【レビュー】「Mpow H5」のBluetoothノイズキャンセリングワイヤレスヘッドセットを使ったらコンパクトに折り畳みができバッテリーが超長持ちするヘッドホンでした!気になる評価や口コミは!?(MPBH143)[PR]


スポンサードリンク


スポンサードリンク




「Mpow H5」のBluetoothノイズキャンセリングワイヤレスヘッドセットを使ったらコンパクトに折り畳みができバッテリーが超長持ちするヘッドホンでした!

今回、遮音性の高いイヤホンを求めて「Mpow H5」という密閉式のBluetooth ノイズキャンセリング ワイヤレス ヘッドセットを入手しました。

実際にしばらく使用してみましたので、その使用感について写真中心にレビューしていきたいと思います。

「Mpow H5」のメリットは?

まず「密閉式のヘッドセット Mpow H5」のメリット、優れている点を列挙してみます。

  • 遮音性が高い!

→「Mpow H5」は、ノイズキャンセリング機能付きであることに加え、ウレタンフォームで耳元が完全に覆われているため、遮音性に期待できます。

 

  • バッテリーの持ちがよい!

→「Mpow H5」は、最大18時間も再生できますので「Apple AirPods(最大5時間再生)」と比較しても、桁違いのバッテリーの持ちの長さがあります。

 

  • コンパクトに折り畳める!

→「Mpow H5」はコンパクトに折り畳めるためカバンの隙間に入れて、日常的に持ち運ぶことができます。

このように、すでに私が持っている「Apple AirPods」などのカナル型イヤホンでは実現できなかった「密閉式Bluetoothワイヤレスヘッドセット」のメリットがたくさんありました。

商品が到着しました

さっそく商品が到着しました。

外箱には「H5 WIRELESS HEADSET MPOW」と書かれています。

外箱の各面には商品のスペックが記載されています。

側面には「Up To 18 Hours MUSIC(18時間音楽再生可能)」「About 2 Hours Charging Time(約2時間の充電時間)」などのヘッドセットの特徴が書かれています。

やはり、バッテリーの持ちはこのヘッドセットの大きな特徴のようです。

さっそく開封していきます。

外箱を開けると、ヘッドセットが折り畳まれた状態で収納されていました。

外箱の中に入っている内容物をすべて取り出してみます。

左から「説明書」「ヘッドセット本体」「3.5mmオーディオライン」「マイクロUSBケーブル」「収納ケース」が入っていました。

Mpow H5ヘッドセット本体を詳しくみていきます

ヘッドセット本体の詳細をみていきます。

全体は、黒を基調とした落ち着いたデザインで、高級感があります。

ヘッドセットのイヤーパッドの表面は、光沢のあるプラスチック製でゆるやかな曲面になっています。

耳当ての部分は、ウレタンフォームに合成皮革の仕上げになっており、柔らかく耳にフィットします。

耳を包み込む形状ですので、遮音性はとても高いです。

ヘッドセットの左右には、いくつかの端子が設けられています。

左側には「充電用のマイクロUSB端子」「音量ボタン」「Bluetoothボタン」があります。

右側には「オーディオインターフェイス」、ANCと書かれた「ノイズキャンセリングボタン」があります。

後ほど紹介しますが「オーディオインターフェイス」に付属のケーブルを繋げば、電源が無い状態でも有線ヘッドセットとして使用できるようになります。

頭に合わせて伸縮します

もちろん「Mpow H5」は、頭の大きさに合わせて伸縮できます。

下の写真は、最も縮めた状態です。

そして、下の写真は最も伸ばした状態です。

伸縮幅は大きいため、子供~大人、男性~女性まで幅広い方に対応すると思います。(わたしの頭は平均的な男性の大きさですが、それでもまだまだ余裕がありました。)

頭に当たる上部の部分も、柔らかいウレタンフォームと合成皮革によって造られていますので、長時間着けてもそれほど痛くありませんでした。

「超コンパクト」に折り畳みができます

わたしが「Mpow H5」で最も気に入った部分のひとつは、コンパクトに折り畳みができることです。

下記の写真のように、接続部分がヒンジになっており、自由に折り曲げることができます。

このように、ヘッドセットの上部にイヤーパッドがすっぽりと折り畳まれます。

両側のイヤーパッドを折り畳めば、こんなにコンパクトになります。

さらに、イヤーパッドは横方向にも「90度」曲げることができます。

イヤーパッドをヘッドセットの部分に折り畳み、さらに横方向に折り曲げることで、全体を平らな状態(厚みが薄い状態)にすることができます。

この平らで薄い状態であれば、小さいカバンの隙間に収納ことができます。

普通に折り畳んだ状態でも、平らで薄い状態でも、自分のカバンの形状にあった形に変形できますので、持ち運びにとても便利です。

Bluetoothのペアリングはとても簡単でした

Mpow H5」は、Bluetoothで接続するワイヤレスヘッドセットですので、スマホやタブレットなどの端末とBluetoothで接続する必要があります。

接続の方法はとても簡単で「Bluetooth接続ボタン」を長押しするだけです。

あとは、スマホやタブレットがBluetoothを認識してくれます。

いったん接続しておけば、自宅でも外出先でもボタンひとつで再接続されますので、とても便利です。

さらに、iPhoneやiPadであれば、常に端末からバッテリーの状態を把握することができます。

バッテリーは18時間も持つため、バッテリー切れの心配はほとんどありませんが、いざという時に大変便利な機能です。

参考:Amazon Prime Musicについて

わたしがiPhoneやiPadで音楽を聞くときには、Amazonプライムの会員であれば、100万曲以上の音楽が聴き放題になる「Amazon Prime Music」を使っています。

