初めての方はこちらの記事からご覧ください

【宿泊記ブログ】1 ホテル セントラルパーク ニューヨークは セントラルパークの隣に位置する超ナチュラル志向の最新エコホテルでした!(1 Hotel Central Park New York)気になる評価や口コミは!?




1 ホテル セントラルパーク ニューヨークは セントラルパークの隣に位置する超ナチュラル志向の最新エコホテルでした!(1 Hotel Central Park New York)

ニューヨークに旅行に行った際に、「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」に宿泊しました。

「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」に実際に宿泊してみて、特に下記の3点に感動しました。

  1. セントラルパークの隣という立地が最高
  2. 自然素材をふんだんに使用したインテリア
  3. 環境保護のコンセプトがうまく活かされたデザイン

今回の記事では、ニューヨークのセントラルパークの隣という最高の立地で、超ナチュラル志向のエコホテルである「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」について写真中心の宿泊記をシェアしたいと思います。

ホテル滞在でお得なクレジットカードを紹介します!

わたしはいつもMarriott Bonvoyアメリカンエクスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)を使いマリオット系列のホテルに宿泊しています。Marriott Bonvoyアメリカンエクスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)の特典で無料アップグレードアーリーチェックイン・レイトチェックアウトなどの様々な特典を受けることができ、とても快適なホテル滞在をすることができます。

ホテル宿泊で超お得なクレジットカードであるMarriott Bonvoyアメリカンエクスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)については下記の記事で簡潔に説明していますので、興味のある方はぜひご覧ください。

<Marriott Bonvoyアメリカンエクスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード) 超まとめ>

「Marriott Bonvoyアメリカンエクスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)」は海外出張や海外旅行が多いビジネスマンに必須の最強カードです!超お得なメリットを日本一簡単にまとめてみました!

<ご紹介プログラム (最大45,000ポイント獲得権利)>

Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)に興味がある方は下記メールフォームまたはLINEからご連絡頂ければすぐに紹介プログラムに関する情報をお送りします!

●メールフォームによるご連絡

     

    ●LINEによるご連絡

    ※紹介リンクをすぐにお送りします。

    ※当サイトは申込み者様の個人情報は一切知り得ませんのでご安心下さい。

    ※紹介リンクが届かない場合は迷惑メールをご確認下さい。

    セントラルパークのすぐ隣にあります!

    「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」は、その名の通り、セントラルパークのすぐ隣に位置しています。ホテルからはセントラルパークがすぐに見え、徒歩3分以内にセントラルパークにアクセスすることができます。

    下の写真の、右側の緑化された建物が「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」、道路の突き当りに見える緑がセントラルパークです。まさに目と鼻の先にあります。

    (上記画像:Google Mapより引用)

    MoMA(ニューヨーク近代美術館)やトランプタワーなどもすぐ近くにあり、マンハッタンの中でも最高の立地です。

    まずは客室を紹介していきます!

    今回わたしが宿泊した客室は「デラックス キングルーム シティビュー (Deluxe king room city view)」というダブルルームです。

    部屋に入ってまず驚くのは、床、壁に使われた大量の木材と観葉植物などの緑の多さです。

    ベッドの後ろは、細かく切られた木材が並べられた壁になっていました。

    その木材の壁が、光と観葉植物によって彩られています。

    その木材をよく見ると「Reclaimed redwood(再生古材)」と書かれています。

    再生古材を並べることで特徴的な壁面を作り出していました。

    客室でもうひとつ特徴的なものは、窓際に作られたソファコーナーです。

    出窓を利用して、ソファコーナーがつくられています。出窓で景色を楽しみながらくつろぐことができ、とても快適でした。

    窓からは、ニューヨークのスカイスクレーパーが立ち並ぶ街並みを眺めることができました。

    「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」はセントラルパークの隣にあるホテルですので、「Park View(パークビュー)」というセントラルパークを眺めることができる部屋が確約されたプランも用意されています。

    今回わたしが宿泊した客室は、残念ながらパークビューではなく、8階に位置するシティビューの部屋でした。

    ベッドの反対側の壁面の様子です。

    こちらも、木材を多用した棚になっています。テレビ、デスク、収納棚などが造り付けでつくられていました。(棚の中身は後述します。)

    デスクとチェアです。椅子には白いファーが掛けられていて、肌触りがとても快適でした。デスク、棚、チェア、フローリングの木材の質感がとてもマッチしていました。

    続いて水廻りの紹介です!

    バスルームは、黒色のタイル貼りの床と、白色の大理石の壁でした。

    入って正面の壁には、再生木材を利用した壁に観葉植物が飾られていました。

    写真を見ても分かるように、銅色の手すりがたくさん取り付けられています。バリアフリーにも力を入れていることが分かります。

    洗面台です。

    パイプのようなデザインの水栓が特徴的でした。

    トイレットペーパーホルダーも手すりや水栓と同じデザインで出来ていました。独立型で面白いデザインです。

    客室の細部を見ていきます!

