すべての記事を表示するにはここをクリック!

【レビュー】iPhone 15 Pro Maxを購入しました!開封の儀!新機能や旧機種との違いを詳細レビューします!ナチュラルチタニウム/Apple(アップル)

<景品表示法に基づく表記>当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しております

iPhone 15 Pro Maxを購入しました!開封の儀!

2023年9月13日に開催されたAppleイベントで、新型のiPhone 15、iPhone 15 Proシリーズが発表されました。

わたしは、2022年に発売された「iPhone 14 Pro Max」を1年間使ってきましたが、毎年最新のテクノロジーに触れてみたいので、今回も新しい「iPhone 15シリーズ」に機種変更をしました。

画面サイズは大画面が好みなので、発売日に迷うことなく「iPhone 15 Pro Max」を予約しました。

今回の記事では、実際に「iPhone 15 Pro Max」を購入し使用してみた感想を、写真中心にレビューしていきたいと思います。

Amazon アップル公式サイト

iPhone 15 シリーズをすべて見る

購入したiPhone 15 Pro Maxのスペック

今回発表された「iPhone 15シリーズ」は、素材に「チタニウム」が使われているのが特徴です。(詳細は後述します)

カラーは、写真右から「ナチュラルチタニウム」「ブルーチタニウム」「ホワイトチタニウム」「ブラックチタニウム」の4色展開となっています。

(上記画像:Apple公式サイトより引用)

今回、わたしが購入した新しいiPhone15 Pro Maxのスペックは下記の通りです。

(上記画像:Apple公式サイトより引用)

  • iPhone 15 Pro Max
  • 512GB
  • ナチュラルチタニウム

容量は、今まで使用してきたiPhone 14 Pro Maxも同様に512GBを使用しており、256GBでは容量が不足していたため、512GBを選択しました。

カラーは「ナチュラルチタニウム」を選びました。純正のファインウーブンケースも同時に購入したため、このナチュラルチタニウムの色を日常的にみることはなさそうですが、チタンの元々の風合いが反映されていて、最も美しそうに思えました。

iPhone 15 Pro Maxが届きました!開封の儀!

iPhone 15シリーズの発売日の午前10時ごろ、さっそくAppleからの荷物が届きました。

外箱を取り出しました。

外箱の大きさはiPhone14シリーズと同じように見え、外箱の厚みが薄くなっています。

裏面の上下にあるひっぱりをめくり、開封していきます。

外箱を開けると、iPhone 15 Pro Max本体が現れました。

この時初めてチタニウムの質感や「ナチュラルチタニウム」の色を見ましたが、今までのステンレススチールとは違った素材感がありました。

付属品として、ケーブル、説明書、SIMピン、Appleシールが入っていました。

後述しますが、iPhone14までと大きく違うのはこのUSB-Cケーブルです。ライトニング端子がとうとう廃止になりました。ケーブルは布で覆われたタイプで耐久性がありそうです。

iPhone 15 Proシリーズは「USB3」の規格に対応していますが、同梱のUSB-Cケーブルは「USB2」の規格の製品です。充電するには何の問題もありませんが、最大10Gbpsのデータ転送を実現させるには、USB3に対応したケーブルを自分で購入する必要があるようです。