すでに「Amazonプライム会員」であれば無料で利用できます。まだ会員でない方も30日間無料で体験できます。

Amazon Prime Music 公式サイト

Amazon Prime Music 30日間無料体験

付属品を詳しくみていきます

付属品は「3.5mmオーディオライン」と「USBケーブル」の2点です。

USBケーブルは「マイクロUSB」で、充電のために使用します。

前述した通り、付属の「3.5mmオーディオライン」を使えば、有線でスマホ、タブレット、オーディオ機器と接続することができます。

たとえ、ヘッドセットのバッテリーが切れたとしても、電源なしで「有線ヘッドセット」としても利用できます。

説明書(日本語)の詳細です

説明書は、英語など各国の言語で書かれていましたが、もちろん日本語もあります。

細かい使用方法など、詳細が説明されていますので参考までに、載せておきます。

音質やノイズキャンセリング機能の実力は?

  • 音質について

実際に「Mpow H5」を使用してみて、音質はとても良いと感じました。

もちろん、高級ヘッドセットと比較すれば音質は劣るのでしょうが、この値段でこの音質であれば、コストパフォーマンスはとても良いと感じています。

わたしはカナル型イヤホンである「Apple AirPods」も使用していますが、比較してもほとんど違いが分からないくらいです。

こちらの「Mpow H5」の方が、密閉型で周囲の音を遮断するため、小さい音量でもはっきりと音楽を楽しむことができると思ったくらいです。

  • ノイズキャンセリング機能について

ノイズキャンセリング機能もしっかりと効いており、周囲の雑音を低減してくれます。

イヤーパッドの「ANC」ボタンをスライドすることでノイズキャンセリングのオン・オフができます。ノイズキャンセリングが有効になっている場合には、下の写真のようにランプが緑色に点灯します。

基本的にノイズキャンセリングは、人の声には反応しないようになっていますので、特に電車に乗った時の機械音やエアコンなどの雑音に対してとても有効だと感じました。

  • 遅延・切断について

気になる遅延や切断ですが、まったく無いといってもよいでしょう。

実際に、毎日のように使用してみて、切断があったのは数回のみです。(それもバッテリーが切れる直前です。)

実際に使ってみたデメリットは?

お伝えしているように、全体的にはとても満足していますが、実際に使用してみてこそ分かるデメリットも列挙しておきます。

  • 質感について

→当たり前ですが、BOSEなどの超高価格帯イヤホンと並べてみると質感は劣ります。しかし、BOSEの高級ヘッドセットは約4万円しますので、その価格差を考えると妥当だと思います。

これまでのところ、以上のデメリットしか思いつきません。毎日、不満なく使用できています。

気になるネット上の評判は?

Amazonで調べると、発売されたばかりにも関わらず評価が★4.7と高評価です。

さらに同じ「MPOW」のヘッドセットの前モデル(→Amazon)は、カスタマーレビューが660件以上もあり、評価が★4.1もあります。

MPOW ヘッドセット(↓前モデル)

「MPOW」は、これまで聞いたことが無いメーカーでしたが、他の商品も含め、評価やカスタマーレビューの多さから信頼できるメーカーであると判断しています。

Amazonのカスタマーレビューをいくつか参考までに抜粋してみます。

Bluetoothヘッドホンは久々の使用ですが良いですね!特に完全に密閉してくれるので、音がより細かく丁寧に聞こえる感じがします!音もほぼ遮断してくれるので、家がうるさいので…助かってます笑

Bluetoothだけでなく有線でつなぐこともできるためさまざまな用途で使えます。またBluetooth接続も簡単です。音楽を聞くことに関しては有線、無線でそこまで変わらず音質も十分かと思います。

音量の上げ下げ、音声のミュート、ペアリングの計4つボタンがあり、音量ボタンは曲送りと曲戻しもできて便利だと感じた。また、購入時は夏なので耳に熱が籠もってしまうかと思っていたが、想像よりも開放感があり、通常使用する音量では音漏れはなかった。

持ち運びしやすく値段も手ごろなマイク付きBluetoothヘッドホンをと思い購入しました。使用した感触としては、折り畳みが可能で付属の布ケースもついているためバックに入れていてもかさばらず持ち運びもしやすくなっています。音質もワイヤレスとは思えないほどいいです。また、遮音性が高くなっているのに加えてノイズキャンセリング機能まであるので周りの雑音は全く気になりませんでした。

この他にもたくさんのカスタマーレビューがありますので、興味のある方はご覧ください。(→Amazonのカスタマーレビューをすべて見る

まとめ:「Mpow H5」のBluetoothノイズキャンセリングワイヤレスヘッドセットを使ったらコンパクトに折り畳みができバッテリーが超長持ちするヘッドホンでした!

・コンパクトに折り畳めるため、日常的に使用するのにぴったりなヘッドセットです。

・バッテリーの持ちが18時間と長いため、丸一日バッテリー切れの心配がありません。

・低価格なのにも関わらず、ノイズキャンセリング機能やマイク機能も付いています。コストパフォーマンスはとてもよいヘッドセットだと思います。

・遮音性が高いため、カフェや自宅などの作業で集中する際にぴったりでした。

 

ディーン
とにかくコストパフォーマンスが高いヘッドセットですので、日常でガンガン使っていきましょう。




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。