【英語学習】TOEIC900点を取るまでに使った、たった4冊の「単語帳」はこれだ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

TOEIC900点を取るまでに使った、たった4冊の「単語帳」はこれだ!

わたしがTOEIC900点を取得するまでに使用した、初級者から中級者におすすめできる4冊の「単語帳」についてシェアしたいと思います。

書店には、膨大な種類の単語帳があり、どの単語帳をやればよいのか決めるだけで時間がかかってしまいます。わたしも単語帳を購入して、実際に学習を始めるまでにネット上の情報など、いろいろと調べました。そして、自身の体験をもとに、初級者から中級者の方々におすすめできる4冊の単語帳について、シェアしたいと思います。

わたしは、TOEIC900点を取得するまでにこれらの単語帳以外に、単語帳を使用した単語学習は行っていません。単語帳としては、これらの4冊を学習すれば、TOEIC900点までは十分対応できる確信しています。

4つの単語帳を学習した順序について

わたしがTOEIC900点を取るまでに学習した単語帳は下記の4冊です。

これらを学習した順に並べると下記のようになります。

「DUO3.0」→「速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4」→「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」→「ワードスター アドヴァンスト1300」

これらの4冊の単語帳にわたしなりに難易度の序列をつけるならば、下記のようになるでしょう。

「DUO3.0」<「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」≦「速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4」<<「ワードスター アドヴァンスト1300」

いずれもTOEIC対策としては必須の単語帳ですが、この中で「ワードスター アドヴァンスト1300」に収録されている単語は、TOEICに出題されるレベルの単語と比較して、少し難易度が高くなっています。

しかし「ワードスター アドヴァンスト1300」が飛びぬけて難しいというとそうでもありません。「ワードスター アドヴァンスト1300」の内容は、ニュースや洋書などにも頻出しますので、見出し単語はすべて覚える必要があります。

わたしがTOEIC900点を取得後に始めた「パス単1級」という英検1級用の有名な単語帳があります。「パス単1級」をやってから「ワードスター アドヴァンスト1300」をみると、決して難易度は高くなく本当に暗記が必須の単語ばかりだと改めて感じます。

ディーン
これらの4冊の単語帳は、わたしが実際に使用して自信をもっておすすめができるものです。ぜひ単語帳選びの参考にしてみて下さい。

単語帳の使い方

わたしは、単語帳を下記のように使用しています。

1.1日約100~200語単位で学習します。その時、たとえ単語を完全に覚えられなくてもどんどん進めていきます。

→1回や2回の学習では覚えられないのが当たり前です。10回~50回繰り返す事を前提にしましょう。

 

2.単語帳を眺めるだけではなく、集中して覚えましょう。

→集中して覚えようとして結果的に覚えられなくてもよです。覚えようとすることが大事です。書き取りは書くことが目的化してしまいますし、時間がかかるのでやらなくてよいです。付属の音声CDがあれば聞いた方が覚えやすいです。

 

3.1つの単語帳を1週間~15日ほどで終えましょう。

→ひとつの単語帳を1周するのに1カ月も2カ月もかけると、2周目には最初の方の単語を完全に忘れてしまいます。同じ単語に何度も出会うために、出来るだけ早く単語帳を回しましょう。

 

4.1~3を繰り返します。

→単語帳を繰り返すにつれて負荷が減ってきます。最終的には、1時間ほどで単語帳を1周できるようにしましょう。個人の記憶力にもよりますが、単語帳の見出し語を全て覚えるには50周~100周以上はサイクルを廻す必要があるでしょう。

 

5.相性が悪く、どうしても覚えられない単語は別途覚えましょう。

→たとえば「Anki」などの忘却曲線を利用した単語帳アプリに覚えられない単語を入力し、毎日学習しましょう。そうすると不思議と覚えられます。またgoogleのイメージ検索をしてイメージで覚えると印象に残り覚えやすいです。

このように、単語帳は一語一語時間をかけて暗記するのではなく、短時間で大量の単語を覚えていくと効率的です。その時、何度も単語帳を繰り返すことがポイントです。このような単語暗記方法は、後述する英語講師の関正夫先生も推奨しています。

 

