上海浦東国際空港から上海市内への交通について!リニア(Maglev)に乗ってみた!【上海出張/上海旅行】


スポンサードリンク


スポンサードリンク




上海浦東国際空港から上海市内への交通について!リニア(Maglev)に乗ってみた!

上海浦東国際空港から上海市内まで行くにはいくつかの方法があります。上海浦東国際空港は、市内から離れた位置にありますので、どの方法を使用しても約1時間程度はかかります。

今回は、最も一般的な方法のひとつであるリニアモーターカー(Maglev、以下「リニア」と呼びます。)で上海市内まで移動してみましたので、レポートしたいと思います。

上海浦東国際空港から上海市内までの移動方法は?

上海浦東国際空港から上海市内までの代表的な移動方法は下記の通りです。

・タクシー

・リニア

・空港バス

・地下鉄

この中で、地下鉄と空港バスは価格がとても安いのですが移動時間がかかりすぎることや、路線が複雑なため、日本人が使用するにはあまり便利とは言えません。タクシーかリニアを使用するのが現実的でしょう。

タクシーを使うか、リニアを使うか?

わたしの中で、上海浦東国際空港から上海市内までの移動にタクシーを使うか、リニアを使うかの基準ははっきりとしています。それは、下記のような基準です。

出張の場合は「タクシー」、旅行の場合は「リニア」を選びます。

なぜなら、タクシーは価格が高いが利便性が高く、ピンポイントで打ち合わせ先やオフィスなどの目的地まで到着できるので、コストよりも時間の効率を最重視する海外出張ではタクシーを使用します。

一方、個人旅行の場合は、時間に余裕がある場合が多いため、時間の効率よりもコストを優先し、リニアを利用します。

今回は、時間に余裕がある個人旅行でしたので、リニアを使用しましたのでレポートしたいと思います。

リニア乗り場はどこにあるのか?

まず、上海ではリニアモーターカーのことを「磁浮(英語名Maglev)」と呼びます。磁石の力で浮くので「磁浮」とは日本人にも分かりやすいですね。上海で「リニアモーターカー」と言っても通じませんので注意が必要です。

上海浦東国際空港のリニア乗り場は、とても便利で分かりやすい場所にあります。

上海浦東国際空港は第1ターミナルと第2ターミナルの2つのターミナルに分かれていますが、リニア乗り場は、ちょうどその中間の位置にあります。よって、どちらのターミナルからもアクセスがしやすい場所に位置しています。

下記のように、空港内のどの場所にいても案内のサインがありますので、それに従って行けば迷わず行けると思います。

リニアの切符の買い方は?

切符は、下記の写真のような切符売り場で購入します。切符売り場は改札の横にあり、こちらも案内に沿って行けばすぐに分かります。係員は外国人にも慣れており、英語も通じますので、問題なく購入できると思います。

価格は片道50元(約800円)です。

切符を購入したら、改札を通って、セキュリティチェックを受け、プラットフォームのある地下へ移動します。

リニアの車両内部の様子は?

プラットフォームで待っていると、リニアが到着します。浦東国際空港は終着駅ですので、プラットフォームに入ってきたリニアの車両がそのまま逆方向に折り返し運転をします。

リニアの座席は、自由席ですのでどこに座ってもよいです。すべての座席が進行方向を向いているわけではありませんので、座席によっては後ろ向きに座ることになります。

気になる方は、進行方向を確認して座りましょう。乗車時間は8分程度と非常に短いので後ろ向きでもあまり気にならないと思います。

上海のリニアは、運用開始してからすでに13年ほど経過していますので、車両などの設備は決して新しいとは言えません。日本的な感覚から言えば、少し汚れているなと思うくらいです。それにしても、最高速度430kmのリニアモーターカーが10年以上前から運転を続けているというのは、なかなか凄いですね。

車内にはスピードメーターがあり、現在の速度が分かります。最高速度は430kmです。300km近くなると、体感的にもとても早く感じ、少し恐怖を感じるくらいです。最高速度430km同士のリニアがすれ違うと相対速度は860kmですので、かなりの衝撃波を感じ、結構びっくりします。

速度が速いため乗車時間がとても短く、あっという間に終着駅に到着する感じがします。ちなみに、最高速度は430kmですが、時間帯によっては最高速度は300kmに規制されています。

リニアの終着駅は?

リニアは浦東国際空港を出発すると、次の駅が終着駅です。途中駅はありません。終着駅は竜陽路駅という名前で、ちょうど上海市内の東側に位置します。

ここから、地下鉄に乗り換えることができますので、自分の目的地にあった路線に乗り換えるとよいでしょう。また、この竜陽路駅からタクシーに乗り換えることで、浦東国際空港から直接タクシーに乗るよりも、市内の目的地までの時間を短縮することもできます。

まとめ

・浦東国際空港から市内までの交通は、出張ではタクシー、旅行ではリニアがおススメです。

・ただし、まずはリニアの終着駅である龍陽路駅まで行ってから、タクシーに乗り換えた方が早く目的地に到着できる場合も多いです。リニアの発車時刻と目的地の場所との兼ね合いで選びましょう。

・リニアで移動することで、安価で短時間で上海市内まで移動することができます。

・リニアの乗車場所、乗車方法は分かりやすく、簡単です。空港内には案内がたくさんありますので、それに従えばよいでしょう。

・リニアの終着駅である竜陽路駅からは、自分の目的地に応じた交通機関(地下鉄かタクシー)を選びましょう。旅行の場合で、料金を節約したいなら地下鉄がとても安くておすすめです。現地の雰囲気も分かって面白いです。

・上海に行ったら、経験のために一度はリニアに乗車しておくとよいと思います。

海外旅行/海外出張 関連記事

海外出張に200回以上行ったビジネスマンの持ち物リスト!海外旅行にも!

【出張/旅行】海外出張に200回以上行ったビジネスマンの空港での快適な過ごし方!

【海外出張】海外出張中には、JTBの現地ツアーを利用して安全に効率的に観光しよう!

海外出張で行った中国上海にて「イモトのWiFi」を使ってみた!申し込み方法/使い方/感想などレビューします!

【海外出張/旅行】中国でLINE,Twitter,Facebookを使うには「セカイVPN」がおススメです!

【海外旅行/海外出張】飛行機で最高の座席を予約する方法!「SeatGuru」を利用しよう!

都内から成田空港まで1000円で行ける格安バス「THEアクセス成田」に乗ってみた!【海外旅行/海外出張】

上海浦東国際空港から上海市内への交通について!リニア(Maglev)に乗ってみた!【上海出張/上海旅行】

【アリタリア航空】アリタリア航空のグローバルセールにて、航空券代43,300円でヨーロッパまで旅行した件!

【アリタリア航空】ローマ・フィウミチーノ空港にて、1時間未満でトランジットした件!?(成田→ローマ→アムステルダム)

【海外出張・海外旅行】海外でこそUberを活用しよう!プロモコード「il2pb」を使ってわずか550円で空港に到着した件!!




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。