すべての記事を表示するにはここをクリック!

【レビュー】首に掛けるブックライトを買ったら暗い部屋でも紙書籍の読書が捗った話!(LEDGLE ネックライト)

<景品表示法に基づく表記>当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しております

首に掛けるブックライトを買ったら暗い部屋でも紙書籍の読書が捗った話!

読書が趣味で、毎日欠かさず読書をしています。

最近はKindleなどの電子書籍も購入するのですが、やはり質量のある紙書籍は読みやすく、パラパラめくりながら全体像をつかむのに適していたり、細かくページをめくる操作性が良いことなどから、電子版よりも紙書籍版が好みです。

紙書籍版の大きな問題点

ただ、紙書籍版には大きな問題がありました。それは、

「暗めの部屋では、文字が読みにくい。」

という問題です。

特に自宅のリビングは間接照明で、電球色の暗めの照明に設定しているため、その中で読書をすると暗くて文字が読みにくいという問題点がありました。

リビングの落ち着いた雰囲気で読書がしたいが、暗くて文字が読みにくい…

そうなると、どんなに暗い環境でも、明るい画面で読めるKindleなどの電子書籍で読めばよいのですが、たくさんのメリットがある紙書籍版もあきらめたくありません。

そんな中、暗い部屋でも文字が読みやすくなるアイテムを発見しました。

首に掛けるブックライトを見つけました

紙書籍版の問題点を解決できる「首に掛けることのできるブックライト」を見つけました。

フレキシブルアームで自由に角度を変えることができ、首に掛けたネックライトの先端から本の文字を照らすことができる、という画期的な商品です。

さっそく、購入して使ってみました。

今回の記事では、実際に「首に掛けるブックライト」をしばらく使ってみたレビューを写真中心に紹介したいと思います。

エラン
シンプルな造りのライトですが、想像以上に効果は抜群でした!

首に掛けるブックライトが届きました

Amazonで注文した翌日「首に掛けるブックライト」が届きました。

中国の深センで製造されているようです。最近は中国製もクオリティが高くなってきています。

スペック等の説明が記載されていました。

外箱を開けると、透明なビニールに包まれたライト本体が収まっていました。

商品をすべて取り出して並べてみました。「首に掛けるブックライト」本体、USB充電ケーブル、マジックテープのバンドが同梱されていました。

首に掛けるブックライト」本体。

マジックテープのバンド。

「USB Type-A to Micro USB」の充電ケーブルでした。

詳細を見ていきます

首に掛けるブックライト」の仕組みは簡単で、本体を首に掛けることで、先端のライトで書籍を照らせるようになっています。フレキシブルアームなので、角度は自由に変えられます。

フレキシブルアームの硬さも十分なので、好きな角度で固定できます。フニャフニャして好きな位置に固定できないのではないかと心配していましたが、問題ありませんでした。

先端のライトは横にあるボタンで片側ずつ独立してオンオフができます。

LEDライトは2つあり、ボタンを押す回数によってライトの付き方が変わります。

  1. ボタンを1回押すとスポットライトのみが点灯
  2. ボタンを2回押すとワイドライトのみが点灯
  3. ボタンを3回押すと両方のライトが点灯(スポット+ワイドライト)
  4. ボタンを4回押すと消灯

照射する範囲が狭いスポットライトと、範囲が広いワイドライトの組み合わせができるので、かなり自由に(自分の好み通りに)、本を照らすことができます。

ライトの点灯に関する説明がAmazon公式サイトにありましたので参考までに貼っておきます。

マジックテープのバンドが付属していましたが、どのように使うかよく分かりません。(収納する時に使うのでしょうか?)いずれにせよ、無くても問題はなさそうです。

首に掛けるブックライト」本体の首の部分に充電用のMicroUSB端子があります。

付属のUSBケーブルで充電できます。一度充電すれば、充電はかなり持つ印象です。(Amazonの公式サイトには16時間稼働すると記載がありました。)

下記の画像のように、フレキシブルアームはかなり自由に曲がるので、コンパクトになり持ち運びにも便利だと思います。

(上記画像:Amazon公式サイトより引用)

例えば、移動中の新幹線や飛行機の中、旅先のホテルの部屋などで使うのにも便利だと思います。

まとめ

首に掛けるブックライト」は単純な仕組みですが、読書体験のクオリティが格段に上がるアイテムでした。

(上記画像:Amazon公式サイトより引用)

今となっては、このライト無しでは読書ができなくなるくらい依存しています。

明るいと思っていた部屋で使っても、「首に掛けるブックライト」を着けると、文字がさらに明るく読みやすくなります。暗い部屋ではなおさら効果があります。

軽量なので、着けている感覚はほぼ何もなく、首が痛くなることはありませんでした。

紙の書籍で読書をするのが好きな方には、おすすめできるアイテムです!

エラン
紙の書籍を愛するすべての読書家に伝われー!
<免責事項> 当ブログの内容は執筆時点での情報に基づいています。しかし、情報や状況は時間の経過とともに変わる可能性がありますので、最新の情報や正確性を確認するためには、関連する公式サイトや公的な情報をご参照ください。当ブログは、当ブログの情報を利用した結果として発生したいかなる損害に対しても責任を負いません。

今月のおすすめ商品!

人気サービス「Amazonオーディブル」が聴き放題になりました!

これまでは、単品で作品を購入するしかありませんでしたが、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめるようになりました。

「Amazonオーディブル」は次のような場面で、何か別の事をしながら知識をインプットできるという利点があります。

・散歩中に聴く読書

・ベッドで寝転びながら聴く読書

・家事をしながら聴く読書

・仕事中に聴く読書

電車での移動、お風呂場、就寝前などに、目を使わなくても、耳から自然に書籍の膨大な情報をインプットすることができ、めちゃくちゃ有益です。仕事中の暇な時にも、こっそりと「耳で読書」ができたりするので、暇な時間を利用して人生を変えるきっかけになるでしょう。

わたしは、1年以上Amazonオーディブルを毎日のように使っていますが、自信をもっておすすめできるサービスです。「30日間の完全無料体験」がありますので、この機会にぜひ試してみて下さい!

Amazonオーディブル無料体験はこちらから
オーディブル公式サイト

お問合せ

ABOUT US
エラン
理系の大学院卒業後、研究所で専門職として勤務。ビジネスマンとして多くの出張経験とシンガポール駐在経験あり。国際部門に所属し、語学(英語・中国語)を学習・活用中。現在、生活を豊かにするガジェット活用術、海外出張経験を活かした旅行術、効果的な語学の学習方法などをブログで発信しています。資格:英検1級、TOEIC945点、HSK6級、中検2級。