すべての記事を表示するにはここをクリック!

【宿泊記ブログ】「ザ・リッツカールトン大阪」に宿泊しました!大阪駅前の五つ星ホテル!気になる口コミや感想は?(The Ritz-Carlton Osaka)

<景品表示法に基づく表記>当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しております

「ザ・リッツカールトン大阪」に宿泊しました!大阪駅前の五つ星ホテル!

大阪にある五つ星ホテル「ザ・リッツカールトン大阪」に泊まりましたので宿泊記をシェアしたいと思います。

「ザ・リッツカールトン大阪」は大阪駅前にあるホテルで、18世紀ジョージアン様式の邸宅をモチーフとしたモダンエレガンスをテーマとしています。下記が公式サイトにあったホテルの説明です。

18世紀ジョージアン様式の邸宅を豪華に体験

ザ・リッツ・カールトン大阪は、15世紀以上の歴史を持つ街にモダンエレガンスをもたらしました。市内中心部の梅田に位置し、英国らしいスタイルを取り入れながら、日本の美的感覚を体現する5つ星ホテルです。館内随所に飾られた美術品や骨董品を集めたプライベートコレクションの鑑賞もお楽しみいただけます。

(公式サイトより引用)

「ザ・リッツカールトン大阪」に実際に宿泊してみて、特に下記の3点に感動しました。

  1. 大阪駅前の便利な立地
  2. スタッフのホスピタリティの高さ
  3. クラシカルなインテリア

今回の宿泊記では、ホテルの雰囲気を伝えるために、写真中心に紹介していきたいと思います。

エラン
リッツカールトン大阪で、最高の宿泊体験ができました!

大阪駅(梅田駅)前に位置しています

「ザ・リッツカールトン大阪」は大阪市梅田に位置しています。大阪駅から徒歩5分ほどで到着できました。

(上記画像:Googleストリートビューから引用)

下の写真はグーグルマップからの引用ですが、「ザ・リッツカールトン大阪」は、大阪駅から地下を通って直接アクセスできます。梅田の繁華街の近くで何をするにも便利な立地でした。

 

「ザ・リッツカールトン大阪」は、「HERBIS OSAKA」という施設に入居しているため、ビル内や周辺には、たくさんのショップや飲食店がありました。

客室(2シングル ゲストルーム)を紹介します

今回は「ツイン(2シングル)」に宿泊しました。

マリオットボンボイのゴールドエリートメンバーだったので、チェックインの時に高層階へのアップグレードを提案されましたが、アップグレードされた部屋だと14時までのレイトチェックアウトの特典が利用できないということでしたので、アップグレード無しの部屋を選びました。

客室はヨーロッパのクラシカルな雰囲気がありました。同じマリオット系列の「セントレジスホテル」に似た雰囲気がありました。

2シングルベッドですが、客室やベッドは十分な広さがありました。

リッツカールトンホテルはベッドの高さが特徴だと思います。高いベッドは存在感があり、快適でした。

ベッドサイドテーブルには、ランプ、Bluetoothスピーカー、電話機、時計などが置かれていました。

ベッドの向かい側には大きなテレビがありました。テレビ台もクラシック調のデザインでした。

窓際には、ソファとデスクがありました。

柔らかくて座り心地が最高のソファでした。

豪華で大きなデスクで、快適に作業できました。

デスクから客室の眺めです。

宿泊階の平面図です。エレベーターホールの近くやコーナーに大きめの部屋が配置されていました。

客室からの眺め

客室窓からの眺めを紹介します。

高層階ではなかったものの、十分よい眺めを楽しめました。

大阪市内の中心に位置しているだけあって、夜景もきれいでした。

バスルームを見ていきます

バスルームを紹介していきます。

洗面台は2つあって、白い大理石の豪華な造りでした。

マウスウォッシュとグラスです。

グラスの容器に入っているカラフルな粉末は、入浴剤でした。

石鹸とローションです。

浴槽は完全に寝ることができるくらいの広さ(長さ)がありました。

浴槽の周りの壁も白い大理石です。

温度調節のレバーが特殊なデザインでした。

浴槽の他に、独立したシャワー室もありました。

残念だったのが、シャンプーやボディソープが詰め替えボトル式になってしまったことです。リッツカールトンといえば、「Asprey」というイギリスのブランドのアメニティで、香りがとても気に入っていましたが、変更になってしまったようです。

