すべての記事を表示するにはここをクリック!

【レビュー】ホワイトなモニタースピーカー「reProducer Audio Epic 5 White(限定モデル)」をレビューします!(リプロデューサー・オーディオ エピック5)

<景品表示法に基づく表記>当サイトはアフィリエイトプログラムに参加しております

プライムデーに合わせて無料体験キャンペーンが開催されています!

このレベルは滅多にない機会、体験必須です!

Amazon Music Unlimited 5か月無料 (7/18まで)

kindle Unlimited 3か月無料 (開催期間不明)

Audible 3か月無料 (7/22まで)



ホワイトなモニタースピーカー「reProducer Audio Epic 5 White(限定モデル)」をレビューします!

パソコン用のモニタースピーカーを1年以上探し続けて、欲しかった「reProducer Audio Epic 5」のホワイト限定モデルを購入しました。

結論から言うと、音質はもちろん、デザインも最高でとても気に入っています。毎日書斎のデスクに座って音楽を聴くのが楽しみになりました。

今回は、実際に「reProducer Audio Epic 5 White(限定モデル)」を使ってみた感想を写真中心にレビューしていきたいと思います。

Epic 5 (White)(限定モデル)

Epic 5 (Black)

EPIC 5を購入するまでに…

「reProducer Audio Epic 5 White」を購入するまでに、いくつかのスピーカーと比較検討をし続けました。最終的にEPIC 5は最善の選択だった思っていますが、どのスピーカーと迷ったのか記録しておきます。

最も重要視したのは音質とデザインです。特に目指すデスク周りのデザインに合う「ホワイト」なスピーカーであることは必須でした。その中で下記の3つのスピーカーが候補に挙がりました。

Audioengine オーディオエンジン A5+

Genelec ジェネレック G One

KRK RP5 Rokit 5 G4

どれも音質はとても評判が良いスピーカーです。価格は10万円以下、リーズナブルでデザインも悪くないのでどれを買っても間違いないと思っていました。

予算をさらに上げて調べていくと今回購入した「reProducer Audio Epic 5」の限定ホワイトモデルを発見しました。デザインは最高に好みで、音質の評判も良いです。限定モデルで入手困難でしたが、なんとか探し出して入手することができました。

Epic 5 White (限定モデル)

決め手になったのは、そのデザインのカッコよさです。単純な四角形ではなく、少し斜めになった形状がシンプルでありながらもデザインとして素晴らしいです。この斜めの形状は単なるデザインだけでなく、音質的にも意味がある形状になっているらしいです。ネットでの(未確認)情報によると、YOASOBIのAyaseさんも自宅で使っているということなので音質も間違いないでしょう。

また、購入後にX(Twitter)を見て知ったのですが、TeddyLoidさんもこのスピーカーを絶賛していたのを見つけ、さらに買ってよかったなと思えました。

EPIC 5が届きました

「reProducer Audio Epic 5」が専用のダンボールに入って届きました。

外箱にはスペックなどが記載されていました。

ダンボールの外箱を開けると、EPCI5と書かれた重厚なケースが現れました。

EPIC5を開封していきます

専用ケースを開けていきます。プロのエンジニアなどが持ち運びがしやすいように付属しているらしいですが、私は持ち運びはしないのでそのまま保管しておくことにしました。

ケースを開けると、説明書とスピーカー底に付けるスパイク、電源ケーブルが入っていました。

その下には、不織布にくるまれたスピーカー本体が収められているいました。専用ケースだけあって、寸分の余裕もなくぴったりと入っています。

不織布を開けると、スピーカーの底面が現れました。底面にはパッシブラジエーターがあります。

取り出して正面から見てみました。上部は1インチのツイーター、下部は5.25インチのウーファーがあります。

裏面から見てみます。背面の機能については、後述する説明書に説明がありました。

真っ白な筐体がカッコいいですね。

付属品は、電源ケーブル x 2、スパイク x 8、シリコンパッド x 8、reProducerのシールがありました。

日本の代理店を経由しているためか、日本のコンセントに変換するアダプターが同梱されていました。

底面にスパイクとシリコンパッドを取り付けました。

EPIC 5の詳細をみていきます

さっそくデスクに設置してみました。いい感じです。

電源ケーブルとXLRケーブルを接続しました。

「CANARE SPC03-B2-SA White」というケーブルを購入しました。片側がXLRオス、片側がTRSフォンになっているケーブルです。スピーカーの色に合わせてホワイトを探しました。スピーカー側はXLR、オーディオインターフェース側はTRSで接続しています。

