【語学学習】語学学習には「自炊(書籍のスキャン)」が必須な件!

71zb7k4n12l-_sl1500_

自炊(書籍のスキャン)とは

「自炊」とは、書籍を「裁断」して、自動スキャナーで「スキャン」し、PDFなどの電子データに変換することです。自分でデータを吸い上げることから、「自炊」と呼ばれるようになったようです。

自分で書籍を電子データに変換するには、パソコン以外に2つの機器が必要になります。それは、「裁断機」と「スキャナー」です。ネットで調べると分かりますが、これらの「裁断機」と「スキャナー」の評価はおおむね決まっていまして、裁断機は「プラス社のPK-513LN」、スキャナーは「ScanSnap iX500」という製品が優れており、人気が高いです。

私は、数年前に購入したため、型は古いですが、両者ともこのメーカーの製品を使用しています。スキャンの精度も高く、手軽に電子データ化ができるため、かなり重宝しています。今までに1000冊以上は自分で自炊を行いましたので、これらの製品は自分にとって必須で、その使用頻度から十分に元が取れたと思っています。

後述する、自炊化した電子書籍を使用した語学学習は、これらの機器を使用した自炊作業が前提となっています。

タブレット端末に大量の書籍を持ち運ぶ

以前から語学学習書を購入することが好きでしたので、単語帳や文法書、TOEIC本など、多くの参考書や問題集を持っていました。私は自宅で学習するよりも、カフェやコワーキングスペースで学習することが多いですので、それらの参考書は、出かける時の気分によって持ち運ぶ本を決めていました。

しかし、自炊をして電子データ化すると、本を持ち運ぶのではなく、「本棚」自体を持ち運べるようになります。参考書も1冊、2冊を選ぶのではなく、丸ごと数十冊を持ち運ぶことができるようになるのです。

これは、外出先で学習することが多い自分にとって、かなりの革命でした。

タブレット端末(自分はiPadを使用)は、一般的に書籍1冊分よりも薄く、軽いです。その中に本を1000冊も2000冊も入れることができるため、いつでも、どこでも、その時の気分にあった教材を学習できるというメリットが生まれました。

閲覧だけでなく、書き込みも可能

例えば、英語の問題集を解くとき、書籍に直接答えを書き込んだり、丸を付けたりしたくなるかと思います。タブレット端末を利用した学習でも、スタイラスペンで直接書き込みながら学習することは可能です。

具体的には、「Note Anytime」というiPadのアプリを使用して、PDFにスタイラスペンを使用して書き込んでいました。まるで、紙の問題集を解いているのと変わりない感覚で学習をすることができています。

スマホ(iPhone)からも閲覧可能

タブレットを持参していないときでも、iPhoneからでも自炊した参考書データを見ることもできます。これは非常に便利で、例えば隙間時間や会議中に暇なとき(笑)など、iPhoneのアプリによる学習ではなく、いつも使用している参考書を使用できるので、非常に学習効率がよいです。

まとめ

いつでも、どこでも、好きな教材で学習できるということは、本当に学習効率が上がり、便利です。参考書をスキャンして、タブレット端末に入れて大量に持ち運ぶ生活を始めてから、これ無しで外出するのは不安なくらい、必須なアイテムになりました。

今回は語学学習だけに特化して紹介しましたが、実際には自分の専門分野の書籍や小説、ノンフィクションなど、様々な書籍を電子データ化して楽しんでいます。

まずは、「自炊」するのに必要な2点セットである「裁断機(プラス社のPK-513LN)」と「スキャナー(ScanSnap iX500)」を購入して、自炊生活を始めてみてはいかがでしょうか?初期投資は若干高いですが、十分に元が取れる投資だと思います。

ブログランキングに参加しています!
下記のクリックをよろしくお願い致します!


にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする