【悲報!】「ぷらっとこだま」に乗り遅れたら 切符をもう一枚再購入することになってしまった話!(東京から名古屋へ移動)


スポンサードリンク


スポンサードリンク

「ぷらっとこだま」に乗り遅れたら 切符をもう一枚再購入することになってしまった話!

わたしは、新幹線に乗るときに時間に余裕があれば「ぷらっとこだま」を利用するようにしています。

ぷらっとこだまとは、JR東海ツアーズが販売しているツアーで、こだま号に乗ることでかなりお得に新幹線を利用することができるものです。

しかし、タイトルにあるように指定の「ぷらっとこだま」に乗り遅れ、大変な目にあってしまいました。

今回の記事では、わたしが「ぷらっとこだま」に乗り遅れた顛末を、皆さまの今後の参考のためにシェアしたいと思います。

「ぷらっとこだま」に実際に乗ってみた体験記については、下記の別記事でシェアしましたので参考にして下さい。

ぷらっとこだまに乗り遅れた!!

今回、わたしは東京駅から名古屋駅までのぷらっとこだまの切符を購入しました。

通常の「のぞみ号」の場合の運賃は10,880円ですが、「ぷらっとこだま」の場合は8,300円で新幹線に乗車でき、とてもお得です。おそらく、新幹線を利用した運賃の中では、最も安く移動できる手段です。

「ぷらっとこだま」は東京駅から購入しても、品川駅からも乗車することができます。よって、今回は東京駅からのぷらっとこだまを購入しましたが、品川駅から乗車することにしました。

しかし、それが今回の乗り遅れ事件を引き起こすきっかけとなったのです…。

なぜ乗り遅れたのか!?

購入した切符は東京駅発ですので、切符には東京駅からの出発時刻が「16:26」と記載されています。

しかし、実際に乗車する駅は品川駅からでしたので、切符に記載されている時間と齟齬が生じます。

品川駅に到着して電光掲示板を見ると、16:40発こだま号という表示がありましたので、これが自分が乗車するこだま号だと完全に思い込んでいました。(後で分かりましたが16:40発はひかり号でした。なぜ自分がこだま号と勘違いしたのか不明です…。)

実際には16:35発のこだま号がわたしが乗車するはずの新幹線だったのです。

乗り遅れに気付いたのは、本来わたしが乗らなければならない16:35発のこだま号新幹線が出発したすぐ後でした。

乗り遅れが分かった瞬間、しまった!と思いショックを受けました笑。

駅員に交渉してみた!

「ぷらっとこだま」は、乗り遅れた場合は何の保証もなく、払い戻しもできないことは知っていました。切符の表面にもそのことがしっかりと明記されています。

しかし、いざ自分が乗り遅れてみると何か救済策はあるのではないかと思い、藁をもすがる思いで駅員に懇願してみました。

駅員との交渉の結果は!?

その結果、無慈悲にも切符を再度買い直すしかないことが分かりました…。

駅員はとても丁寧な対応でしたが、毅然とした態度で切符を買い直すしかないと言いました。

分かってはいましたが、安く済ませようとして買った「ぷらっとこだま」のせいで、最終的に2倍近くの新幹線代を払うことが確定して、なんとも言えない気持ちになりました。

普通に乗り遅れるのならまだしも、安くしようとしたつもりが、結局高くついたという事実が、悔しさを倍増させました笑。

結局どうしたのか?

名古屋では仕事があったため、新幹線で向かわざるを得ませんでした。

よって、すぐ後の16:47発ののぞみ号の切符を、スマートフォンを使いEX予約で購入しました。

その価格、10,110円です。

最終的に東京から名古屋に行くために、「ぷらっとこだま代 8,300円」と「のぞみ代 10,110円」の「合計 18,410円」かかりました…。

せめてもの救いは、ぷらっとこだまで行った時よりも、約1時間ほど早く名古屋駅に到着したことくらいでしょうか笑。

まとめ:ぷらっとこだまに乗り遅れて学んだこと

今回の「ぷらっとこだま」乗り遅れ事件で学んだ教訓です。

・「ぷらっとこだま」はとてもお得な切符です。しかし、乗り遅れると救済策は(おそらく)ありませんので注意が必要です。

・いつも新幹線を利用するときは、乗り遅れても自由席に乗ればよいですし、切符が完全に無効になることはありえないため、時間をそれほど気にする必要はありません。その感覚に慣れていると、ぷらっとこだまの出発時刻への注意力が散漫になってしまいますので、気を付ける必要があります。

・わたしのように、東京駅発の切符を購入して、品川駅で乗るときには乗車時間が表示と異なりますのでしっかりとした確認が必要です。

とは言え「ぷらっとこだま」はとてもお得です

今回、ぷらっとこだまに乗り遅れて、無駄な運賃を払うことになってしまいましたが、時間のある時にはとてもお得な切符です。

新幹線の料金は基本的には安くなりませんが、(おそらく)唯一安くなるのがこの「ぷらっとこだま」です。頻繁に新幹線を利用する方は、うまく活用すればかなり交通費を節約することができます。

ぷらっとこだまに実際に乗車してみたレビューは下にまとめていますので、興味がある方はご覧下さい。

「新幹線+宿泊」でさらにお得なプランもあります

もし、新幹線だけではなくホテルへの宿泊も伴う旅行や出張の場合、大手旅行会社JTBが販売している「新幹線で行く!国内旅行!ダイナミックJTB」というパッケージプランがさらにお得になります。

詳しくは、下記の公式サイトから価格を見ることができますので、宿泊も伴う新幹線移動の場合はチェックしてみることをおすすめします。新幹線、ホテルをそれぞれ単独で申し込むよりも確実に安くなります!

ダイナミックJTB 公式サイト

新幹線で行く!国内旅行!ダイナミックJTB

新幹線・航空で行く!国内旅行!セットでおトク!ダイナミックJTB

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。