【宿泊記】コートヤード バイ マリオット バンコクはバンコク中心部に位置する清潔感のある閑静なホテルでした!(Courtyard by Marriott Bangkok)気になる評価や口コミは!?


スポンサードリンク


スポンサードリンク




コートヤード バイ マリオット バンコクはバンコク中心部に位置する清潔感のある閑静なホテルでした!(Courtyard by Marriott Bangkok)

タイのバンコクに出張に行った際に「コートヤード バイ マリオット バンコク(Courtyard by Marriott Bangkok)」に宿泊しました。

「コートヤード バイ マリオット バンコク(Courtyard by Marriott Bangkok)」に実際に宿泊してみて、特に下記の3点に感動しました。

  1. タイの高架鉄道(BTS)のRatchadamri駅近くの便利な立地
  2. 高級ホテルやコンドミニアムが立ち並ぶ閑静な立地
  3. 清潔感のある客室や共用施設

下記の公式サイトからの画像で分かるように、「コートヤード バイ マリオット バンコク(Courtyard by Marriott Bangkok)」は「セレクト」というお得な価格帯のクラスに分類されています。しかしながら、実際に泊まってみると客室も清潔感があり、とても快適に過ごすことができました。

今回の記事では、タイの首都バンコクに位置する「コートヤード バイ マリオット バンコク(Courtyard by Marriott Bangkok)」について写真中心の宿泊記をシェアしたいと思います。

様々な特典がありました!

今回の宿泊では、SPGアメリカンエクスプレスカードのおかげで、ウェルカムフルーツがあったり、無料で朝食が食べられたりと、様々な特典がありました。

ホテル宿泊で超お得なクレジットカードであるSPGアメリカンエクスプレスカードについては下記の記事で簡潔に説明していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

<SPGアメックスカード 超まとめ>

「SPGアメリカンエキスプレスカード」は海外出張や海外旅行が多いビジネスマンに必須の最強カードです!超お得なメリットを日本一簡単にまとめてみました!

バンコクの中心部に位置しています!

「コートヤード バイ マリオット バンコク(Courtyard by Marriott Bangkok)」は、タイの高架鉄道であるBTSのRatchadamri駅の近くに位置しています。周辺には高級ホテルやコンドミニアムが立ち並ぶ閑静な立地でした。

まずは客室(プレミアルーム)を紹介していきます!

今回わたしは「デラックスルーム」に宿泊しました。部屋に入ると印象的な赤色の絨毯が目に入りました。

間接照明で、落ち着いた雰囲気の客室です。

ベッドもキングサイズでゆったりとしていました。

ベッドから向かい側を見た写真です、デスク、テレビ、ミニバー、スーツケース置き場などの棚がまとまっています。

ベッドサイドテーブルです。iPhoneなどと接続できる目覚まし時計が置いてあります。

窓際にはソファが置かれています。大きめのオットマンもあり快適でした。

ソファテーブルにはSPGアメリカンエクスプレスカードの特典(→詳しくはこちらの記事で紹介しています)である、ウェルカムフルーツが置かれていました。見た目も華やかです。