iPhone 15 Pro Max本体の画面には、保護シールが貼られていて、ボタンの機能を解説するロゴが印刷されていました。

右側面は電源ボタン、左側面は上からアクションボタン、ヴォリュームボタンとなっています。

iPhone 15 Pro Maxの詳細をみていきます

背面の形状は、iPhone14 Pro Maxとほとんど変更がないようにみえますが、チタニウムの素材感が新鮮に感じました。

参考までに、下記は今まで使っていたステンレススチールのiPhone 14 Pro Maxです。

上部にあるDynamic Island(ダイナミックアイランド)もiPhone 14 Proシリーズを受け継いでいます。

下面にある端子がライトニング端子からUSB-C端子に変更になりました。

3つのカメラは相変わらず存在感があります。

ある時から、カメラを目立たなくする方針ではなく、カメラをデザインとしてあえて目立たせる方針になったように思えます。

コーナーは、チタニウムの丸みを帯びたラウンドエッジ形状に変わっています。

サイドボタンにも変更がありました。

後述しますが、消音モードに切り替える「スライド式のつまみ」が「アクションボタン」となりました。本体左側面の最上部のボタンです。

右側面のボタンに変更はありませんでした。

チタニウム素材にアップルのロゴが映えていました。

ナチュラルチタニウムについて

新色「ナチュラルチタニウム」は、角度によって見え方が異なり、面白みがありました。

光の当たり方によって、濃いグレーに近い色に見える時や、かなりホワイトに近い薄い色に見える時もあります。チタニウム素材そのものに近い色味が微妙に変化して、とてもきれいな色だと思いました。

側面の丸みを帯びたラウンドエッジもきれいでした。

以前のiPhone 14 Pro Maxと今回のiPhone 15 Pro Maxを手にもって比較してみると、軽くなっていることが分かります。

iPhone 14 Pro Max(240g)に対して、iPhone 15 Pro Max (221g)となっており、19g軽量化されています。いままでiPhone Proの重さはモデルチェンジの度に増していましたが、素材をチタニウムにすることで軽量化が実現されました。

iPhone 15 Proシリーズの新機能について

「iPhone 15 Pro」「iPhone 15 Pro Max」の新機能について、Appleイベントや公式ウェブサイトのを元に、話題になった項目を取り出して簡単にまとめてみます。

下記がAppleイベントで紹介されたiPhone 15 Proシリーズのまとめです。

※この章で紹介する画像はすべて、アップル公式サイトやAppleイベントの動画から引用しています。

チタニウムの外装

まず、大きな変化は素材が「チタニウム」になったことです。これによって、強度を保ちながらiPhoneで最も軽いProモデルとなりました。

カメラ性能の進化

iPhone Pro Maxの「3つのカメラ」の構成は下記のようになっています。

Proのカメラシステム(48MPメイン、12MP超広角、12MP望遠)
メイン:48MP、ƒ/1.78絞り値
超広角:12MP、ƒ/2.2  絞り値
望遠 :12MP、ƒ/2.8  絞り値

メインカメラは48MP(4,800万画素)で、クアッドピクセルセンサーが被写体に合わせて作動します。

クアッドピクセルセンサーはiPhone14 Proにすでに搭載されていたためお馴染みだと思います。

iPhone14 Pro発表時のクアッドピクセルセンサーのおさらい

光の取り込みを最適化するために、4つのピクセルごとに1つの巨大なクアッドピクセルにまとめ4倍の光を捉えます。これにより12MPを維持しながらさらに多くの光を取り込めるという利点があります。これとフォトニックエンジンとの組み合わせで幅広いダイナミックレンジを捉えられます。

「メインカメラ」のクアッドピクセルセンサーのすべてのピクセルを使うと、48MP(4,800万画素)で下記のような超精彩な撮影ができます。48MPのProRAWに加えて、48MPのHEIFでの撮影も可能になり以前より4倍の解像度が得られるようになったようです。

24MP(2,400万画素)の写真は低照度でも細かなディテールを撮影できます。(4つのピクセルごとに1つの大きなクアッドピクセルにまとめることによって、写真サイズを維持しながら、明るさが足りない場所で素晴らしい撮影が可能になるということです)

新しいフォトニックエンジンは48MPの画像を使うので、デフォルトのメインカメラレンズの焦点距離を24mm、28mm、35mmでより高画質の撮影ができるようになりました。

  • 120mmレンズ相当の5倍光学ズーム

iPhone15 Pro Maxで最も話題になったのは、120mmレンズを使った5倍光学ズームです。通常、ズームレンズは大砲のような長いレンズが必要です。Appleイベントの動画で登場した、下記の大砲のような120mmレンズの例えはユーモアがありつつも、インパクトがありました。

