初めての方はこちらの記事からご覧ください

【レビュー】iPhone 14 Pro Maxを購入しました!開封の儀!新機能や旧機種との違いを詳細レビューします!気になる評価や口コミは!?(アイフォン14 プロ マックス)




iPhone 14 Pro Maxを購入しました!開封の儀!新機能や旧機種との違いを詳細レビューします!

新しい「iPhone 14シリーズ」が発表されました。

わたしは、今まで「iPhone 12 Pro Max」を2年間使ってきて、今回の新しい「iPhone 14シリーズ」に機種変更をするつもりでした。

大画面が好きなので、発売日に迷うことなく「iPhone 14 Pro Max」を予約しました。

今回の記事では、実際に「iPhone 14 Pro Max」を購入し使用してみた感想を、写真中心にレビューしていきたいと思います。

Amazon アップル公式サイト

iPhone 14 シリーズをすべて見る

わたしが購入したiPhone 14 Pro Maxのスペック

今回発表された「iPhone 14シリーズ」のカラーは、「スペースブラック」「シルバー」「ゴールド」「ディープパープル」の4色展開となっています。

今回、わたしが購入した新しいiPhoneのスペックは下記の通りです。

  • iPhone 14 Pro Max
  • 512GB
  • ディープパープル

容量は、今まで使用してきたiPhone 12 Pro Maxも同様に512GBを使用しており、まだまだ容量に余裕があったため、512GBを選択しました。(すでに200GB以上は使用していたため、256GBでは少なく感じました。)

カラーは「ディープパープル」を選びました。すぐに純正レザーケースを着け、その後外すことはありませんので、カラーは重要視していませんでした。今回、アップルは新色である「ディープパープル」を推していたのがこの色を選択した理由のひとつです。

iPhone 14 Pro Maxが届きました!開封の儀!

iPhone 14シリーズの発売日の午前中、さっそくAppleからの荷物が届きました。

ダンボール箱を開封すると、中にはぴったりとiPhone 14 Pro Maxの外箱が収まっていました。

外箱を取り出していきます。

iPhone13シリーズと同様、外箱の厚みが薄くなっています。

裏面の上下にあるひっぱりをめくり、開封していきます。

外箱を開けると、iPhone 14 Pro Max本体の背面が現れました。

この時初めて「ディープパープル」の色を見ましたが、珍しくてきれいな色です。

付属品として、ライトニングケーブル、説明書、SIMピン、Appleシールが入っていました。

iPhone 14 Pro Maxの詳細をみていきます

背面の形状は、iPhone13 Pro Maxとほとんど変更がありません。

iPhone 14 Pro Maxの前面で目を引くのが、上部にあるDynamic Island(ダイナミックアイランド)と呼ばれるパンチホールです。

iPhone 13シリーズまでは、上部から繋がったM字のノッチが、パンチホール形状に変更になりました。

3つのカメラは相変わらず存在感があります。

ある時から、カメラを目立たなくする方針ではなく、カメラをデザインとしてあえて目立たせる方針に変更になった、と思っています。

コーナーのステンレススチールも滑らかで美しいです。

ステンレススチールのアップルのロゴが映えていました。

新色、ディープパープルについて

新色「ディープパープル」は、角度によって見え方が異なり、面白みがありました。

ブラックやダークグレーのように濃い色に見える時もあったり、光が反射して、ホワイトに近い薄い色に見える時もあります。

その中で、パープルの見え方も微妙に変化して、とてもきれいな色だと思いました。

iPhone 14 Proシリーズの新機能について

「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」の新機能について、Appleのウェブサイトの説明を元に、簡単にまとめてみます。

iPhone 14 Proシリーズの新機能について、Appleは下記のように一言でまとめています。

これを読み解くと、「見たこともないiPhoneの操作システム」は、Dynamic Island(ダイナミックアイランド)のこと「命を守るために設計された安全機能」は、衝突事故検出機能のこと、「迫力のディテールをとらえる革新的な48MPカメラ」は、カメラ機能向上やシネマティックモードの機能向上、を説明していることが分かります。

Dynamic Island(ダイナミックアイランド)は、どうしても設置しなければいけない画面上のノッチ部分を、UI(ユーザーインターフェース)やUX(ユーザーエクスペリエンス)と組み合わせることで、うまく隠してしまおうという画期的な機能です。

