古いMacBook Airのバッテリーの持ち時間を長くする方法!電池交換でも効果がなかったらモバイルバッテリーを利用しよう!


スポンサードリンク


スポンサードリンク




古いMacBook Airのバッテリー(電池)の持ちを長くする方法!

わたしの使用しているMacBook Airは「late2011」というモデルで、すでに発売から7年が経過しています。

1年ほど前に、アップルストアにて純正のバッテリー交換を行いましたが、バッテリーの持ちは相変わらず悪く、現在ではわずか1時間程度しか持ちません。

さらに、現在ではサポートも打ち切られているため、新たに純正のバッテリーに交換することさえできなくなってしまいました。

ノートパソコンの作業性を考えると、バッテリーの持ちは非常に重要であるため、なんとか延命できないかと考えていました。

バッテリーの持ちだけが唯一の弱点!

MacBook Airのlate2011モデルは古いノートパソコンですが、性能的まだまだ十分に使用することができます。

しかし、バッテリーの持ちだけがこのパソコンの弱点となっていまいました。

バッテリーの持ちだけのために、新しいノートパソコンを購入するのはもったいないと考えていたところ、素晴らしい解決策がありました。

バッテリーの持ちを解決する方法!

古いMacBook Airのバッテリーの持ちを長くする方法は、外部のモバイルバッテリーを使用することです。

小型のモバイルバッテリーを古いMacBook Airと同時に持ち歩けば、バッテリーの持ちを延長させることができます。

さっそくMacBook Airに使用できる小型モバイルバッテリーを探したところ、最適な商品を見つけました。

それは、ACコンセントプラグが使用できるモバイルバッテリー「RAVPower RP-PB054 20100mAh」という商品です。

Macbook Airの充電器はMagSafeというタイプですので、通常のUSBモバイルバッテリーでは充電をすることはできません。

しかし、この「RAVPower RP-PB054 20100mAh」であれば、ACコンセントプラグが使用できるため、MacBook Airを充電することができるのです。

小型モバイルバッテリー「RAVPower RP-PB054 20100mAh」

RAVPower RP-PB054 20100mAh」は、ACコンセントプラグが使用できる汎用性の高いモバイルバッテリーのため、古いMacBook Airでも問題なく充電することができます。

わたしの所有するMacBook Airのlate2011モデルは電圧が45Wであるため、この小型モバイルバッテリー「RAVPower RP-PB054 20100mAh」(電圧60W)でも十分に充電することができます。

さっそく「RAVPower RP-PB054 20100mAh」をAmazonで購入して使用してみました。

結果、無事にMacBook Airを充電することができました。このモバイルバッテリーによって、(カタログ値では)約3時間も長くMacBook Airを使用することができるようになりました。

実際に使用してみたレビューを下記の記事でシェアしていますので合わせてご覧ください。

まとめ:古いMacBook Airのバッテリーの持ち時間を長くする方法は「ACコンセントプラグが使用できるモバイルバッテリー」を使用すること!

・古いMacBook Airのバッテリーの持ちを良くするには、ACコンセントプラグが使用できるモバイルバッテリーを併用するという方法があります。

・「RAVPower RP-PB054 20100mAh」は、ACコンセントが使えるため汎用性が高くMacBook Airにも対応しています。

・「RAVPower RP-PB054 20100mAh」の大きさは500mlのペットボトルと同じくらいの大きさですので持ち運びに便利です。

・ACコンセントプラグが使えるモバイルバッテリーは、ノートパソコンの他にも様々な電化製品を充電できますので、汎用性が高くとても便利な商品でした。

 

エラン
古いMacBook Airはバッテリーの持ちを良くすることで性能的にまだまだ活用できますので、ノートパソコンを買い替える必要が無くなり、とても節約になりました!




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。