【TOEIC新形式】「おすすめ学習法シリーズ⑤」確実に高得点を狙うためのPart5の学習方法について!

150415472505_tp_v

TOEICが新形式になって、Part2、Part6、Part7などのパートが難化したと言われています。このPart5については、あまり難化したという声は聞かれませんし、わたしも難易度は以前と変わっていないと感じています。

しかし、Part5は文法問題ですので、知っていないと解けません。このパートは、他のパートにも増して、いかに多くの演習をこなすかが重要になってくるパートです。

TOEICテストのPart5とは?

TOEICの公式サイトには、Part5について下記のように書かれています。

短文穴埋め問題 30問
不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。

ご存じのように、Part5は穴埋めの文法問題です。

その中には、簡単な問題もあれば、難しい問題もあります。基本的にパートの前半が易しく、後半にいくほど難易度が上がってきます。

Part5の問題形式はシンプルなので、このパートで重要な事は、「正確さ」と「速さ」です。ライティングパート(Part5~7)においては、「分量が多く、解くのに時間がかかるPart7」にいかに時間をかけることができるかが非常に重要です。

よって、Part5は、出来るだけ時間をかけずに終えなければなりません。具体的には、Part5の30問で、どんなに時間がかかっても「10分以内」に解く必要があります!

10分で解くには、平均して1問あたり20秒の時間がかけられます。問題によっては、簡単なものから難しいものまでありますし、文を読まなくても答えられるもの、文を読んで文脈から判断しなければならないものまであります。

よって、全ての問題が20秒以内というわけではなく、5秒で解かなければならない問題もあれば、30秒以内に解ければよいという問題まであります。

もちろん、どの問題が5秒で解かなければならない問題で、どの問題が30秒かけてよい問題なのかは、問題には書いてありませんので、自分で判断しなければなりません。それも一瞬での判断が求められます。

これらPart5の解き方のテクニック、解き方のコツは、問題を出来る限り多く解いて、実力をつけるしかありません。

しかし、質の高い問題集を学ぶことで、最小限の時間で、その実力を培う事ができるのは確かです。次の章で、わたしがPart5を学ぶ上で、非常に役に立った問題集を厳選して紹介します。

Part5対策の問題集は?

書店の英語コーナー(TOEICコーナー)にいくと、TOEICのPart5(文法問題)に関する問題集は、とてもたくさんあります。その中には、全くTOEICの傾向が反映されていないものや、分かりにくいものなど、たくさんあり玉石混合の状態です。

次に紹介する書籍は、Part5において、わたしが実際に使用して役に立った書籍の中からさらに厳選した書籍です。どの本も、ネット上での評判やTOEICerと呼ばれるTOEIC満点の方々からの評価も高いですので、信頼できる書籍です。

まずは、「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急」と「新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編」は、書店の英語コーナーに行けば、絶対に目立つ所に置いてあると思います。Part5については、まずこの2冊を学習することを強くおすすめします。

わたしは、この本を学習するまで、Part5の問題について深く考えずに演習を進めていました。この本を学習して、Part5の問題に対する取り組み方が変わりました。

この「文法特急」では、文法問題を体系的に分類しており、どのタイプの問題にはこの解法、どのタイプの問題には時間をかけてよく、どのタイプの問題は瞬間的に解く。などといったテクニックや解き方のコツなどが非常に分かりやすく説明されています。(もちろん、テクニックというのは、小手先の物ではなく、英語力そのものを向上させるよい意味でのテクニックです。)

まず、この「文法特急シリーズ」2冊で頭の中を整理してから、その後、他の問題集を演習すれば、その演習効果は必ず倍増します。↓↓↓


下記も有名な「TOEICテスト 究極シリーズ」の「究極のゼミ Part 5 & 6」です。

この本の特徴は、Part5を、品詞問題、動詞の形、代名詞、関係代名詞、前置詞、接続詞、語彙などといったテーマごとに分けて、先生と生徒の会話形式で説明されている点です。授業形式で丁寧に説明されていますので、問題のポイントがとても分かりやすいです。

こちらも「特急シリーズ」と同様に、問題が体系化されていて、問題を解くための文法の力が必ず付きます。問題集をがんがん解いていく前に学習しておくと、非常に効果があります。