実際に使ってみても、画面表示がとても自然なので、ノッチがあることを感じませんでした。もともと、ノッチが邪魔だとは思っていませんでしたが、ますますノッチの存在感が消えました。

衝突事故検出は、新しいApple Watchにも搭載された、Appleイチオシの機能です。この機能を使うことになる場面は想像したくありませんが、もしかしたら命が助かるかもしれないという意味で、保険のような機能です。

常時表示ディスプレイは、地味な進化ですが有難い機能です。いつも時計やウィジェットを見るために画面にタッチする必要がありましたが、それをする必要がなくなり便利です。

カメラは順当に進化しました。最近は、コンデジやミラーレス一眼を使わず全てiPhoneのみで撮影しているため、カメラ性能の進化は自分にとって重要です。

「メインカメラに搭載されたクアッドピクセルセンサーは、被写体に合わせて作動することで48メガピクセルを最大限に活用します。」とあるように、写真はレンズそのものの機能を超えて、iPhoneのソフトウェアによってさらにきれいになり、もはやiPhoneだけにしか表現できない領域に達していると思いました。

わたしは「iPhone 12 Pro Max」を使っていたため、「iPhone 13 Proシリーズ」 から搭載されたシネマティックモードを使用したことはありませんでした。シネマティックモードも4K HDRに対応したということで、順当な進化を感じました。

(上記スクリーンショット:アップル公式サイトより引用)

このように、「iPhone 14 Proシリーズ」では、超革新的な機能が追加された訳ではありませんが、順当な進化を感じました。すでに成熟期を迎えたスマートフォン性能にあっても、一年ごとに順当に進化していくことは重要だと思っています。

レザーケースとガラスフィルム

新しくiPhoneを購入して、まずやるべきことは、保護ガラスフィルムとケースを付けることです。

レザーケースは、深緑の色合いがきれいな「フォレストグリーン」を選び、さっそく装着してみました。わたしは、iPhone 14 Pro Maxが届くまでに、これらを準備して、到着に備えていました。それぞれ、おすすめの商品を下記の記事にレビューしていますので、ぜひご覧ください!

<iPhone 14 レザーケース レビュー>

iPhone 14 Pro Maxの純正ケース「MagSafe対応レザーケース-フォレストグリーン」を購入しました!

iPhone 14 Pro Max用

iPhone 14 Pro用

Amazon アップル公式サイト

iPhoneケースをすべて見る

<NIMASOガラスフィルム レビュー>

iPhone 14 シリーズ用の強化ガラス保護フィルム「NIMASO ガラスフィルム」を購入したのでレビューします!

iPhone 14 Pro用

iPhone 14 Pro Max用

まとめ:iPhone 14 Pro Maxを購入しました!開封の儀!新機能や旧機種との違いを詳細レビューします!

今まで「iPhone 12 Pro Max」を2年間使ってきて、久しぶりに新しいiPhoneに機種変更できました。新しい機能がたくさん追加されていますので、今後、日常的に使っていくのが楽しみです!

Amazon アップル公式サイト

iPhone 14 シリーズをすべて見る

エラン
特にDynamic Islandを使っていくのが楽しみです。カメラ性能も上がり、写真や動画を撮りまくりたいです!

今月のおすすめ商品を紹介します!

人気サービス「Amazonオーディブル」が聴き放題になりました!

これまでは、単品で作品を購入するしかありませんでしたが、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめるようになりました。

「Amazonオーディブル」は次のような場面で、何か別の事をしながら知識をインプットできるという利点があります。

・散歩中に聴く読書

・ベッドで寝転びながら聴く読書

・家事をしながら聴く読書

・仕事中に聴く読書

電車での移動、お風呂場、就寝前などに、目を使わなくても、耳から自然に書籍の膨大な情報をインプットすることができ、めちゃくちゃ有益です。仕事中の暇な時にも、こっそりと「耳で読書」ができたりするので、暇な時間を利用して人生を変えるきっかけになるでしょう。

わたしは、1年以上Amazonオーディブルを毎日のように使っていますが、自信をもっておすすめできるサービスです。「30日間の完全無料体験」がありますので、この機会にぜひ試してみて下さい!

Amazonオーディブル無料体験はこちらから
オーディブル公式サイト




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