【TOEIC新形式】「おすすめ学習法シリーズ④」初中級者を悩ますPart3,4の学習方法について!

green19_taisyoku20141123133801_tp_v

TOEICが「新形式」になってから、全体的に難易度が上がったと言われていますが、このPart3,4に関しては、特に難易度が上がったという印象は受けません。

TOEICerと呼ばれるTOEIC満点講師たちのブログやTwitterを読んでいても、Part3,4については、難易度の変更は無いと考えている方が多いようです。

ただし、「新形式」になってから、下記のように問題形式にいくつか変更点がありました。

<Part3>

・問題数が30問から39問へと増加

・話者が3人となる問題が出題。(今までは最大2人だった)

<Part3,4共通>

・会話と同時にイラストを見て回答する問題が出題

実際のところ、以上の変更によって難易度が上がったとは感じませんが、話者が3人になる問題は少し混乱しますので、それについては事前の対策が必要です。

TOEICテストのPart3,4とは?

TOEICの公式サイトにはPart3,4について下記のような説明があります。ご存じの通り、Part3は2人または3人による会話問題、Part4は話者1人による説明文問題です。

<Part3>

会話問題 39問
2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。 各会話には設問が3問ずつある。

<Part4>

説明文問題 30問
アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。トークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。各トークには質問が3問ずつある。

よく、Part3の会話問題と、Part4の説明文の問題とのどちらが難しいかが話題になる時があります。どちらを難しく感じるかは本当に人それぞれです。わたしは、Part3の方が得意と感じています。話者が2人いる方が、ストーリーの展開が分かりやすいためです。Part4ですと、話者がひとりでどんどん話が進んでいくために、まれにストーリーを追いきれない事があるためです。

TOEICの満点講師の方々の書籍などを読んでいても、どちらが簡単で、どちらが難しいということはあまり無いようです。ほんとうに個人の得意・不得意は人それぞれという感じです。

Part3,4対策の問題集は?

Part3,4の問題集は書店にいくと大量に並んでいます。その中でも、自分が実際にやってみて信頼できると思った書籍をシェアしたいと思います。

Part3,4対策の問題集で、本当に信頼できる問題集はあまりなく、まだ下記の3冊しか見つけていません。基本的には、下記の問題集と公式問題集を解くことで対策をしています。


まずは、有名な「究極のゼミシリーズ」のPart3,4対策の問題集です。こちらは、TOEIC受講者必須の問題集といってもよいほどおススメですので、(お金がある方は、)是非購入して下さい。

この問題集の特徴として、下記のような特徴があります。

・問題集の構成として、問題をいくつかのパターンに体系化されていますので、様々な問題に対して、問題を頭の中で整理することができます。

・正解・不正解の理由がかなり細かく解説されていますので、初級者の方でも「問題のポイント」を容易に理解する事ができます。

・TOEIC講師と受講生が対話しながら問題に取り組むコーナーがあり、授業を聞いているように解説を聞くことができ、非常に分かりやすいです。

このように、「特急シリーズ」は全シリーズを通してAmazonでの評価やネット上での評価も高く、とても信頼できる問題集です。↓↓↓

次に、こちらも有名な「特急シリーズ」のPart3,4対策の問題集です。著者は、TOEIC界でも有名な神崎正哉先生です。著者だけ見ても、信頼できますね(笑)。

この問題集の特徴として、下記のような特徴があります。

・サイズが新書サイズなので、とても持ち運びしやすく、隙間時間に学習がはかどる。

・リーディングの問題であるが、音声がダウンロードでき、TOEICだけでなく英語全般の総合的な学習になる。

・著者がTOEICを毎回受験しているため、問題に精通しており、最新の出題傾向を反映された問題ばかりである。

こちらも、Amazonやネット上での評価は非常に高く、演習を行うのに値する問題集となっています。↓↓↓

以上が、おススメの書籍3冊でした。

わたしのPart3,4の解き方

「先読み」をするか、しないか?

まず、Part3,4の解き方として、「先読み」をするか、しないか、があります。

「先読み」とは、前の問題を素早く解き終え、前の設問が流れている間に次の設問を予め読んでおくことです。一般的に、Part3,4で高得点を上げるには、「先読み」をして、リズムよく回答していくことが重要だと言われています。

TOEICerと呼ばれるTOEIC満点講師の方々の中にも、先読みをする方としない方がいるようです。わたしの知る限り、ほとんどの方々は先読みをします。例外として、神崎先生は先読みをしないようです。先読みをしても、先読みをしなくても、満点は取れるようですが、個人的には高得点を取るためには先読みは必要だと思っています。

ちなみに、神崎先生を含むTOEIC満点講師の3人の方々の解き方を詳細にレビューした書籍が下記にあります。これを読むと、どのような流れでTOEICを受ければよいのかとても分かりやすいです。

