初めての方はこちらの記事からご覧ください

シンガポールの害虫対策について!ゴキブリ対策は成功したがダニ(ベッドバグ)に悩まされて布団乾燥機を購入した話【海外生活/海外移住】




シンガポールの害虫対策について!ゴキブリ対策は成功したがダニ(ベッドバグ)に悩まされて布団乾燥機を購入した話

シンガポールは高温多湿な南国ですので、「虫」がたくさん生息しています。

コンドミニアムや公共エリアなどは、頻繁に害虫駆除の消毒が行われていますが、それでも日本とは比べ物にならないくらい多くの種類の「虫」がいます。

今回の記事では、その「虫」の中で、わたしが対策に成功した「ゴキブリ」と、一時期悩まされた「ダニ(ベッドバグ)」についての話をシェアしたいと思います。

エラン
南国で生活するには、害虫対策は無視できない問題です!

万全なゴキブリ対策

わたしは「虫」が大嫌いで、害虫対策はシンガポールに移住する際に、もっとも重要なテーマのひとつでした。

特に、東南アジアで大量に生息するゴキブリ対策は移住前の日本にいる時から心配しており、できる限り最大限の対策をしました。

その「万全なゴキブリ対策」のおかげで、ゴキブリ発生率の高いシンガポールにて、居室内で一度もゴキブリに遭遇したことはありません。

具体的には、下記のアイテムを利用することで、ゴキブリとは無縁な生活を送ることができました。これから東南アジアなど、海外生活をされる方には本当におすすめできます。

ブラックキャップ

ゴキブリ駆除剤で最も有名なブラックキャップです。

ブラックキャップを大量に購入して、部屋のすべての隅と収納の内部に置きました。部屋の前の廊下(共用部)やバルコニーにも設置しました。

フマキラー ゴキブリワンプッシュ

Amazonでの口コミが話題で評価も高い商品です。

入居前に部屋の隅にプッシュしました。また、だいたい一か月おきに定期的にプッシュを続けました。部屋にゴキブリが侵入するのを防ぐために、扉など外部とのすきまに集中的に利用しました。

害虫捕獲器 むしとり「ぴた郎」

ゴキブリを遠くから捕獲したり、退治した時にその死骸を遠くから処理できる、画期的なアイテムです。

結局、ゴキブリに一度も遭遇することがなかったため、幸運にも実際に使用することはありませんでしたが、これを持っておけば、いざゴキブリが出た時に安心感が違うと思います。

殺虫スプレー

殺虫スプレーも「ゴキジェット」などの日本製を用意したかったのですが、シンガポールではどこにも販売されていませんでしたし、スプレーは日本から持ち込むことも輸入することもできませんので、ローカルスーパーなどで販売されている現地で有名な「Baygon(バイゴン)」という殺虫スプレーを常備していました。

ダニ(ベッドバグ)に刺されるようになった

ゴキブリ対策は万全でしたが、ある時から「ダニ(ベッドバグ)」に悩まされるようになりました。

カビ対策の除湿のためにエアコンは24時間稼働させていましたし、定期的にシーツも洗い清潔を保っていたのですが、「ダニ(ベッドバグ)」が発生してしまいました。

朝起きると、脚、お腹、背中、腕などに、明らかにダニに刺されたような跡が数カ所あり、とてつもなく痒いのです。蚊に刺された痒みの10倍はあるであろう痒みと、広範囲にわたる虫刺されの赤みが続きました。

一回だけでなく、何回もそれが続き、虫刺されの跡は増えていきます。

すぐにクリニックに行き、強めの塗り薬を処方されましたが、ひとつの赤みと痒みが完全に引くまで時間が1ヶ月くらいかかりました。

海外でハードな仕事をしながらこの痒みを我慢して生活するのは、とても大変でした。

あらゆるダニ(ベッドバグ)対策をしてみた

ベッドや布団を調べても、肉眼では「ダニ(ベッドバグ)」らしきものは見えませんでしたが、刺された状況から、ベッドに「ダニ(ベッドバグ)」がいる、という原因しか考えられなかったので、すぐに対策を取りました。

