初めての方はこちらの記事からご覧ください

【レビュー】GoPro HERO10 Blackが届いたので開封してみた!開封の儀!気になる評価や口コミは!?




GoPro HERO10 Blackが届いたので開封してみた!開封の儀!

GoPro HERO10 Blackを入手しましたので、今回の記事で「開封の儀」をしていきたいと思います。

わたしは、GoProのようなコンパクトなカメラ、いわゆるアクションカメラやvlogカメラとして「Sony ZV-1」や「DJI Pocket 2」などを持っており、このGoPro HERO10 Blackは同種のカメラとしては3台目になります。

用途はYouTubeを撮影する、というよりも、もっぱら個人的な日常の記録として利用しています。(シンガポールに住んでいた頃は、iPhone、ZV-1、DJI Pocket 2で撮影した映像を、下記のYouTubeチャンネルにも投稿したことはあります。)

本記事では、GoPro HERO10 Blackがどのようなものなのか、写真中心に開封レビューをしていきたいと思います。

GoPro HERO10 Blackが到着しました!

AmazonからGoPro HERO10 Blackが到着しました。

「10」の文字が大きく記された外箱です。

パッケージの裏側にはGoProで利用できる「Quik」というアプリの紹介がありました。

サイドには、「GoPro HERO10 Black」の特徴がイラストで紹介されています。

反対側には、イラストで内容物の紹介がされていました。7点セットになっています。詳細は後ほど紹介します。

外箱を開封していきます

外箱を開封していきます。

最近のシリコンバレー系の製品に多い、つまみを引っ張って開封するタイプとなっていました。(個人的には、外箱もきれいに取っておきたいので、この開封方法はあまり好みではありません…)

外箱を開けると、黒いカメラケースが現れました。

GoProはパッケージ自体がカメラケースとしても利用できるようになっており、とても画期的です。

カメラケースを開けると、発泡スチロールの型にGoPro本体とアクセサリー類が収まっていました。

同梱物を見ていきます

「GoPro HERO10 Black」の同梱内容は下記の通りです。

  • HERO10 Blackカメラ
  • リチャージャブルバッテリー
  • 粘着性ベースマウント(曲面)
  • マウント用バックル
  • USB-Cケーブル
  • サムスクリュー
  • カメラケース

分かりやすく、シンプルな構成でした。

簡単な説明書もありました。各国の言語で書かれているため分厚いですが、特に有益なことは書かれていませんでした。

使用方法をイラストで説明したカードには、GoProのシールも付属していました。このカードさえ見れば、最低限の使用方法は分かります。(文字による説明が一切ないところが素晴らしいです。)

GoPro本体を紹介していきます

「GoPro HERO10 Black」の本体を見ていきます。(液晶保護シールを剥がしていないので、まだ赤いつまみが付いたままです。)

上部には、大きめの「シャッターボタン」があります。録画ボタンの配置や大きさなどは、さすがに今までの歴代GoProの経験に基づいて作られているようで、とても使いやすい配置です。

サイドには「ドアラッチ」があり、バッテリーとSDカードスロットがあります。USB-Cポートもドアラッチの内部にありました。

反対側のサイドには電源ボタンがあります。下部のつまみ状のものは「排水口付きマイク」で、開いてはいけないつまみです。

「GoPro HERO10 Black」の特徴として、正面にも液晶ディスプレイがあるということです。自撮りをするのにとても便利だと思います。レンズも本体サイズと比較するととても大きいです。

背面の液晶はとても大きく、タッチスクリーンになっています。

このように、71.8mm x 50.8mmという小型サイズに大きなレンズ、前後に大きな液晶を配したコンパクトでパワフルな形状となっていました。

スペックの特徴としては、

  • 60フレームで5.3K + 120フレームで4K
  • 手ブレ補正+水平維持機能が強化
  • 10mまでの防水性能

などがあり、実際に撮影してみましたが5.3Kや4K画質のキレイさにはとても感動しました。特に感動した機能は水平維持機能で、他のvlogカメラには無いくらい安定感のあるビデオが撮れました。

SDカードは安定のSanDisk製

SDカードは安定のSanDisk製です。大切なデータを保存する重要なSDカードは、安い中華製などの製品を使うと、すぐに壊れます。

SDカードが壊れるだけならまだしも、撮影データが消えたら取り返しがつきませんので、信頼性の高いメーカーの製品の購入をおすすめします。

その他にもアクセサリーとして、下記の商品を購入しました。

<GoPro HERO10 Black レビュー>

【レビュー】GoPro HERO10 Blackが届いたので開封してみた!開封の儀!

<ネックマウント レビュー>

【レビュー】GLIDER社 GoPro用ネックマウントAirソフトアジャスターセットが届いたので開封してみた!

<MAXCAMパワートリプルバッテリー充電器 レビュー>

【レビュー】MAXCAMパワートリプルバッテリー充電器(GoPro HERO10 Black用)を購入したので開封してみた!

<Taisioner 防風スポンジカバー レビュー>

【レビュー】Taisioner 防風スポンジカバー(GoPro HERO10 Black用)を購入したので開封してみた!

YouTubeで画質を紹介します

実際にどのような画質のビデオがとれるのか、「GoPro HERO10 Black」で撮影したビデオを紹介したいと思います。

撮影した動画を下記のYouTubeチャンネルにアップロードしていきます。(※現在撮影中ですので、しばらくお待ちください…。)

まとめ:GoPro HERO10 Blackが届いたので開封してみた!開封の儀!

同種のアクションカメラである「DJI Pocket 2」やvlogカメラである「Sony ZV-1」などを使っていましたが、「GoPro HERO10 Black」は画質もよく、コンパクトで使い勝手がよかったです。

また、水平維持機能は素晴らしく、画面が振れたり傾いたりしても、とても見やすく修正してくれます。今後、「GoPro HERO10 Black」で動画を撮って、日々の記録を残していくのが楽しみになりました!

エラン
「GoPro HERO10 Black」は評判通りクオリティの高いアクションカメラでした。さすがに老舗のGoProだけあって、同様の商品の中ではスペックや使い勝手が抜きんでいました!

今月のおすすめ商品を紹介します!

人気サービス「Amazonオーディブル」が聴き放題になりました!

これまでは、単品で作品を購入するしかありませんでしたが、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめるようになりました。

「Amazonオーディブル」は次のような場面で、何か別の事をしながら知識をインプットできるという利点があります。

・散歩中に聴く読書

・ベッドで寝転びながら聴く読書

・家事をしながら聴く読書

・仕事中に聴く読書

電車での移動、お風呂場、就寝前などに、目を使わなくても、耳から自然に書籍の膨大な情報をインプットすることができ、めちゃくちゃ有益です。仕事中の暇な時にも、こっそりと「耳で読書」ができたりするので、暇な時間を利用して人生を変えるきっかけになるでしょう。

わたしは、1年以上Amazonオーディブルを毎日のように使っていますが、自信をもっておすすめできるサービスです。「30日間の完全無料体験」がありますので、この機会にぜひ試してみて下さい!

Amazonオーディブル無料体験はこちらから
オーディブル公式サイト




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