デスクは透明な天板で、窓側に配置されています。スタンドライトやコンセントもありました。

窓側から眺めた客室です。洗面台の前がガラスになっていて、水廻りまでつながってみえます。そのため、部屋に広がりがあります。

客室の窓からの眺めです。周辺には高級ホテルやコンドミニアムが立ち並ぶエリアであることが分かります。

玄関側を見た写真です。

テレビの横にある棚を見ていきます。

ミニバーがある冷蔵庫やグラス類が収納されていました。

引き出しの上の段から見ていきます。グラス類、コーヒー類、ミニバーのスナック等が収められていました。

冷蔵庫にはソフトドリンクやアルコールなどがあります。

棚の上部には無料のミネラルウォーターと電子ケトルが置かれていました。

棚の隣には、スーツケースを置く場所が設けられており便利に使うことができました。

そのさらに玄関側にはクローゼットがあります。クローゼットの上部にはたくさんの木製ハンガー、バスローブが置かれていました。

下部にはアイロン、スリッパ、金庫などがありました。

特徴的な赤い絨毯です。

基準階の平面図です。エレベーターを中心に十字形をしています。様々な方角がありますので、部屋の向きによって見える景色は全然違うでしょう。

水廻りをみていきます

水廻りは大理石でできており、高級感がありました。

洗面台の前がガラスになっており、部屋とつながってみえます。

洗面台も白色の大理石です。

アメニティはNIRVAEというブランドでした。歯ブラシ、石鹸、ボディローションなどひと通り揃っています。

シャワールームです。

シャワールームにはベンチがあり、座りながらシャワーをすることもできます。広さは十分にありました。

トイレも清潔感があり、東南アジアによくあるウォッシュレット(ハンドシャワー)が設置されていました。

ドライヤーは大きめで風量もありました。

ホテルのエントランスの紹介です

ホテルの車寄せです。

全体的にホワイトで統一されており、高級感がありました。

エントランスに入っていきます。エントランスのすぐ前に作り付けのソファがありました。

エントランスのラウンジです。

ソファがたくさん置かれていました。

ソファも広々としていました。

ラウンジの奥にあるチェックインカウンターでチェックインをしました。

ラウンジの横には、小さな売店がありました。

ラウンジの中央には、2階に向かう階段がありました。

階段を上ってみました。

2階は会議場になっていました。

ラウンジの横にあるエレベーターに向かいます。

エレベーターで、客室階に向かいます。

エレベーターに乗って客室に向かいました。

ホテルの共用部(基準階)をみていきます

ホテルの客室階のエレベーターホールです。

エレベーターホールや廊下は赤色の絨毯が印象的です。

部屋に向かいました。

フィットネスジム・プールに行ってみました

フィットネスジムとプールに行ってみました。

フィットネスジムはひと通りのマシンが揃っていました。

外を見ながらランニングできます。

屋外にあるプールです。

ソファもたくさんあり、くつろぐことができました。

無料で朝食が付いてきました!

SPGアメリカンエクスプレスカードの特典(→詳しくはこちらの記事で紹介しています)で、無料で朝食を頂くことができました。朝食は1階のロビーの横にあるレストランで頂けます。

ビュッフェ方式で、好きな料理を好きなだけとることができます。タイ料理、和食、中華、洋食など、様々な種類の料理がありました。

まとめ:コートヤード バイ マリオット バンコクはバンコク中心部に位置する清潔感のある閑静なホテルでした!(Courtyard by Marriott Bangkok)

・このように「コートヤード バイ マリオット バンコク(Courtyard by Marriott Bangkok)」は、マリオット系列の中で「セレクト」というクラスに属しています。写真で紹介した通り、高級感があり、とてもお得に宿泊することができました。

・インテリアもきれいで清潔感があり、とても快適に宿泊をすることができました。

・レストラン、バー、スパ、プールやフィットネスジムなどの付帯施設も充実していて、快適に過ごすことができました。

・SPGアメリカンエクスプレスカード(→詳しくはこちらの記事で紹介しています)を持っていたおかげで、朝食が無料で付いたり、ウェルカムフルーツがあったりと、至れり尽くせりの待遇を受けることができました。

気になる宿泊価格は!?

・ホテルの値段は時期(シーズンや曜日)や為替によってかなり変動します。1日ずれただけで数千円以上価格が違うということは普通にあります。

・わたしが「コートヤード バイ マリオット バンコク(Courtyard by Marriott Bangkok)」に宿泊した時の価格は、1泊 3,700THB(約1万3千円)でした。日本だと狭いビジネスクラスホテルにしか泊まれない価格ですが、こんなに良いホテルに泊まることができました。本当にタイのホテルは信じられないくらいお得です。

・SPGアメリカンエクスプレスカード(→詳しくはこちらの記事で紹介しています)の特典を利用するには、Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)の公式サイトから予約する必要がありますので、公式サイトを利用しましょう。

SPGアメリカンエクスプレスカードで無料アップグレード!