では、ここからそれぞれの単語帳について具体的に説明していきたいと思います。

DUO3.0

まず、わたしが英語学習を再開して始めに取り組んだ単語帳はこちらのDUO3.0です。別売CDもとても大事ですので「復習用CD」は必ず購入して下さい。

こちらの単語帳は非常に有名で英語学習者ならほとんどの方が知っていると思います。どんなに小さな書店でも販売しています。短文の中に覚えようとする英単語が散りばめられており、短文の暗記を通して、英単語が同時に覚えられるという、画期的な単語帳です。

「DUO3.0」のメリット

・レイアウトが非常に考えられています。例えば、例文と単語はどのページもページをまたいで掲載されていません。全てが見開きページに収まっていますので、とても学習しやすいです。

・短文がとても自然です。会話文と叙述文がありますが、特に会話文はそのまま英会話として使用出来るくらい自然です。短文が自然なので、短文自体が覚えやすいですし、覚えがいがあります。

「DUO3.0」の学習方法

とにかく、何回も回してください。最初は1冊を読み終えるのに時間がかかるかもしれません。最終的には1冊を「復習用CD」と同じスピードで読み終える速さになるように学習して下さい。復習用CDはちょうど60分です。60分で、1冊を読み終える(もちろん意味も全て分かる)ようになるのが目標です。

そのレベルまで到達するのに、おそらくDUO3.0を100周から200周以上はしなければならないと思います。(個人の記憶力によります。わたしも出会ったことがありますが、世の中には本当に記憶力がよい人がいます。わたしの記憶力は一般的なので、100周くらいは必要でした。)

学習する際は、書いて覚えるのではなく、CDを聴いて覚える方がよいです。単語を書いて覚えると、時間がかかりすぎてしまいます。別売の復習用CDが適度な速さでよくできていますので、何度も聴いて覚えるとよいでしょう。

また、前述しましたが「1日10単語を完璧に覚えて、次の日はまた10単語を覚える」というやり方では無く、「1日にできるだけたくさんの単語(100単語とか)を完璧に覚えていなくても進める」というやり方で、とにかく単語帳を回す回数を増やします。

理由は、10語を完璧に覚えようとしても長期的には絶対に忘れます。1日にたった10単語覚えただけでは、次にその単語に出会うのは1ヶ月も2ヶ月も先になってしまいます。その時には、その10語は、すでに初めて見た単語と変わらないくらいの存在になっているでしょう。

とにかくどんどん回数を回して、その単語に出会う回数を増やしましょう。

ディーン
DUO3.0は英語を学習している方なら一度は耳にしたことがある単語帳だと思います。評判通り、とてもよくできた単語帳です。単語の覚えやすさが徹底的に追及されており、最初に学習する単語帳としてとても優れています。

速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4

DUO3.0を覚えた後、それよりも難易度の高い単語帳を探していました。今度は気分転換に短文形式の単語帳以外の単語帳も使用してみたくなりました。

そして選んだのが、「速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4」です。こちらは、章の最初に長文があり、その文章の中に単語が散りばめられているという形式(ここでは長文形式と呼ぶ)になります。

「速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4」のメリット

これは長文形式の単語帳ですが、その長文は実際の英字新聞などから抜粋された文章です。よって、長文を読むこと自体が読解の学習になりますし、実際に使用されている生きた単語を覚えることができます。

単語の難易度ですが、個人的には、DUO3.0より少しだけ難しい程度で、英語学習を進めていく上では、全て覚えるべき単語でした。DUO3.0の次に学習する単語帳として、難易度は最適でした。

各単語には類義語や対義語など、詳しく説明が書いてあります。初めのうちは、それらは無視して見出しのみ覚えていきました。何度も繰り返して覚えているうちに、余裕が出てきてから覚えていく程度でよいと思っています。

「速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4」の学習方法

こちらも、DUO3.0と同様に何周も回し、回数をこなして覚えていきました。ただし、こちらは短文ではなく長文なので、わたしの場合は、長文は覚えず、単語のみを重点的に覚えていきました。DUO3.0は、短文自体を覚えましたが、この長文を全て覚えるには負荷が高すぎると判断しました。

ディーン
「速読速聴・英単語 Core 1900 ver.4」の難易度は、DUO3.0の次に学習する単語帳としてぴったりです。見出し語が実際の文章で使用されていますので、印象に残りやすいです。

