【TOEIC新形式】「おすすめ学習法シリーズ①」TOEIC対策は、公式問題集から始めよう!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

TOEICおすすめ学習法シリーズ

TOEIC公式問題集は、TOEIC学習の基本です。

TOEICを始めて受験する方も、何度も受けたことがある方にも、最も重要かつ基本となる対策は、「公式問題集」を解くことです。これは、TOEICで高得点を出した多くのTOEICerの皆さんも言っていますし、わたしもそう思います。

公式問題集を解かずにTOEICを受験する事は、「戦に槍を持たずに行くようなもの」であり、TOEICという戦いに挑むなら、絶対に公式問題集は必須です(笑)。

初級者も上級者も、TOEICを受験するならば、絶対に公式問題集だけは解いておきましょう!

TOEICの学習は、「公式問題集に始まり、公式問題集に終わる」といっても過言でないでしょう。

・「新形式対応」の公式問題集

第210回公開テスト(2016年5月29日実施)よりTOEICの出題形式は変更になっています。この「新形式」の問題に対応している公式問題集は、今のところ下記の3冊のみ発売されております。1つの公式問題集に2回分のテストが入っているため、合計6回分の問題を解くことができます。

取りあえずTOEIC受験に当たっては、上記の3冊(6回分の問題)は必須ですので、持っていない方は購入することをおすすめします。

・公式問題集のナレーターは本番と同じ!

TOEICのナレーターは、様々な国の方が担当しています。アメリカ英語はもちろん、イギリス英語、カナダ英語、オーストラリア英語などがあります。これらのナレーターにはそれぞれ「くせ」がありますので、事前にどんな発音なのか聞いておくことは重要です。

TOEIC公式問題集のナレーターは、なんと本番のTOEICのナレーターと同じ人が担当しています。TOEICのナレーターのイギリス人女性の声はアメリカ英語で学んできた日本人にとって、聞き取りにくいですが、公式問題集であらかじめ練習することができます。

さらに公式テスト本番直前に、公式問題集のリスニング音声を聞くことは、本番と同じナレーターの声を聞くことになりますので、耳慣らしとしてとても有効です。

・何度も復習しよう

TOEIC本番は、問題用紙が持ち帰ることができないので、復習することが非常に難しいです。何度本番のテストを受験したとしても、全ての問題を覚えられない事や、回答が分からないことなどから、復習することは困難です。

公式問題集は、TOEICテストと同じ機関が作成しているテストにも関わらず、もちろん何度も復習することができますのでとても有効です。本番と同じナレーターのリスニングを何度も繰り返し聞くことは、確実に本番で有利になります。

「新形式対応」以外の公式問題集について

新形式対応の公式問題集は、3冊しか発売されていないため、6回分しかテストを解くことができません。復習を何度もしたとしても、少し物足りなく感じるかもしれません。

上記の3冊を終えたかたは、「旧形式の公式問題集」を解くことをおすすめします。

旧形式といっても、問題形式はほとんど同じですし、ナレーターもほとんど同じです。具体的には、下記の表のように変更になりました。大まかな形式はほとんど同じなのですが、問題の数や、選択肢の種類などが少し変更になっています。

新形式問題導入に伴う問題構成の変更点

「旧形式問題集」も、これらの違いを意識しながら問題を解けば、今でも有効に使用できる問題集です。

「旧形式問題集」は、現在Vol.1~Vol.6まで発売されています。個人的には、あまり古すぎるものを使用すると、さすがに現在の傾向と違う場合がありますので、現在の傾向とほとんど同じである、下記のVol.5とVol.6のみ学習することをおすすめします。(試験形式や問題数が異なりますので、時間配分には注意して下さい。)

市販のTOEIC模擬試験について

これらの「5冊の公式問題集」を全てこなしてから、各パートの問題集を解くなり、市販の模擬試験を解くなりしましょう。模擬試験は、書店に行けば本当に色々な種類の問題集が売られています。わたしも、下記に問題集についての記事を書きましたので、公式問題集を終えられた方は是非参考にして下さい。

【TOEIC新形式】公式問題集の後は、「HACKERSハッカーズ」の模試をやろう!
「HACKERSハッカーズ」の模試をやろう! TOEICは、第210回公開テスト(2016年5月29日実施)より、出題形式の一部が変更となり、「新形...

しかしながら、あくまでも、最初は「公式問題集」を5冊(テスト10回分)を完璧にすることの優先順位が高いです。

個人的には、900点を超えるまでは、試験対策には模擬試験には手を出さず、「公式問題集」のみをやることで対応できると思っています。(各パートの対策問題集や単語帳は個々のレベルに応じて、別途必要ですが。)

まとめ

TOEICの学習は、「公式問題集」に始まり、「公式問題集」に終わります。書店に行けば、山のようにTOEIC学習本が売られています。とても役に立つ本や、役に立たない本など、まさに玉石混淆です。その学習本の山のなかで、間違いなく頂点に君臨するTOEIC本が、この「TOEIC公式問題集」です。TOEICの作成機関であるETSが作成していますので、再現度は100%です。

例えば、試験の前日や当日の学習は何をやるかと言えば、「公式問題集」の復習です。

なぜなら、TOEIC作成機関が作成しているため、問題の出題方法が全く同じであることや、ナレーターが全く同じことなどから、試験直前の復習にとても適しています。

このように、「公式問題集」は初級者から上級者まで末永く対応できますので、まだ解いていない方は、是非解いてみることをおすすめします!↓↓↓

関連記事はこちら




スポンサードリンク


スポンサードリンク