    続いて、客室の細部を見ていきます。

    「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」は、細部や小物類のデザインにとてもこだわりが見られました。

    デスクの天板のデザインもとてもユニークです。年輪が見えるように切られた木材が並べられています。

    水槽に入った緑がインテリアとして置かれていました。

    ホテルのいたるところに、観葉植物が飾られています。

    収納棚を開けると、クローゼット、ミニバーなどがあります。上部にはヨガマットも置かれていました。

    クローゼットには、ハンガー、ラゲッジラック、ドライヤー、パジャマなどが置かれていました。

    なんと、ハンガーはリサイクル紙(段ボール)で出来ていました。徹底的な環境への配慮がみられます。

    パジャマは丸められて置かれています。「READY TO WEAR」と書かれておりユーモアがあります。

    他の棚にはエスプレッソマシンが置かれていました。エスプレッソカプセルも4つあり、これらは無料で飲むことができます。

    ゴミ箱も段ボール製で、「紙と缶」「ガラス」が分別可能なものになっていました。

    化粧柱も古材が使用されているようでした。

    デスクにはホテル専用のスマホが置かれており、これで照明やエアコンを操作することができました。

    ホテルのキーも木材チップでできています。この木材チップをかざすと部屋のロックが解除されます。

    ホテルの平面図です。平面図の下側と右側に道路がありますので、ホテルは2面の道路に面しています。コーナーの出隅部分の部屋は大きさが異なる特殊な部屋形状になっているようです。

    ホテルの外観もとてもユニークです!

    「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」はとてもナチュラル志向のホテルですが、それは外観にも表れていました。

    (上記画像:Google Mapより引用)

    写真のように、ビルの1階~3階までがすべて緑化されています。コーナーに位置するホテルなので、とても目立っていました。

    緑化以外の部分は、古材が貼り付けられたファサードになっていました。黒色のサッシ、緑化、古材の組み合わせがとても特徴的です。

    エントランスには、たくさんの植物が並べられています。

    ホテルの共用部の紹介です!

    ロビーや廊下などの共用部も、木材と緑に溢れていました。

    ロビーのソファはとても落ち着いた雰囲気でした。

    エレベーターの中まで、木材が貼り付けられていました。(もしかしたらフェイクかもしれません笑)

    客室階の廊下です。客室側の壁には古材が貼付けられています。(これだけ木材を多用して消防法的に大丈夫なのか少し心配になりました笑。)

    釘でできたユニークなサインです。8階を表しています。

    客室への入り口のアルコーブには、部屋番号が書かれていました。

    気になる宿泊価格は!?

    ・ホテルの値段は時期(シーズンや曜日)や為替によってかなり変動します。1日ずれただけで1万円以上価格が違うということは普通にあります。

    ・わたしが「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」に宿泊した時の価格は、1泊 5万円でした。

    ・「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」は、マンハッタンの中心部、それもセントラルパークのすぐ隣にあります。ニューヨークのホテルはとても高いですが、この立地とホテルのクオリティを考慮するとコストパフォーマンスは高いと思います。

    <ホテル予約サイトを活用しよう!>

    楽天トラベル」や「エクスペディア」などの宿泊ホテル予約サイトでは、頻繁にセールを開催しており、ホテルの公式サイトよりも価格が安いことがよくあります。また、ポイントも付くため結果的にお得です。わたしもほとんどの場合、ホテル予約サイトを利用しています。

    最安値でホテルに宿泊するために、ホテル予約サイトとして有名で信頼のできる「楽天トラベル」や「エクスペディア」をチェックしましょう!

     

    まとめ:セントラルパークの近くに位置する 超自然志向のおしゃれなホテルでした!

    ・「1ホテル セントラルパーク ニューヨーク(1 Hotel Central Park New York)」は何と言ってもセントラルパークの隣にあるという立地の良さが特徴です。セントラルパーク、MoMA(ニューヨーク近代美術館)、5th Avenue(5番街)などを徒歩で観光することができます。

    ・木材、緑化、段ボールの再生材などをふんだんに利用したインテリアで、ホテルのコンセプトが一貫していました。それらの自然素材や再生材が組み合わされてとてもオシャレな空間が実現されていました。

    ・ニューヨークの都心にいながらもホテルの室内で自然を感じることができ、とても居心地がよかったです。

    ホテル宿泊で最強のクレジットカード「Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)」を紹介します!

    マリオット系列のホテルで利用できる、ホテル宿泊で最強のクレジットカード「Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)」を紹介します。

    わたしは「Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)」を使うことで、いつもとても快適なホテル滞在をしています。

    「Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)」では、膨大な特典がありますが特にうれしい特典として下記の特典があります。

    「マリオットボンヴォイ」の会員資格「ゴールドエリート」が手に入り、下記の特典が受けられます。

    • 客室のアップグレード
    • チェックアウト時間を14時まで延長
    • 無料高速インターネットアクセス
    • 獲得ポイントが+25%アップ
    • ウェルカムギフトポイントの付与

    この中でも「客室のアップグレード」はこのカードの最大のメリットです。

    最も安い客室を予約したとしても、無料でアップグレードされますので、アップグレードされた広い部屋で快適に過ごすことができ、本当にお得感があります。もちろん国内ホテルでも利用できますので、ホテルで快適に過ごしたい方にはぴったりの方法です。

    マリオットボンヴォイは下記のホテルグループがあります。世界中に6,700軒以上ありますので、ホテル選びに困ることはありません。

    その他にもうれしい特典としては、下記の2~3があります。(もちろん、この他にも膨大な特典があります。)

    1.「マリオットボンヴォイ」の会員資格「ゴールドエリート」が手に入る!