新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

こちらも、英語学習者の中では有名な単語帳です。上記の2冊とは違って、TOEICという資格試験に特化した単語帳です。

さすがにTOEICに特化した単語帳の中で最も評判がよい書籍だけあって、TOEICを受験するならば絶対に知っておきたい単語ばかり並んでいます。

以前から、この単語帳の存在は知っていましたが、TOEICの単語はそんなに難しくないので、DUO3.0だけでTOEIC対策は十分だと思っていました。しかし、実際にこの単語帳を使用してみて思うのは、TOEICを受けるなら、この単語帳は必須だということです。DUO3.0やCore 1900は素晴らしい単語帳ですが、TOEICに特化しているわけではありませんので、上記の2冊だけではかなり抜け落ちていたことに気付かされました。

「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」のメリット

とにかく、TOEICを受ける人は必須の単語帳です。これをやらずにTOEICを受けるのは、鉄砲を持たずに戦に行くのと同じくらい愚かなことです(笑)。せっかく、お金を出してTOEICを受けるなら、この単語帳を学んでから受けましょう。

TOEICメインの学習をするならば、(単語帳としては)これだけを学習してもよいくらいです。下記の記事にも書きましたが、この単語帳だけで、TOEICの(語彙力という観点においては)十分に高得点は狙えるでしょう。

何と言っても、ここに掲載されている単語が、そのまま本試験に出ます。(実際には、本試験に出たものがそのまま収録されています。)

単語帳の形式としては、日本語をみて英語を答えるという方式になっています。よって、実際のTOEICの試験より、負荷が高いです。

一般的に、英単語を見て日本語を答えることは簡単にできても、日本語を見て英単語を答えるのは難しいです。よって、それが出来るようになれば、本試験の時に、その単語に出会っても確実に意味が分かるようになります。

「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」の学習方法

こちらも、とにかく回数をこなしましょう。最初は全然分からなくても、回数をこなせば、絶対に覚えられます。

回数で規定すると回数自体が目標になってしまいよくないのですが、わたしの場合はだいたい100回は回したと思います。日本語→英語ができるようになるまでやりました。

「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」のアプリについて

この単語帳の素晴らしいところは、アプリが発売されていることです。これが、非常に役に立ちます。

下記は、金のフレーズのアプリ版のメリットです。

1.クイズ形式なので、負担なく覚えられる。

まず、こちらはiPhoneのアプリですので、いつでもどこでも使用することができます。しかも、途中でやめても再開するときは続きからできますので隙間時間の学習に最適です。

 

2.ボタン1つで発音が聴ける

この機能が秀逸です。この単語帳の唯一の欠点が、「発音記号が掲載されていない」という点です。しかし、アプリであれば、発音記号どころか、発音がそのまま聴けます。やはりネイティヴの発音があると記憶に残りやすいです。

 

3.苦手な単語のみ集中して覚えられる

何度も不正解な単語や、自分でマーカーを引いた単語のみ集中して、繰り返し学習できます。何度も繰り返すことで、嫌でも覚えられます。
このように、始めのうちは紙の書籍で学習を進め、ある程度学習が進んでからアプリで学習をすると効果的です。

ディーン
TOEIC対策の単語帳としては「新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ」が断トツで優れています。出題頻度、単語帳としての覚えやすさ、誌面のレイアウトなどどれをとってもピカイチです。

ワードスター アドヴァンスト1300 – Wordster advanced 1300

こちらの単語帳は、DUO3.0と同様な短文形式の単語帳です。DUO3.0よりも難易度が高くて、短文形式の単語帳を探していたところ、この単語帳を見つけました。

実際にやってみての感想としては、DUO3.0より、かなり難易度が高いです。特に政治や経済関係の単語など、普段使用しない単語が多いため、非常に覚えにくかったです。

TOEICの点数で換算すると900点レベルの単語帳と、よく言われていますが、確かにそれくらいの感じでした。

ただし、難しいと言っても、英字新聞などでは普通に目にする単語ですし、ネイティヴからしたら、日常的によく使う単語ばかりだと思います。私も、この単語帳を学び始めたばかりの時、知り合いのネイティヴにこの単語帳の難易度を聞いてみました。

その結果、ネイティヴからみるとこの程度の単語は、まったく難しくないようです。この単語帳の内容は、TOEICで高得点を目指すなら最低限知っておくべき単語レベルでしょう。

