都内から成田空港まで1000円で行ける格安バス「THEアクセス成田」に乗ってみた!【海外旅行/海外出張】


スポンサードリンク


スポンサードリンク




都内から成田空港まで1000円で行ける格安バス「THEアクセス成田」に乗ってみた!

東京都内から成田空港までのアクセス方法は何種類かあります。代表的なアクセス方法として下記の方法があります。

京成スカイライナー

JR成田エクスプレス

空港バス(東京空港交通)

東京都内から成田空港までのアクセスについて、これ以外に激安のサービスを発見しましたので体験してみました。

成田空港まで行くには、結構お金がかかります…。

わたしは、新宿駅から成田空港に行くときはいつも「京成スカイライナー」を使用していました。新宿駅から日暮里駅で乗り換えて、成田空港まで行く方法です。

「京成スカイライナー」は車両も新しくとても快適なのですが、値段が意外と高く、片道2,659円もします。出張で行くときは経費で落ちるのでよいのですが、自費の旅行ですと、バカにならない金額です。

特にLCCなどで安い航空券を入手しても、成田空港までの交通費が結局高くついてしまうという残念な結果になることも多くありました。

その他の各アクセス方法も片道2,659円~3,390円と安くはありません。

京成スカイライナー 2,659円 約1時間20分

JR成田エクスプレス 3,390円 約1時間20分

空港バス(東京空港交通) 3,100円 約1時間30分~1時間50分

都内(銀座駅・東京駅)から成田空港までの格安バスがありました!

ネットでいろいろ調べていると、東京駅から成田空港まで格安バスができたことを知りました。

その値段、わずか1,000円です!

ネットでも評判がよく、快適だと聞きましたので、今回どんなものか実際に乗って試してみることにしました。

東京駅から成田空港までの格安バスは2種類あります!

都内(東京駅)から成田空港までの格安バス会社は2種類あります。それは、「THEアクセス成田」と「東京シャトル」です。下記にそれぞれの特徴をまとめました。

●THEアクセス成田

1,000円、トイレあり

●東京シャトル

900円(当日購入は1,000円)、トイレなし、全席コンセントあり

値段は、100円違うだけで両社とも激安です。わたしは、「THEアクセス成田」はトイレが付いているという情報を見て「THEアクセス成田」に即決しました。

成田空港まで約1時間ですが、途中でお腹が痛くなったら困りますので笑。トイレはとても重要です。

「THEアクセス成田」に乗ってみた!

今回紹介する「THEアクセス成田」は、銀座駅か東京駅からわずか税込み1,000円で行けますので、新宿駅から銀座駅の運賃(195円)を足しても1,195円となり、「京成スカイライナー」の半額以下で行くことができます。

「THEアクセス成田」は、銀座駅からも、東京駅からも乗ることができます。銀座駅から乗ったほうが空いていて便利だという情報がありましたし、新宿駅から丸ノ内線で行く場合、銀座駅のほうが近いですので、今回は銀座駅から乗ってみることにしました。

銀座駅バス乗り場の様子です!

銀座駅のバス乗り場は、とても便利な場所にありました。

地下鉄のエレベーターの目の前にバス乗り場がありますので、大きな荷物を持っていても安心です。下記の写真を見ても分かるように、本当に目の前です。

わたしは発車時刻の10分ほど前に到着しましたが、すでに10人ほどが待っていました。ほとんどのお客さんは予約をしていませんでしたが、わたしは予約していましたので、予約者専用の列に通され、最初から3番目に並ぶことができました。

時間が決まっている方はぜひ予約をしておくことをおススメします。予約方法は簡単で、下記の公式WEBサイトから予約することができます。

「THEアクセス成田」公式サイト

「THEアクセス成田」のバス内部の様子は?

時間通りバスが到着しました。バスは新しく、とても清潔感がありました。

バス内部の様子です。普通の空港リムジンバスと比べて、まったく見劣りはしません。座席の間隔も十分ありますし、清潔感もあります。トイレも付いていますので安心です。

銀座駅から乗車すると、東京駅経由で成田空港に向かいます。銀座駅では15人ほどが乗車しましたが、東京駅ですべての座席が埋まりました。かなり人気があるようです。

下の写真は東京駅で乗客の乗車待ちをしている時に撮影した写真です。八重洲口ですね。

東京駅から乗車された方は、すべての方が乗れていませんでしたので、乗れなかった方は次のバスに乗ることになるようです。東京駅から乗車する方は、混雑が予想されますので、特にあらかじめ予約をしておいたほうがよいですね。

無事に成田空港に到着!

何の問題もなく、成田空港に到着しました。途中、渋滞もありませんでしたので約50分で到着しました。途中のルートは一般的な空港リムジンバス(東京空港交通)と同じルートのようです。

東京交通の一般的なリムジンバスの価格は片道2,800円です。わたしは、東京空港交通の空港リムジンバスにもよく乗りますが、サービスはほとんど違いがないように感じました。

これなら、この片道1,000円の「THEアクセス成田」に乗らない理由は全くありありません!次回からもこのバスを利用したいと思います!

まとめ

・「THEアクセス成田」は、値段が激安な割にとても快適でした。

・特に、LCCでの旅行や自費での旅行の時には、成田空港までの交通費がバカになりません。そんなとき、価格が安い「THEアクセス成田」はとても重宝します!

・混雑が予想されますので、あらかじめ予約をしておくことをおススメします!

・バスの型式も新しく、清潔感もあり、運転手のサービスもしっかりしていました。なぜこんなに安いのか不明です笑!

海外旅行/海外出張 関連記事

海外出張に200回以上行ったビジネスマンの持ち物リスト!海外旅行にも!

【出張/旅行】海外出張に200回以上行ったビジネスマンの空港での快適な過ごし方!

【海外出張】海外出張中には、JTBの現地ツアーを利用して安全に効率的に観光しよう!

海外出張で行った中国上海にて「イモトのWiFi」を使ってみた!申し込み方法/使い方/感想などレビューします!

【海外出張/旅行】中国でLINE,Twitter,Facebookを使うには「セカイVPN」がおススメです!

【海外旅行/海外出張】飛行機で最高の座席を予約する方法!「SeatGuru」を利用しよう!

都内から成田空港まで1000円で行ける格安バス「THEアクセス成田」に乗ってみた!【海外旅行/海外出張】

【アリタリア航空】アリタリア航空のグローバルセールにて、航空券代43,300円でヨーロッパまで旅行した件!

【アリタリア航空】ローマ・フィウミチーノ空港にて、1時間未満でトランジットした件!?(成田→ローマ→アムステルダム)

【海外出張・海外旅行】海外でこそUberを活用しよう!プロモコード「il2pb」を使ってわずか550円で空港に到着した件!!




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。