それが、今回のiPhone 15 Pro Maxでは「テトラプリズム」という設計によって、コンパクトに光学ズームが実現されています。

Appleが設計したのは、最先端のテトラプリズム。レンズの下でガラスを折りたたみ、光線を4回連続して反射させることで、スペースの大きさを変えずに光の到達時間を延ばしました。新しい焦点距離で、かつてないズームショットをどうぞ(Apple公式サイトより引用)

望遠レンズは手振れが気になりますが、「3Dセンサーシフト光学式手ぶれ補正」という技術で、最大毎秒10,000回の微調整を行うようです。毎秒10,000回の調整というのは、どんな仕組みなのか想像が付きませんが、想像を絶するすごさがあります。

この5倍光学ズームは「iPhone15 Pro Max」のみの機能で、「iPhone15 Pro」では3倍光学ズームまでとなっており、差別化が図られています。

エラン
理屈では光の到達距離を長くすれば望遠になると分かりますが、それを手振れ補正込みで高精度で実現してしまうのは本当にすごい技術で、驚きがありました。120mm相当の光学ズームは最も楽しみな機能のひとつです。
  • 7種類のプロ用レンズをポケットに

搭載する3つのカメラで、マクロから120mm相当の焦点距離の撮影ができ、7種類のプロ用レンズをポケットに入れられる感覚がある、と発表されました。

「iPhone 15 Pro Max」の場合は、48mmから一気に5倍ズームの120mmに倍率が上がるので、メリットでもありデメリットでもあるかもしれません。「iPhone 15 Pro」の場合は48mmの次は3倍ズームの72㎜になります。

エラン
この望遠倍率の違いで「iPhone 15 Pro Max」にするか「iPhone 15 Pro」にするか決める方も多くいたのではないかと思います。
  • 自動ポートレート機能

被写体が人物や動物であると認識されると、撮影後でも被写体と被写体の間でフォーカスを切り替えられる機能が付きました。

何も考えずにポートレート写真を撮って、後からじっくりピントやボケ味を調整して写真のクオリティを上げていくことができる、ぜひ使ってみたい機能のひとつです。

エラン

カメラ性能については、クアッドピクセルセンサーやPhotonic EngineなどはiPhone14 Pro Maxでも搭載されていましたが、それらがより洗練されて高画質になった感じがします。

個人的に楽しみなのは、5倍光学ズーム(120mm光学ズーム)です。旅行に行った時に飛行機の写真や遠くにいる鳥や動物の写真、建物のディテールなどを撮りたい場面などで活躍しそうです!

スマホで撮影できるカメラ性能の限界を突破した感じがしていて、ワクワクします。

アクションボタン

これまで、消音モードに切り替える「スライド式のつまみ」が「アクションボタン」となり、様々な機能のショートカットが割り当られるようになりました。

カメラやボイスメモなど、瞬時に起動させる時に便利になりそうです。(ただ、誤作動でカメラが起動して盗撮などに間違えられるのが怖いので、何に割り当てるかはまだ決めていません…)

USB-Cに対応

iPhone15シリーズから、ようやくライトニング端子が廃止され、USB-Cが採用されました。

アップルの公式サイトには「ケーブルだらけの日々は、もう終わりです」とありますが、ライトニング端子という独自規格によってケーブルだらけにしたのはアップル自身だろう、と総ツッコミを受けたことが話題になりました。

USB-Cになったことで、周辺機器とケーブルが共用でき便利になるのはもちろん、USBメモリ、高速な外付けストレージ、4Kディスプレイ、マイクなどのUSB-Cデバイスを接続できるようになったのが大きな利点でしょう。

USB 3に対応しており、データの転送速度も最大10Gb/sと高速化されました。

エラン
USB3に対応したことで、様々なUSB-C対応の周辺機器が使えるようになりました。どんな機器に繋がり、どんな事が実現できるようになるのか楽しみです!