AmazonでCANAREのケーブルを探す(→Amazonリンク

5.25インチのウーファー

1インチのツイーター

スパイクとシリコンパッドが振動のインシュレーターとして働き、音質が向上します。

音楽鑑賞はもちろん、これからDTMがはかどることでしょう。

付属のユーザーガイド紹介

reProducer Audioの公式サイトからも、PDFでみることができます。購入を検討されている方は必見です (→公式サイト ユーザーガイド)

reProducer Audio Labsの公式サイト

reProducer Audio Labsの公式サイトには、EPIC 5のとても詳しい説明がありますので、興味のある方は事前に見ておくことをおすすめします。

(上記画像: reProducer Audio Labs 公式サイトより引用)

reProducer Audio Labs 公式サイト

https://www.reproduceraudiolabs.com

日本代理店 Hook up 公式サイト

https://hookup.co.jp

reProducer Audio Labsの公式サイトにとても分かりやすい解説ビデオがありましたので紹介します。

まとめ

書斎やデスク周りの雰囲気に合わせてEpic5のホワイト限定モデルを購入できてよかったです。音楽環境の向上はもちろん、インテリアとしても最高の買い物でした。今後も、さらに機材を充実させていきたいです。

Epic 5 (White)(限定モデル)

Epic 5 (Black)

[/aside]
エラン
スピーカーを導入したことで、デスク環境がさらによくなりました!音楽鑑賞やDTMに励みたいと思います!
<免責事項> 当ブログの内容は執筆時点での情報に基づいています。しかし、情報や状況は時間の経過とともに変わる可能性がありますので、最新の情報や正確性を確認するためには、関連する公式サイトや公的な情報をご参照ください。当ブログは、当ブログの情報を利用した結果として発生したいかなる損害に対しても責任を負いません。





今月のおすすめ商品!

人気サービス「Amazonオーディブル」が聴き放題になりました!

これまでは、単品で作品を購入するしかありませんでしたが、12万以上の対象作品が聴き放題で楽しめるようになりました。

「Amazonオーディブル」は次のような場面で、何か別の事をしながら知識をインプットできるという利点があります。

・散歩中に聴く読書

・ベッドで寝転びながら聴く読書

・家事をしながら聴く読書

・仕事中に聴く読書

電車での移動、お風呂場、就寝前などに、目を使わなくても、耳から自然に書籍の膨大な情報をインプットすることができ、めちゃくちゃ有益です。仕事中の暇な時にも、こっそりと「耳で読書」ができたりするので、暇な時間を利用して人生を変えるきっかけになるでしょう。

わたしは、1年以上Amazonオーディブルを毎日のように使っていますが、自信をもっておすすめできるサービスです。「30日間の完全無料体験」がありますので、この機会にぜひ試してみて下さい!

Amazonオーディブル無料体験はこちらから
オーディブル公式サイト

プライムデーを記念して、なんとAudibleが3か月無料キャンペーン (7/22まで)を開催しています!滅多にない機会なので、体験必須です!

プライム会員限定キャンペーン

Audible 3か月無料 (7/22まで)

お問合せ

ABOUT US
リケログ / エラン理系専門職
理系の大学院卒業後、研究所で専門職として勤務。ビジネスマンとして多くの出張経験とシンガポール駐在経験あり。国際部門に所属し、語学(英語・中国語)を学習・活用中。現在、生活を豊かにするガジェット活用術、海外出張経験を活かした旅行術、効果的な語学の学習方法などをブログで発信しています。英検1級、TOEIC945点、中検2級、HSK6級