「トリバゴ(Tribago)」で最安値を探して申し込みましたので、公式サイトよりも安く(しかもポイント付きで)泊まることができました。

トリバゴ(Tribago)は、楽天トラベルや、JTB、るるぶトラベル、エクスペディアなど国内外250社以上の旅行サイトが提供する80万軒以上のホテルを一度に比較して、最安値の宿泊プランを検索できますので、とても便利でお得です。

あらかじめ下記の公式サイトをブックマークに登録をしておいて、ホテル予約の際はぜひ利用してみると良いでしょう。

トリバゴ(Tribago)の公式サイトはこちら

トリバゴ(Tribago)公式サイト

まとめ

・2017年に完成したばかりの新しい施設で、清潔感があり快適に宿泊できました。

・カプセル内にはテレビもあり、電源やUSBなど充実しています。秘密基地感があって、とても楽しく宿泊できます。

・1階には広々としたラウンジ(男女共用)もありますので、作業をしたり、くつろいだり、カフェのように過ごすことができます。

・カプセルは意外と広く、寝返りもうてますのでカプセルだから眠りにくいということはないでしょう。旅行だけでなく出張にも利用できます。

・名古屋駅周辺のホテルと比較すると価格がとても安いですので、節約したい方や短時間だけ利用したい方にはぴったりのホテルです。

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