【初来日講演】必読!ダン・ブラウンが来場者におすすめした5冊の本とは!?新著「オリジン(Origin)」刊行記念の講演会に行ってきた!(ダン・ブラウン×池上彰の対談)


スポンサードリンク


スポンサードリンク

ダン・ブラウンの新著「オリジン(Origin)」刊行記念の講演会に行ってきた!ダン・ブラウンが来場者におすすめした5冊の本とは!?

2018年5月29日、銀座にある時事通信ホールにて、ダン・ブラウンの初来日公演会が開催されました。

わたしは、今までダン・ブラウンの著作をすべて読み、トムハンクス主演の映画もすべて見ており、とても興味を持ったためさっそく申し込みをして講演会に参加しました。

当日は、池上彰氏との対談もあり、とても充実した時間を過ごすことができました。

今回の記事では、当日の講演会の中でわたしが最も有益だと思ったダン・ブラウン氏の「推薦図書」についての情報をシェアしたいと思います。

ダン・ブラウン講演会の様子は?

初来日の講演会は、2018年に発売されたダン・ブラウンの新著「オリジン」の出版記念講演会でした。

よって、講演会も「オリジン」の舞台であるスペインや、テーマである「宗教、AI、人類の未来」といった内容が多く、とても楽しめました。

わたしは、この講演会に参加するにあたって「オリジン」を読みましたが、同じくラングドンシリーズの「ダビンチコード」や「デセプションポイント」などと同様に、読みだしたら止まらない面白さでした。

ダン・ブラウンやAI・宗教などに興味があり、まだ「オリジン」を読まれていない方は必読です。

ダン・ブラウンがおすすめする5冊の書籍とは!?

講演会の中で、最も興味深かったのは、質疑応答である方が質問された「おすすめの書籍は?」という内容に関するダン・ブラウンの回答です。

ダン・ブラウンのおすすめの書籍を読むことで、彼の思考の源泉を知ることができるからです。

質疑応答の回答で、ダン・ブラウンは下記の5つの書籍をおすすめの本として紹介しました。

5冊のうち2冊はAIなどのテクノロジー等に関する最新の書籍、残りの3冊はいわゆる古典本に属する書籍で、とてもバランスのとれた推薦図書でした。

では、さっそく5冊を紹介していきます!

 

①A Wrinkle in Time

1962年に書かれた子供向けのSF小説です。邦題は「五次元世界の冒険」とありますが、日本語版は現在は絶版のようです。子供向けですので、英語版でも読みやすいと思います。

Madeleine L’Engle (1962) A Wrinkle in Time(邦題:マデリーン・ラングル(1962)『五次元世界の冒険』)

 

②Life 3.0: Being Human in the Age of Artificial Intelligence

こちらは、講演会が開催された時点では未発売で、 2018年7月5日に発売されるようです。著者のMax Tegmark(マックス・テグマーク)は物理学者で数学や宇宙についての研究をされているようです。

Max Tegmark (2018) Life 3.0: Being Human in the Age of Artificial Intelligence(日本語未訳)

ダン・ブラウンが紹介した上記の書籍はまだ日本語版がありませんが、同じ著者であるMax Tegmark(マックス・テグマーク)によって書かれた本で、日本語訳がある本がありましたので、下記に紹介しておきます。

参考:Max Tegmark(マックス・テグマーク)の日本語訳本

 

③Enlightenment Now

2017年にアメリカでベストセラーになった書籍です。ダン・ブラウンが言うには、人類のポジティブな未来を描いた著作ということです。

Steven Pinker (2018) Enlightenment Now: The Case for Reason, Science, Humanism, and Progress(日本語未訳)

こちらの本もまだ日本語版はありませんが、Steven Pinker(スティーブン・ピンカー)による著作で日本語訳がされている著作はいくつかありましたので、下記に紹介しておきます。

参考:Steven Pinker(スティーブン・ピンカー)の日本語訳本をすべて見る(→Amazon

 

④聖書(Bible)

さすがキリスト教などの「宗教」をテーマとした作品を書かれるだけあって、おすすめ書籍として「聖書」を上げていました。

 

⑤シェイクスピアの作品

ダン・ブラウンは、シェイクスピアの作品から表現を学んだと紹介していました。シェイクスピアの著作は数多くありますが、最も有名であろう「ハムレット」をリンクとして掲載しておきます。

 

まとめ

・2018年5月29日に開催されたダン・ブラウン初来日公演会の中で、ダン・ブラウン本人からおすすめされた書籍を5冊紹介しました。

・これらの書籍は、まだ日本語訳されていないため英語版しかありませんが、ダン・ブラウンに興味がある方は必読の書籍です。(執筆時現在)

・これらの書籍をおすすめされた背景を知るには、ダン・ブラウンの新著「オリジン」を読むとよく分かります。この小説を読むことで「AIと人類の未来」についてダン・ブラウンの思考を理解することができます。

 

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。