引き出しには、箱に入った歯ブラシやブラシなどのアメニティが収められていました。

ドライヤーは見たことがないブランドでしたが、風量は「普通」でした。

トイレもバスルーム内にありました。もちろん、ウオッシュレット付きでした。

ミニバーを紹介します

客室の玄関横には、ミニバーがありました。

上部はガラス張りになっていて、アイスペール、グラス類、エスプレッソマシンとコーヒーカプセル、電気ケトルが置いてありました。

引き出しには、スナックやアルコール、ティーパックが入っていました。

最下段は冷蔵庫があり、ジュースやアルコールが入っていました。

ミニバーの価格表です。なかなかいいお値段がします。

クローゼットを見ていきます

ミニバーの隣には、大きめのクローゼットがありました。

たくさんのハンガーと、ハンガーに掛けられたスイムウェアがありました。

引き出しには、スリッパが入っていました。

ランドリーバッグもありました。

コードレスのアイロンと、大きなアイロン台もありました。

客室のディテールを紹介します

客室の細部を写真で紹介していきます。

カーテンを開けた状態。

レースのカーテンのみ閉じた状態。

カーテンをすべて閉じた状態。

ベッドボードのデザイン。

ベッドサイドの照明。

木製のスーツラック。便利なので自宅にも欲しいです。

クッキーが置いてありました。

デスクにはユニバーサルタイプのコンセントや照明コントロールスイッチがありました。

デスクの引き出しの中。

レストランやエステの説明のチラシ。

ルームサービスの価格表。お値段も最高級です。

玄関横のミラーと照明スタンド。

玄関ドアのドアハンドル。

大型の空気清浄加湿器がありました。

たくさんの写真が立派な額に入れられて飾られていました。

客室はグレー調のカーペット敷きでした。

ホテルエントランスを紹介します

ホテルのメインエントランスを見ていきます。

「ザ・リッツカールトン大阪」は高層ビルにあるホテルですが、それを感じさせない豪華な車寄せでした。

キャノピーには、大きな「ザ・リッツカールトン」の文字があります。

エントランスを入ると目の前に大きな花が飾られていました。

すぐ横には、チェックインカウンターがありました。

さらに奥に進むと、ホテルロビーがあります。

ソファが配置されていて、こちらでチェックイン手続きを待ちました。

暖炉を模したインテリアで、大きめのソファもありました。

ホテルロビーの横には「ロビーラウンジ」というカフェラウンジや、いくつかのショップがありました。こちらは後ほど紹介します。

廊下には、至る所にアートが飾られていました。

ホテルの大阪駅側には、サブエントランスもあり便利でした。

ロビー階にあるショップを見ていきます

1階にはいくつかショップがありました。ホテルのオリジナルグッズや雑貨などが販売されていました。

エントランス横には「Asprey」のショップがありました。

「グルメショップ」では、ケーキやクッキーなどが販売されていました。

マリオットボンヴォイのゴールドエリートだったので、2,000円分のクレジットが貰えました。チョコレートとチョコレートクッキーを合わせてちょうど2,000円分購入しました。

フィットネスジム・プールに行きました

ホテルの6階には「SPA & FITNESS」がありました。

フィットネスジムは、ホテルの付属施設とは思えないほど広く、たくさんのマシンがありました。

ウエイトトレーニングのマシンも充実していました。

プールも広く本格的です。

屋外にはジャグジーもありました。

ホテル共用部を見ていきます

チェックイン手続きを終え、1階のエレベーターホールに向かいました。

エレベーターの中も天井が高く、クラッシックなインテリアでした。

宿泊階のエレベーターホールです。

宿泊フロアの廊下を進んで、客室に向かいました。

アフタヌーンティーにも行きました

「ザ・リッツカールトン大阪」の1階にある「ロビーラウンジ」のアフタヌーンにも行きました。

「ロビーラウンジ」でのアフタヌーンティーについては、別でレビュー記事を書いていますので、是非ご覧ください。とても優雅な体験ができました。

気になる宿泊価格は!?