布団やシーツを乾燥機にかける

部屋中の布団やシーツを乾燥機にかけました。

ダニが死滅する60度以上の高温で長時間乾燥機を回しましたので、理論的には布団やシーツからはダニを駆除できたと思います。

ダニ駆除グッズを購入

日本のAmazonやシンガポールのドンキホーテで購入できる、ありとあらゆるダニ退治のグッズを買いました。

ダニ取りロボ

ベッドに置いてダニを集めて駆除するタイプの製品を購入して、ベッドとソファに置きました。

ダニクリン

スプレータイプの駆除剤も使用しました。ローカルのスーパーにも色々な種類のスプレーが売っています。

ダニコナーズ

枕に入れて使用するタイプのダニ除けシートも使用しました。

お金はかかりましたが、シンガポールで入手できるすべてのダニ対策アイテムを購入して試しました。

ダニ駆除業者に消毒を依頼

シンガポールローカルのダニ駆除業者に連絡を取り、すぐに来てもらいました。インターネットの評判と価格で選んだのですが、連絡した当日に消毒液を持って自宅に来て、ベッド、ソファ、クローゼットなどのダニ(ベッドバグ)のいそうな場所に消毒液を噴霧していきました。

噴霧後は、数時間は部屋に入れなかったため、その日は寝る直前までカフェで待ちました。

結果、消毒直後の1週間は新たにダニに刺されることがなくなりました。しかし、1週間を過ぎてから、また同じようにダニに刺され始めてしまいました。

1ベッドルームだったので、上記の価格表のように消毒には約300ドル(24,000円)もかかりましたが、効果はいまいちでした。

布団乾燥機を購入

ダニ退治機能があり、海外電圧に対応した布団乾燥機を探して購入しました。

機種はかなり限られていましたが、パナソニックの「Panasonic FD-FR061」という製品が電圧と性能を満たしていました。

変圧器を利用して日本の電圧の製品を使用するということも考えましたが、変圧器を利用すると保証の対象外になりますし、製品が壊れやすくなるということを聞きますので、専用の対応製品を使うことにしました。

布団クリーナー

毎日、ベッドを掃除機できれいにしました。「レイコップ」などの専用の布団クリーナーを購入しようと思いましたが、すでにマキタの掃除機を持っていましたので、それを使用しました。

海外電圧に対応したマキタの掃除機はシンガポールでも現地の公式サイトから購入できます。

もっとも効果的だったダニ(ベッドバグ)対策は?

以上の対策を取ってから、しばらくしてダニに刺されることは完全になくなりました。

複合的なダニ対策を取ったため、どれが最もダニに効いたのかは分かりませんが、わたしが思う最も効果的だったことは「布団乾燥機を毎日利用する」という対策です。

布団乾燥機を購入して、毎日欠かさずダニ退治モードを使用してから、それ以降ダニに刺されることは一度もなくなりました。

移住前は、南国で布団を温めるための布団乾燥機を使うというのは矛盾していると思っていましたが、ダニ退治の効果を高めるためには本当に重要なアイテムだったと思います。

海外仕様の布団乾燥機は製品が限られており、わたしもインターネットを探し回って入手しましたが、布団乾燥機は日本にいる時に用意しておけばよかったと後悔したアイテムのひとつです。

まとめ:シンガポールの害虫対策について

シンガポールで害虫と無縁で快適な暮らしをするには、事前準備が欠かせないと感じました。

いったん、ダニ(ベッドバグ)に刺されると、異常な痒みと見た目の悪さからQOLが下がってしまいます。

様々な対策グッズをあらかじめ用意して、ゴキブリやダニ(ベッドバグ)などの害虫を発生させないようにすることが大切だと思いました。

エラン
虫嫌いが南国に住むには、万全な準備が重要だと思いました!

今月のおすすめ商品を紹介します!

人気サービス「Amazonオーディブル」が聴き放題になりました!

これまでは、単品で作品を購入するしかありませんでしたが、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめるようになりました。

「Amazonオーディブル」は次のような場面で、何か別の事をしながら知識をインプットできるという利点があります。

・散歩中に聴く読書

・ベッドで寝転びながら聴く読書

・家事をしながら聴く読書

・仕事中に聴く読書

電車での移動、お風呂場、就寝前などに、目を使わなくても、耳から自然に書籍の膨大な情報をインプットすることができ、めちゃくちゃ有益です。仕事中の暇な時にも、こっそりと「耳で読書」ができたりするので、暇な時間を利用して人生を変えるきっかけになるでしょう。

わたしは、1年以上Amazonオーディブルを毎日のように使っていますが、自信をもっておすすめできるサービスです。「30日間の完全無料体験」がありますので、この機会にぜひ試してみて下さい!

Amazonオーディブル無料体験はこちらから
オーディブル公式サイト




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