今回の宿泊では、SPGアメリカンエクスプレスカードのおかげで、朝食が無料で付いたり、ウェルカムフルーツがあったりと、至れり尽くせりの滞在をすることができました。

「SPGアメリカンエクスプレスカード」では、膨大な特典がありますが特にうれしい特典として下記の特典があります。

「マリオットボンヴォイ」の会員資格「ゴールドエリート」が手に入り、下記の特典が受けられます。

  • 客室のアップグレード
  • チェックアウト時間を14時まで延長
  • 無料高速インターネットアクセス
  • 獲得ポイントが+25%アップ
  • ウェルカムギフトポイントの付与

この中でも「客室のアップグレード」はこのカードの最大のメリットです。

最も安い客室を予約したとしても、無料でアップグレードされますので、アップグレードされた広い部屋で快適に過ごすことができ、本当にお得感があります。もちろん国内ホテルでも利用できますので、ホテルで快適に過ごしたい方にはぴったりの方法です。

マリオットボンヴォイは下記のホテルグループがあります。世界中に6,700軒以上ありますので、ホテル選びに困ることはありません。

その他にもうれしい特典としては、下記の2~3があります。(もちろん、この他にも膨大な特典があります。)

1.「マリオットボンヴォイ」の会員資格「ゴールドエリート」が手に入る!

2.2年目以降から毎年「無料宿泊特典」が手に入る!

3.入会時に30,000ポイント(裏技でそれ以上)が手に入る!

「SPGアメリカンエクスプレスカード」については、仕組みが複雑ですので下記の記事に日本一分かりやすくまとめました。海外旅行や海外出張で快適なホテルに滞在したい方、興味のある方はぜひご覧ください。

お得な海外への行き方!ポイントサイトを活用して無料航空券にしよう!

わたしは、頻繁に海外旅行に出かけますが、ほとんどがANAの特典航空券を利用した旅行です。

タイやシンガポールなどの東南アジアであれば、必要マイル数が少ないため、ポイントサイトに登録すれば本当に簡単に貯めることができます。

海外旅行によく行かれるはご存知の方も多いと思いますが、ポイントサイトを活用したマイルの貯め方はとても簡単ですのでぜひ試してみるとよいでしょう。

具体的には、ポイントサイト「ハピタス」を利用してポイントを大量に獲得し、それをマイルに変換するという方法です。

ANAのマイルを効率的に大量に貯めることができる方法について下記の記事で詳しく紹介しましたので、興味がある方は下記のまとめを是非チェックしてみて下さい。

マイルを効率的に貯める方法(裏技)について

ANAマイルを大量に貯める方法を日本一簡単にまとめてみた!

ポイントサイト「ハピタス」についても、記事にまとめました。

ポイントサイトとは、買い物をしたり、アンケートに答えたり、クレジットカードに申し込んだりするだけで、無料でポイントが貯まり、それをマイルや現金に変換できるという画期的なサイトです。

ハピタス」は、ネット上では以前からとても有名なポイントサイトでしたが、出川哲朗さんのCMによって一般の方の知名度もうなぎ登りの超お得なサイトです。

エラン
「コートヤード バイ マリオット バンコク(Courtyard by Marriott Bangkok)」はマリオット系列の中でも安価な「セレクト」というクラスに分類されていますが、それにも関わらずとても高級感があり快適な滞在をすることができました!コストパフォーマンスは最高でした!

 

※当ブログの写真はすべてわたし自身が撮影しております(注釈のある写真を除く)。無断使用・無断転載については、使用料をご請求させて頂きますのでご了承下さい。(使用料は業界大手のアマナイメージズの価格に基づきます。)




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