この他にもA17 Proチップの性能向上やビデオ撮影機能の進化など「iPhone 15 Proシリーズ」では、例年通り順当な進化を感じました。すでに成熟期を迎えたスマートフォンにあっても、一年ごとに順当に進化していくことは重要だと思っています。

ファインウーブンケースとガラスフィルム

新しくiPhoneを購入して、まずやるべきことは、保護ガラスフィルムとケースを付けることです。

iPhone 15 Pro Maxの発売日までに、これらを準備して、実機の到着に備えていました。それぞれ、おすすめの商品を下記の記事にレビューしていますので、ぜひご覧ください!

  • iPhone 15 ファインウーブンケース

純正のファインウーブンケースは「パシフィックブルー」を選び、さっそく装着してみました。

<iPhone 15 ファインウーブンケース レビュー>

iPhone 15 Pro Maxの純正ケース「MagSafe対応ファインウーブンケース – パシフィックブルー」を購入しました!

iPhone 15 Pro 用

Amazon アップル公式サイト

iPhoneケースをすべて見る

  • NIMASOガラスフィルム

ガラスフィルムは、歴代のiPhoneでずっと使っており信頼しているNIMASOを購入しました。品質の良さはもちろん、低価格なのに2枚入りというのもポイントです。

<NIMASOガラスフィルム レビュー>

iPhone 15 シリーズ用の強化ガラス保護フィルム「NIMASO ガラスフィルム」を購入したのでレビューします!

iPhone 15 Pro用

iPhone 15 Pro Max用

まとめ

「iPhone 15 Pro Max」は素材がチタニウムになったり、カメラ性能(特に5倍ズーム)が上がったりと、新しい機能がたくさん追加されていますので、今後、日常的に使っていくのが楽しみです!

Amazon アップル公式サイト

iPhone 15 シリーズをすべて見る

エラン
iPhone15 Pro Maxは日常生活の中で最も長い時間を共に過ごすモノになります。様々な機能を試しながら、端末のよさを活かして便利に使っていきたいです!
<免責事項> 当ブログの内容は執筆時点での情報に基づいています。しかし、情報や状況は時間の経過とともに変わる可能性がありますので、最新の情報や正確性を確認するためには、関連する公式サイトや公的な情報をご参照ください。当ブログは、当ブログの情報を利用した結果として発生したいかなる損害に対しても責任を負いません。

今月のおすすめ商品!

人気サービス「Amazonオーディブル」が聴き放題になりました!

これまでは、単品で作品を購入するしかありませんでしたが、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめるようになりました。

「Amazonオーディブル」は次のような場面で、何か別の事をしながら知識をインプットできるという利点があります。

・散歩中に聴く読書

・ベッドで寝転びながら聴く読書

・家事をしながら聴く読書

・仕事中に聴く読書

電車での移動、お風呂場、就寝前などに、目を使わなくても、耳から自然に書籍の膨大な情報をインプットすることができ、めちゃくちゃ有益です。仕事中の暇な時にも、こっそりと「耳で読書」ができたりするので、暇な時間を利用して人生を変えるきっかけになるでしょう。

わたしは、1年以上Amazonオーディブルを毎日のように使っていますが、自信をもっておすすめできるサービスです。「30日間の完全無料体験」がありますので、この機会にぜひ試してみて下さい!

Amazonオーディブル無料体験はこちらから
オーディブル公式サイト

お問合せ

ABOUT US
エラン
理系の大学院卒業後、研究所で専門職として勤務。ビジネスマンとして多くの出張経験とシンガポール駐在経験あり。国際部門に所属し、語学(英語・中国語)を学習・活用中。現在、生活を豊かにするガジェット活用術、海外出張経験を活かした旅行術、効果的な語学の学習方法などをブログで発信しています。資格:英検1級、TOEIC945点、HSK6級、中検2級。