すべての記事を表示するにはここをクリック!

【レビュー】防災グッズとしてアンカーの大容量モバイルバッテリー「Anker 325 Power Bank 20000mAh (ホワイト)」を購入しました!(災害対策/地震対策)

<景品表示法に基づく表記>当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しております

アンカーの大容量モバイルバッテリー「Anker 325 Power Bank 20000mAh (ホワイト)」を購入しました!

最近は地震が多いですね。日本列島は、南海・東南海地震前の地震活動期に入り、地震活動が活発になっています。いつ大地震が来てもできる限り(快適に)生き延びられるように、防災グッズを買って対策しています。

わたしは、食料や飲料水は十分に備蓄していますが、大地震の後の停電に備えて「電源」の用意が不十分でした。スマートホンが使えるかどうかは生命線となりかねません。

電源を確保するにあたって、「Anker Solix C1000 Portable Power Station」のような大容量バッテリーを購入することも検討しましたが、下記のような欠点がありました。

Anker Solix C1000のデメリット

  1. サイズが大きすぎて持ち運びに不便
  2. 価格が高価すぎる
  3. 完全に災害に特化しており日常使いはできない

Anker Solix C1000 Portable Power Station

それらの欠点を解決するために、小型かつ大容量のモバイルバッテリーを探しました。災害時に使用する機器は、スマートホンのみだとすると、それに特化した大容量モバイルバッテリーは20,000mAhあれば十分だと考えました。また、自宅だけでなく移動中や避難所にも持ち運べる大きさであることは必須でした。

結果として、モバイルバッテリーで最も信頼できるメーカーであるアンカーの「Anker 325 Power Bank 20000mAh」を2台購入しました。

「Anker 325 Power Bank 20000mAh」のメリットは下記の通りです。

Anker 325 Power Bankのメリット

  1. サイズが手ごろで持ち運びが容易
  2. 価格がとても安価
  3. 災害時以外でも移動・旅行など日常使いができる

今回は、実際に「Anker 325 Power Bank 20000mAh」を使ってみた感想を写真中心にレビューしていきたいと思います。

Anker 325 Power Bank 20000mAh

ホワイトモデル

ブラックモデル

Anker 325 Power Bankが届きました

Amazonで注文した翌日、「Anker 325 Power Bank 20000mAh」が2台届きました。

裏面にはスペック等の情報が細かく書かれていました。

表面はとてもシンプルです。アンカーの充電器は種類がとても多いですが、このモデルはシリーズ3というモデルのようです。

外箱から同梱物を取り出して並べてみました。モバイルバッテリー本体、USBケーブル、説明書が同梱されていました。

USBケーブルは、USB Type-A to USB-Cのタイプでした。汎用性があるケーブルです。

Anker 325 Power Bankをみていきます

「Anker 325 Power Bank 20000mAh」のデザインはシンプルでかっこいいデザインです。

表面には、モバイルバッテリー本体と同系色で目立たないようにさりげなく「ANKER」というロゴが印字されていました。

上部にはボタンがあり、これを押すことでバッテリーの残量が分かるようになっています。

USB Type-AとUSB-Cの2つのポートがあり、同時に充電に使用できるようです。これは便利な機能だと思いました。

裏面にはスペックなどが印字されていました。

Anker 325 Power Bankは安心の2台体制

わたしは、念のために「Anker 325 Power Bank 20000mAh」を2台購入しました。2台あると合計40,000mAhとなり、容量的に安心ができます。

また、同じサイズの製品なので災害に備えて保管しやすいというメリットもありました。

取り扱い説明書を紹介します

付属の取り扱い説明書を紹介します。

ぱってりー残量の表示方法やスマートホンへの充電方法などが説明されていました。

Anker 325 Power Bankのスペックについて

「Anker 325 Power Bank 20000mAh」を購入した決め手は、20,000mAhという大容量バッテリーだったからです。iPhone 14なら約4回もフル充電できます。

わたしは2台購入しており、さらにもう1台アンカーの20,000mAhのモバイルバッテリーを持っているので、iPhone 14を約12回もフル充電できることになります。

災害時で充電を節約しながら使うことを考えれば、これだけの容量があればバッテリーに関しては心配することはないでしょう。保険料として考えると安いものです。

下記は、サイズなどのスペックについての情報です。

サイズ約 163 × 81 × 24 mm
重さ約 475 g
ポート数2 (USB-C×1、USB-A×1)
出力 (MAX)15W
容量20000mAh

気になる評価や口コミは?

Amazonでは好意的なレビューが多くあり、★4.2の高評価でした。わたしも、Amazonで購入した時に、このレビュー数と高い評価を確認してから購入しました。

Amazonでの評価をいくつか抜粋してみます。

Anker製のバッテリー、充電機は何個か使っているのですがハズレはありませんオススメです

二泊三日程度なら旅先での充電はこれ一個で足ります。

海外で家族で安心してで使えました。機種も選ばず、他のレビューで重いとありましたが容量が大きいので仕方ないかなと購入。1台で皆使えるので気になりませんでした。安心のメーカーなのでオススメです。

他にもたくさんのレビューがありますので、気になる方はぜひご覧ください。(→Amazon公式サイトで評価をみる

まとめ

わたしが持っているモバイルバッテリーはすべてアンカーの製品です。モバイルバッテリーは出火したり爆発したりという事故が多く、安価でよく分からないメーカーの中国製品などは絶対に使わないようにしています。

アンカー製品はAmazonでも世界ナンバーワンのモバイルバッテリーブランドと書かれているように、信頼感と安心感があり、防災グッズとして適していると思いました。

Anker 325 Power Bank 20000mAh

ホワイトモデル

ブラックモデル

エラン
防災グッズとして大容量のモバイルバッテリーを買いましたが、薄型でデザインもよいので日常使いにも重宝しそうです!
<免責事項> 当ブログの内容は執筆時点での情報に基づいています。しかし、情報や状況は時間の経過とともに変わる可能性がありますので、最新の情報や正確性を確認するためには、関連する公式サイトや公的な情報をご参照ください。当ブログは、当ブログの情報を利用した結果として発生したいかなる損害に対しても責任を負いません。

今月のおすすめ商品!

人気サービス「Amazonオーディブル」が聴き放題になりました!

これまでは、単品で作品を購入するしかありませんでしたが、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめるようになりました。

「Amazonオーディブル」は次のような場面で、何か別の事をしながら知識をインプットできるという利点があります。

・散歩中に聴く読書

・ベッドで寝転びながら聴く読書

・家事をしながら聴く読書

・仕事中に聴く読書

電車での移動、お風呂場、就寝前などに、目を使わなくても、耳から自然に書籍の膨大な情報をインプットすることができ、めちゃくちゃ有益です。仕事中の暇な時にも、こっそりと「耳で読書」ができたりするので、暇な時間を利用して人生を変えるきっかけになるでしょう。

わたしは、1年以上Amazonオーディブルを毎日のように使っていますが、自信をもっておすすめできるサービスです。「30日間の完全無料体験」がありますので、この機会にぜひ試してみて下さい!

Amazonオーディブル無料体験はこちらから
オーディブル公式サイト

お問合せ

ABOUT US
エラン
理系の大学院卒業後、研究所で専門職として勤務。ビジネスマンとして多くの出張経験とシンガポール駐在経験あり。国際部門に所属し、語学(英語・中国語)を学習・活用中。現在、生活を豊かにするガジェット活用術、海外出張経験を活かした旅行術、効果的な語学の学習方法などをブログで発信しています。資格:英検1級、TOEIC945点、HSK6級、中検2級。