・ホテルの値段は時期(シーズンや曜日)によってかなり変動します。1日ずれただけで数千円以上価格が違うということは普通にあります。

・わたしが「ザ・リッツカールトン大阪」に宿泊した価格は、1泊 約68,600円(税込)でした。予約サイト「楽天トラベル」でも予約できます。

<ホテル予約サイトを活用しよう!>

楽天トラベル」などの宿泊ホテル予約サイトでは、頻繁にセールを開催しておりホテル公式サイトよりも価格が安いことがあります。

何よりもお得なのは、ホテルに宿泊するたびにポイントが貯まることです。

ホテル料金は高額なので、その分、楽天ポイントもたくさん貯まります。

外資系の予約サイトもたくさんありますが、予約したつもりが予約されていなかったり、トラブルが発生した時の対応が悪かったりしますので、安全のために楽天トラベルなどの「日本のホテル予約サイト」をおすすめします。

まとめ

「ザ・リッツカールトン大阪」は、五つ星の高級ホテルだけあって、スタッフのホスピタリティの高さが素晴らしいホテルでした。大阪駅前の繁華街にありながら、ホテルの中はアートが溢れるクラシカルなインテリアでとても優雅な気分を体験できました。

また、大阪を訪れた際には泊まってみたいホテルでした!

エラン
リッツカールトンホテルはどの地域のホテルに泊まっても確実に最高の体験ができます!

お得な旅行法!ポイントサイトを活用して無料航空券にしよう!

わたしは、頻繁に国内・海外旅行に出かけますが、ほとんどがANAの特典航空券を利用した旅行です。

国内はもちろん、タイやシンガポールなどの東南アジアであれば、必要マイル数が少ないため、ポイントサイトに登録すれば本当に簡単に貯めることができます。

旅行によく行かれるはご存知の方も多いと思いますが、ポイントサイトを活用したマイルの貯め方はとても簡単ですのでぜひ試してみるとよいでしょう。

具体的には、ポイントサイト「ハピタス」を利用してポイントを大量に獲得し、それをマイルに変換するという方法です。

ANAのマイルを効率的に大量に貯めることができる方法について下記の記事で詳しく紹介しましたので、興味がある方は下記のまとめを是非チェックしてみて下さい。

マイルを効率的に貯める方法(裏技)について

ANAマイルを大量に貯める方法を日本一簡単にまとめてみた!

ポイントサイト「ハピタス」についても、記事にまとめました。

ポイントサイトとは、買い物をしたり、アンケートに答えたり、クレジットカードに申し込んだりするだけで、無料でポイントが貯まり、それをマイルや現金に変換できるという画期的なサイトです。

ハピタス」は、ネット上では以前からとても有名なポイントサイトでしたが、出川哲朗さんやゆりやんさんのCMによって一般の方の知名度もうなぎ登りの超お得なサイトです。

ハピタスへの登録はこちらからできます。

→「ハピタス公式サイト

<免責事項> 当ブログの内容は執筆時点での情報に基づいています。しかし、情報や状況は時間の経過とともに変わる可能性がありますので、最新の情報や正確性を確認するためには、関連する公式サイトや公的な情報をご参照ください。当ブログは、当ブログの情報を利用した結果として発生したいかなる損害に対しても責任を負いません。

今月のおすすめ商品!

人気サービス「Amazonオーディブル」が聴き放題になりました!

これまでは、単品で作品を購入するしかありませんでしたが、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめるようになりました。

「Amazonオーディブル」は次のような場面で、何か別の事をしながら知識をインプットできるという利点があります。

・散歩中に聴く読書

・ベッドで寝転びながら聴く読書

・家事をしながら聴く読書

・仕事中に聴く読書

電車での移動、お風呂場、就寝前などに、目を使わなくても、耳から自然に書籍の膨大な情報をインプットすることができ、めちゃくちゃ有益です。仕事中の暇な時にも、こっそりと「耳で読書」ができたりするので、暇な時間を利用して人生を変えるきっかけになるでしょう。

わたしは、1年以上Amazonオーディブルを毎日のように使っていますが、自信をもっておすすめできるサービスです。「30日間の完全無料体験」がありますので、この機会にぜひ試してみて下さい!

Amazonオーディブル無料体験はこちらから
オーディブル公式サイト

お問合せ

ABOUT US
エラン
理系の大学院卒業後、研究所で専門職として勤務。ビジネスマンとして多くの出張経験とシンガポール駐在経験あり。国際部門に所属し、語学(英語・中国語)を学習・活用中。現在、生活を豊かにするガジェット活用術、海外出張経験を活かした旅行術、効果的な語学の学習方法などをブログで発信しています。資格:英検1級、TOEIC945点、HSK6級、中検2級。