「ワードスター アドヴァンスト1300」のメリット

この単語帳も短文形式なので、短文自体を覚えることで、単語を覚えることができるため、大変効率がよいです。

DUO3.0よりレベルが高いため、重複している単語がなく、DUO3.0の次の単語帳としてとても使い勝手がよいです。

例文に関しては、掲載されている単語自体が難しいため、DUO3.0のような自然な例文になっていないのですが、ただ単に単語を羅列してある単語帳と比較すると、断然簡単に暗記できます。

「ワードスター アドヴァンスト1300」の学習方法

この単語帳は、DUO3.0と同じ短文形式なので、学習方法もDUO3.0と同じように学習しました。何度もCDを聞きながら単語帳を回していくやり方です。

DUO3.0より難易度が高いため、私の場合は覚えるのに結構時間がかかりました。おそらく300周くらいはしたと思います。最後の方は、覚えていない単語のみを抽出して、Ankiに入れ、重点的に覚えました。

ディーン
「ワードスター アドヴァンスト1300」はDUO3.0と同様な短文形式なのでとても覚えやすいです。この単語帳を学習し始めたときは、難易度が高いと感じるかもしれませんが、見出し語はどれも一般的に使用される必須の単語です。

まとめ

単語帳学習は、語彙力を上げるために非常に効果的です。多読をして、出会った単語を覚えることで語彙力を上げるやり方もあると思いますが、単語帳を使った方が、短時間で効率的に覚えることができると思っています、

本屋に行くと、数多くの単語帳が発売されており、どの単語帳を使えばよいか、悩んでしまうかもしれません。

私は、インターネットや英語学習書籍での評判から、上記の4冊を重点的に学ぶことで、TOEIC900点を突破する事が出来ました。

単語帳は相性があると思います。しかし、ある程度評判がよい単語帳を使用すれば、単語帳選びに間違えるという事はないです。単語帳を選ぶことに時間を使用するよりも、実際に単語を覚えた方が時間を有効に使用できるでしょう。

ディーン
上記の4つの単語帳については、わたしが実際に使用してみて自信を持っておすすめできる単語帳です。

補足:関正生先生の英単語暗記の方法論について!

カリスマ英語教師の関正夫先生をご存知でしょうか?

わたしが全信頼を寄せる関正生先生の講義が受けられる「スタディサプリENGLISH」のTOEIC対策コースを受講していたところ、「単語学習」に関する面白い講座がありましたので紹介したいと思います。

それは、関正生先生による「英単語の覚え方のガイダンス講座」です。

詳細はネタバレになってしまいますので割愛しますが、関正生先生の単語の暗記方法は、わたしの方法とかなり近い考え方でした。「スタディサプリENGLISH」の関正夫先生の講義動画を見ると、単語の暗記がとても効率よくできるようになると思います。

単語学習に関する方法論が、とても具体的に解説されているからです。

スタディサプリENGLISHのTOEIC対策コースは7日間無料で体験できますので、まだ見ていない方は必ず見た方がよいと思います。

視聴方法はとても簡単です。まず「スタディサプリENGLISH公式サイト」で無料体験の登録をします。その後、スマホで専用アプリをダウンロードして視聴するか、パソコンで視聴します。

関正夫先生の「英単語の覚え方ガイダンス」を見るには、下記のメイン画面にある「TEPPAN英単語」に入ります。

そうすると「ガイダンス動画」を見ることができます。

このガイダンス動画で、関正生先生による英単語の覚え方の講義を見ることができます。

この講座を視聴するとそのノウハウは一生使えますので、いちど見ておくと今後の学習効率がとても高くなります。

特に英単語がなかなか覚えられないという方や、テスト前の受験生、社会人の方で効率的に単語を覚えたい方に役立ちます。

無料体験や詳細は、下記の公式へのリンクから簡単に行えます。申し込みは5分程度で完了し、申し込み後、すぐに無料で講座の視聴を開始できます。

スタディサプリENGLISH 公式サイト(無料体験申込み)

TOEIC関連記事

他にもTOEIC関連記事を公開しています。下記のリンクからご覧ください。

TOEIC学習法まとめ

TOEIC900点を取るまでに使用した全教材(参考書/問題集)について!

スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースのレビュー記事 一覧

スタディサプリの体験記事のレビューはこちら

TOEIC関連記事はこちらからどうぞ(パート別対策、TOEICのTIPSなど)

TOEIC関連記事

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