わたしのPart3,4の解き方ですが、先読みは必ずします。先読みをかなり重要ししており、おそらく先読みをしなかったら、かなり点数が下がってしまうと思います。

まず、Part3の「説明(ディレクション)」が流れているときに、1問目の設問を読みます。その後、1問目を素早く解き、1問目の設問が流れている時に、2問目の設問を読みます。それをリズムよく最後まで続けていきます。

先読みのリズムが崩れた時、(つまり、前の問題の回答に時間がかかりすぎて、前の問題の設問が読み上げられている時に、次の問題の設問が読み切れない場合)は、前の問題を回答することをあきらめてでも、次の問題の「先読み」の方を重視します。

その理由は、前の問題に時間がかかっているという事は、前の問題に自信が無いため、このまま回答を続けても間違える可能性が高い、それならば、次の問題の3問を先読みして、確実に正解したほうがよい。という考えからです。

わたしは、先読みをする際に、設問(選択肢含む)を全て読みます。もちろん、時間が非常に限られているため、全部を読めない時もありますが、高速で全部を読むように心がけています。ここでいう「全部を読む」というのは、先読みをして設問の全てを完全に記憶する、というのではなく、「なんとなく」どんな設問があるのか頭の中に軽くインプットする、といった感じです。「速読」の手法に近いのかもしれません。「読む」のではなく、全体を「見る」感じです。

言い換え問題を攻略しよう

言い換え問題とは、問題文では「XX」と言われていた単語が、設問では「YY」と呼ばれることです。これは、Part3,4には非常に多く出題されます。具体的には、問題文では「submit(提出する)」という単語が、設問では「hand in(提出する)」という同義の単語に置き換えられていることを言います。

この「言い換え問題」は、その単語が何に言い換えられるのかをあらかじめ知っていないと、回答出来ない問題がほとんどですので、事前の対策が必要です。上記に紹介した問題集や公式問題集でも「言い換え問題」を考慮しており、十分に演習できますが、下記の書籍は言い換え問題に特化して整理されており、非常に有効でした。(よく、こんなに集めたなと思います。)

とにかく、問題を多く解こう!

Part3,4の対策は、とにかく問題を多く解くことに尽きます。「公式問題集」「上記に挙げた信頼できる問題集3冊」(+できれば「韓国模試」)を繰り返し解くだけでも、相当力はつきます。わたしの場合、初めのころはPart3,4に苦手意識を持っていたのですが、いまでは、Part3,4の問題はほとんど聞き取れるようになりました。(←聞き取れるだけで、全問正解するとは限らないが…)それまでに行った問題集は、基本的に上記の問題集のみです。

とにかく、問題を多く、繰り返し解くことです。

公式問題集の有効性については、下記に書いてありますので、参考にしてください↓↓↓

main_item【TOEIC新形式】「おすすめ学習法シリーズ①」TOEIC対策は、公式問題集から始めよう!
TOEIC公式問題集は、TOEIC学習の基本です。 TOEICを始めて受験する方も、何度も受けたことがある方にも、最も重要かつ基本となる対策...

問題集以外で、Part3,4の力をつけるには

Part3,4は、短い会話文や説明文です。これに慣れるには、もちろん多くヒアリングすることが重要です。TOEIC専用の問題集を解く以外でも、日常的な学習で力をつけられれば、TOEIC以外での総合的な英語学習として有効ですし、より実践的です。

いま、巷に英語教材などの情報が溢れすぎていて、問題集以外で何を学習すればよいか、迷ってしまうかもしれません。わたしは、下記の「ニュースで英会話」をおすすめします。これは、テレビとラジオで放映されているのですが、下記のサイトには音声データに加え、「英文」「日文」も載っています。非常に、「よくできた」サイトです。

見てもらえれば分かるのですが、1つ1つのニュースが完結で短く、Part4の練習には持ってこいです。ニュースで英会話の方がTOEICより難易度が高いので、これに慣れれば、TOEICが簡単に思えてくると思います。

このサイトは、無料なのに本当によくできていますので、是非ご覧になって下さい。↓↓↓

まとめ

Part3,4は、リスニングセクションのなかでも、最も配点が高く、難易度が高いパートです。このパートを攻略することは、TOEICを攻略する上で、非常に重要です。

・攻略法としては、とにかく「信頼できる問題」を何度も解く

・先読み、言い換え問題など、Part3,4特有の問題の対策をしておく

・問題集以外で有効なのは、「ニュースで英会話」

以上、Part3,4についての情報をシェアしました。

また、情報がありましたら追記していきたいと思っています。

ブログランキングに参加しています!
下記のクリックをよろしくお願い致します!


にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大