    2.2年目以降から毎年「無料宿泊特典」が手に入る!(カード決済額の規定あり)

    3.入会時にかなりのポイント(裏技でそれ以上)が手に入る!

    「「Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)」」については、仕組みが複雑ですので下記の記事に日本一分かりやすくまとめました。海外旅行や海外出張で快適なホテルに滞在したい方、興味のある方はぜひご覧ください。

    「Marriott Bonvoyアメリカンエキスプレスプレミアムカード(旧SPGアメックスカード)」は、入会時にポイントが獲得できるキャンペーンを行っていますが、既存会員からの紹介によって、キャンペーンの内容に応じてかなりのポイントを入手することができるアメックス公式の「ご紹介プログラム」があります。知り合いに既存会員がいらっしゃる方は紹介してもらうと、とてもお得に入会できます。

    もし既存会員に知り合いがいない方は、わたしがすでに会員ですので紹介プログラムへの紹介をすることができます。

    下記の「メールフォーム」または「LINE」からご連絡頂ければ、すぐに届く返信メールに記載されたリンク先から公式サイトの申し込みページにいけますので、そこから申し込むと紹介プログラムとしてポイント獲得の権利が適用されます。

    <ご紹介プログラム (200,000ポイント獲得権利)>

    SPGアメックスに興味がある方は下記メールフォームまたはLINEからご連絡頂ければすぐに紹介プログラムに関する情報をお送りします!

    ●メールフォームによるご連絡

       

      ●LINEによるご連絡

      ※紹介リンクをすぐにお送りします

      ※当サイトは申込み者様の個人情報は一切知り得ませんのでご安心下さい。

      ※紹介リンクが届かない場合は迷惑メールをご確認下さい。

      お得な海外への行き方!ポイントサイトを活用して無料航空券にしよう!

      わたしは、頻繁に海外旅行に出かけますが、ほとんどがANAの特典航空券を利用した旅行です。

      タイやシンガポールなどの東南アジアであれば、必要マイル数が少ないため、ポイントサイトに登録すれば本当に簡単に貯めることができます。

      海外旅行によく行かれるはご存知の方も多いと思いますが、ポイントサイトを活用したマイルの貯め方はとても簡単ですのでぜひ試してみるとよいでしょう。

      具体的には、ポイントサイト「ハピタス」を利用してポイントを大量に獲得し、それをマイルに変換するという方法です。

      ANAのマイルを効率的に大量に貯めることができる方法について下記の記事で詳しく紹介しましたので、興味がある方は下記のまとめを是非チェックしてみて下さい。

      マイルを効率的に貯める方法(裏技)について

      ANAマイルを大量に貯める方法を日本一簡単にまとめてみた!

      ポイントサイト「ハピタス」についても、記事にまとめました。

      ポイントサイトとは、買い物をしたり、アンケートに答えたり、クレジットカードに申し込んだりするだけで、無料でポイントが貯まり、それをマイルや現金に変換できるという画期的なサイトです。

      ハピタス」は、ネット上では以前からとても有名なポイントサイトでしたが、出川哲朗さんやゆりやんさんのCMによって一般の方の知名度もうなぎ登りの超お得なサイトです。

      ハピタスへの登録はこちらからできます。

      →「ハピタス公式サイト

      NYに行くなら電子版のガイドブックは必須!

      最近は「地球の歩き方」や「るるぶ」など、Kindleで電子版のガイドブックを購入することができます。

      旅行先で重たいガイドブックを持ち歩く必要もなく、スマホ、タブレット、パソコンなどで手軽に見ることができますので、とてもおススメです。

      今月のおすすめ商品を紹介します!

      人気サービス「Amazonオーディブル」が聴き放題になりました!

      これまでは、単品で作品を購入するしかありませんでしたが、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめるようになりました。

      「Amazonオーディブル」は次のような場面で、何か別の事をしながら知識をインプットできるという利点があります。

      ・散歩中に聴く読書

      ・ベッドで寝転びながら聴く読書

      ・家事をしながら聴く読書

      ・仕事中に聴く読書

      電車での移動、お風呂場、就寝前などに、目を使わなくても、耳から自然に書籍の膨大な情報をインプットすることができ、めちゃくちゃ有益です。仕事中の暇な時にも、こっそりと「耳で読書」ができたりするので、暇な時間を利用して人生を変えるきっかけになるでしょう。

      わたしは、1年以上Amazonオーディブルを毎日のように使っていますが、自信をもっておすすめできるサービスです。「30日間の完全無料体験」がありますので、この機会にぜひ試してみて下さい!

      Amazonオーディブル無料体験はこちらから
      オーディブル公式サイト




      関連記事はこちら



      サイトマップ

      各カテゴリーをタップ!


      スポンサードリンク


      スポンサードリンク

      お問合せ