【受験記】CNNリスニング検定プレテストを受験したらCNNニュースがそのまま出題される難試験だった!


スポンサードリンク


スポンサードリンク




CNNリスニング検定プレテストを受験したらCNNニュースがそのまま出題される難試験だった!

日本でCNN ENGLISH EXPRESSという英語教育雑誌を出版されている「朝日出版社」が主催するCNNリスニング検定プレテストを受験しました。

テストを知ったきっかけは、Twitterでこの試験の募集の案内がリツイートで回ってきたためです。興味を持ったのですぐに応募してみました。

CNNリスニング検定プレテストの概要は下記の通りです。

(上記画像:CNN ENGLISH EXPRESS公式サイトから引用)

当選のお知らせがメールで届きました!

申し込み後、しばらくすると朝日出版社から「CNNリスニング検定プレテスト」の当選の知らせがメールで届きました。

受験するにあたって、この試験がどのような形式なのかインターネットで調べましが、全く情報がありませんでした。

公式サイトにも何の情報もありませんでしたので、試験の形式や内容が全く分からないまま、試験当日を迎えることになりました。

実際に受験してみました!

CNNリスニング検定プレテストは、4月22日の日曜日に高田馬場で開催されました。

会場は、ヒューマンアカデミー日本語学校という予備校のビルの6階で行われました。

ビルの前には、朝日出版社の係員が案内をしていました。さっそく、エレベーターで6階に向かいます。

6階で降りると受付があり、スーツを着た係員が3名対応していました。

案内に沿って進むと、小さい教室が10室くらい並んでおり、各教室で5人〜10人ほど受験ができるようになっていました。

わたしの受験した教室では、受験番号が15名分用意されていましたが、実際に在籍していた受験生は5名でした。欠席されたのか、元々割り当てられていなかったのかは不明です。

あとで分かりましたが、受験生は全員一斉にテストを受けるわけではなく、いくつかの時間帯に細かく分けられて、バラバラに受験しているようでした。わたしが受験した前の時間帯にもちょうど試験が終わった方、その後の時間帯にも受付をされる方がいました。

受験生は、若者からお年寄り、男性から女性まで幅広い年齢層でした。ぱっと見では、少し年齢層の高めの女性が多かったように思えます。

気になる試験の構成は?

何の前情報なしで受験しましたが、試験はとても難易度が高かったです。TOEICのリスニング試験とは比べ物になりません。試験の構成について簡単に記録しておきます。

試験はPart1からPart5までの5つのパートで構成されていました。試験時間は35分です。

スピーカーはSONYの小型スピーカー(恐らく下記のスピーカー)でしたので、TOEICよりも音質はよくありませんでした。

※試験当日に、特に試験内容については公表してはいけないというアナウンスはありませんでしたが、念のためTOEICと同様に試験内容については言及しないことにします。簡単な試験の概要と個人的な感想にとどめておきます。

Part1 フレーズ問題

短いニュースが流れ、そのニュースの中で使われた単語の意味を選択肢から選びます。

Part2 ディクテーション問題

あらかじめ印刷されているスクリプトに空欄があるので、その部分を聞き取って埋めます。Part2のみ問題文を2回聞くことができます

Part3 ショートニュース問題

短めのニュースを聞いて設問に答えます。選択肢は4つあります。

Part4 ニュース問題

長めのニュースを聞いて設問に答えます。選択肢は4つあります。

Part5 インタビュー問題

長めのインタビューを聞いて設問に答えます。選択肢は4つあります。

受験した感想は!?

CNNリスニング検定プレテストを受験した個人的な感想を簡単にメモしておきます。

・全ての問題は、実際のCNNニュースから切り取られた音声が使用されています。

・そのため、読み上げられる音声の速度はCNNニュースそのままです。

・ニュースやインタビューは、現場の周囲のノイズ(車の音や話し声など)まで入っていますので、とても臨場感があります。

・各パートのスクリプトはどれも長めなので、リテンション(記憶)力が必要です。

・設問も選択肢も長めのものが多いため、速く問題と選択肢を読む力も必要です。

・難易度はTOEICの比では無いくらい難しかったです笑。基本的にTOEICと問われている部分が全く異なりますので、TOEICで良い点数が取れたとしても、このテストで高得点を取るのは難しいと感じました。

・内容は政治的な問題から科学よりの問題まで幅広かったですが、政治的な問題が多いように記憶しています。

まとめ

CNNリスニング検定プレテストはとても難易度の高いテストでした。

CNNニュースがそのまま出題されますので、ネイティブの「ホンモノの英語」で自分の実力を試すことができますので、面白い試験ではあります。

今回は、プレテストということで無料で受験できましたが、これが有料になった時、どのくらい普及するかは興味深いところです。

今回のCNNリスニング検定プレテストの参加料として、下記の「CNN ENGLISH EXPRESS」の最新号が頂けるそうですので、とても楽しみにしています。




関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。