特に、一般的な問題集や模試などの解説は、なぜそれが正解なのか、その問題のポイントは何なのか、などが省略されている場合が多いです。そのポイントが自分で分かるようになるために、この問題集は非常に有効です。↓↓↓


最後に、「新TOEICテスト 文法問題 でる1000問」です。こちらは、上記の3冊と異なり、演習問題中心の問題集となります。

上記の「新TOEIC TEST文法特急」と「究極のゼミ Part 5 & 6」で頭の中を整理し、体系化がある程度できたところで、あとはひたすら問題を解くことが重要です。いくら頭で理解しても、実際に解いてみなければ力はつきません。

下記の問題集は、問題数が「1000問」と、非常に多くの問題が収録されています。しかも、著者はあの名著「出る単特急 金のフレーズ」の著者であるTEX加藤さんですので、問題の質も信頼できます。下記の書籍の「はじめに」にありますように、実際のTOEIC試験を相当分析されています。

私の過去7年・計70回(2015年4月時点)の受験経験、実際の試験や公式教材等を通じたTOEIC研究、日々の授業の現場で得た解説のノウハウ、といったもののエッセンスをすべてつぎ込みました。(「はじめに」より抜粋)

また、TEX加藤さんは下記のようにも述べられています。

TOEICのPart 5(40問)は、毎回ほぼ同じタイプの問題が出題されるのが大きな特徴です。もちろん、回によって、多少の違いはありますが、出題傾向が大きく変化するということはありません。
したがって、特に文法問題は、特定の出題範囲に絞り、「狭く深く」勉強することで、効率的にスコアを伸ばせます。

このように、同じタイプの問題に対応するためには、大量に問題演習をこなすのが非常に有効です。この問題集の1000問という問題数は圧巻で、やり始めるまでは尻ごみしてしまいそうですが、確実にPart5の力がつけられます。まさに、マラソンのようなものです!↓↓↓


上記がTOEICのPart5対策に有効な問題集なのですが、1つ問題があります。

それは、TOEICの文法問題を解くための最低限の文法知識がまだ理解出来ていない場合です。その場合、いきなり上記のTOEICの文法問題を解くと頭が混乱してしまうかもしれません。

よって、中学レベルの文法知識が身についていないとお思いの方は、まずは文法知識の基礎固めを主題とする専用の問題集を繰り返し行った方がよいと思います。急がば回れの精神で、基礎固めをきちっとやった方が結局は、早くTOEICで高得点を上げられるようになります。

具体的には、下記の2冊の問題集をおすすめします。↓↓↓

わたしのPart5の解き方

わたしのPart5の解き方については、基本的にはすべて上記で紹介した「1駅1題 新TOEIC TEST文法特急」の解説に基づいています。

内容を詳しく書いてしまうのは問題があるかもしれませんので、省略しますが、簡単にいうと下記のような感じです。(詳しくは書籍を読んで頂ければ分かると思います。)

・問題をみて、瞬時に問題のタイプを見極める。

・見極めた問題のタイプに応じて、5秒で解く問題は5秒で、30秒かけてもよい問題は30秒かけて解く。

・文章は日本語に訳さない。

・回答に不必要な文章は読まない。

・30秒考えて分からない問題は、それらしい回答にマークして飛ばす。

といった感じです。わたしはPart5に10分かけます。1問平均20秒です。おそらく満点を取り続けるTOIECerの方々よりは遅いと思いますが、それでも自分なりに最高速の速さで解いているつもりです。さらなる演習によって、さらに2分くらい縮めたいと思っています。

まとめ

Part5の文法問題は、いわば文法知識の「クイズ」のようなパートです。

このパートを「速く」「正確に」解き終えるためには、何よりも「大量に問題を解く」ことで様々な問題に対応できる知識のストックをつくっておくことが重要です。

ただし、頭の中が整理されずに体系化されていない状態で、問題を大量に解くよりも、ここで紹介した良質な問題集を使用して、頭の中を整理してから、問題を大量に解くとより効果がでます。

Part5の問題は、1問1問が独立していますから、短いすきま時間でも学習できるという特徴がありますので、上記の問題集を利用して、こつこつと学習を進めてみて下さい!

Part5についての記事は、今後もアップデートしていきます。

ブログランキングに参加しています!
下記のクリックをよろしくお願い致します!


にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする