【宿泊記】ストリングスホテル名古屋に泊まったら名古屋駅近くのささしまライブに位置するコスパ最高のホテルでした!気になる評価や口コミは!?


スポンサードリンク


スポンサードリンク

ストリングスホテル名古屋に泊まったら名駅近くのささしまライブに位置するコスパ最高のホテルでした!

先日、名古屋出張に行った際「ストリングスホテル名古屋」に宿泊しましたので、宿泊記をシェアしたいと思います。

「ストリングスホテル名古屋」は名古屋駅からあおなみ線で1駅(所要時間2分)の「ささしまライブ駅」から徒歩3分の場所に位置しています。名古屋駅から歩いたとしても、約15分で到着することができます。

東京から名古屋へ新幹線で移動する際に、名古屋駅に到着する直前に左側に見えるため、気になっている方も多いでしょう。

今回の宿泊記では、ホテル全体の雰囲気を伝えるために、写真中心に紹介していきたいと思います。

(上記画像:Google Mapより引用)

名古屋駅近くの再開発地区「ささしまライブ」にあります

「ストリングスホテル名古屋」は、名古屋駅(名駅)に近い「ささしまライブ」という再開発地区にあります。

「ささしまライブ」はむかしは貨物駅だった地区を再開発してできた場所で、現在は「ストリングスホテル名古屋」の他に、商業施設、大手企業の本支社ビル、中京テレビ、愛知大学などが位置する名古屋の最新スポットとなっています。

(上記画像:ささしまライブ公式サイトより引用)

「ストリングスホテル名古屋」は、コーナー部分のデザインが特徴的です。こちらがホテルのメインエントランスとなっています。

下記は、Googleストリートビューの画像ですが、建物自体は道路の突き当りに位置していますので視認性はとても高いです。

(上記画像:Google Mapより引用)

まずは客室を紹介します

今回わたしが宿泊した客室は、5階の「スマートツイン(Smart Twin)」という18㎡のツインルームです。

ビジネス利用でしたのでひとりで宿泊しましたが、ツインルームの方がダブルルームより安かったため、こちらの客室を選択しました。

客室の床はグレーのカーペット貼り、壁紙は本棚を模したグレーの壁紙で、モノトーン調の落ち着いた雰囲気の客室でした。

ベッドは、幅1,020mm× 長さ2,030mmのシングルベッドが2台つながっていました。ベッドの背景は本棚を模した壁紙です。

ベッドサイドのスイッチ類です。こちらで客室のすべての照明をコントロールできます。

特筆すべきは、USBコンセントが設置されていることです。夜間にスマホを充電するのにとても便利でした。

エントランスを入ると、目に飛び込んでくるのは長いデスクです。

ビジネス利用の際には広いデスクは作業しやすく快適です。

デスクの突き当りにはミラーが設置されていますので、デスクが奥まで続いているように見え、部屋がさらに広く見えました。

デスクの上部にはテレビ、下部には収納が備え付けられており、機能的です。

電話、コンセント、メモ帳など基本的な備品が机の上にありました。

コンセントは2口あります。USB端子も備え付けられていました。

電話機は「JACOB JENSEN」です。ホテルの電話機はほとんどがこのモデルを採用していますね。

窓から見た夜景です。

ホテルの客室は4階~7階までと低層のホテルですので、決して遠くまで見渡せるというわけではありませんでした。

ささしまライブエリアは新しく再開発されたエリアですので、新しい建物がみえます。特に左側のダイワハウス名古屋支社ビル、右側の名古屋プリンスホテルスカイタワーがよく見えました。

下を見ると、コンビニ、レストラン、カフェなどの商業施設がすぐ近くにあることが分かります。

近くには映画館やZEPP名古屋というイベント会場があります。ちょうどイベントが終了したばかりだったため、とてもたくさんの人が名古屋駅に向かって歩いていました。

翌朝に撮影した日中の様子です。ささしまライブの高層ビルや、新しくできた商業施設が近くにあり、とても便利な場所にあります。

客室内には面積効率を考慮してクローゼットはありませんでしたが、エントランス横にクローゼットのコーナーが設けられていました。

エントランス横の下部にはベンチが設けられており、ここに座りながら靴を履き替えることができ、とても便利でした。

シューズ関係の備品や消臭スプレーがあります。

ハンガーラックはステンレス製、ハンガーは木製で高級感がありました。

デスクの下にある収納について紹介していきます。

中段の引き出しにはパジャマが2セット入っていました。パジャマの下にはホテルのロゴが入った紙袋があります。

最下部の引き出しは、ダイヤル式の金庫になっていました。

引き出しの左側は、冷蔵庫になっています。ミニバーは無く、空の冷蔵庫でした。

さらに左側には、食器類や電子ケトルが置かれていました。

グラス、コップ、インスタントコーヒー、紅茶などがあります。

電子ケトル、アイスペール(氷入れ)があります。氷は4階のフロント横の製氷機から入手できます。

シャーププラズマクラスター空気清浄機もありました。加湿器としても使用できます。

わたしが宿泊した5階の平面図です。

東西に長い中廊下のプランになっています。この図から判断する限り、客室数は1フロアに30室以上あるようです。

水廻りを紹介します

洗面所、お風呂、トイレなどの水廻りを紹介していきます。

トイレと浴槽が一体となったユニットバスでした。床はベージュのタイル貼り、壁は濃茶色のプリントです。

浴槽や水栓はTOTO製でした。

ユニットバスの大きさを測ると、1418(1,400mm×1,800mm)の大きさでした。

トイレもTOTO製で、ウォッシュレットもついていました。

ユニットバスとしては珍しく、レインシャワーがありました。

大きなレインシャワーで全身を洗えますので、とても快適でした。

シャンプー、リンス、ボディソープは「ミキモトコスメティックス」のブランドでした。

アメニティは、ヘアブラシ、髭剃り、コットンスワブ、歯ブラシ、タオル、ヘアゴム、コットンセットの7種類ありました。

その他に、POLAの洗顔セットも2セット用意されていました。

ドライヤーの風量は時間短縮のために重要です。

「ストリングスホテル名古屋」のドライヤーは、テスコム製の「NB2503」という製品でした。風量はまずまずですが、熱風の温度は高かったです。

パジャマは上着が長くなったタイプでした。

わたしは上下が分かれたタイプを好みますので、少し残念でした笑。

客室の細部をみていきます

客室の細部の様子です。

ベッドサイドテーブルに置かれた目覚まし時計はSEIKOのアナログ時計でした。デジタルよりも直感的に時間を把握でき便利でした。

無料のミネラルウォーターは、2本置かれていました。

椅子は、ブラックのレザー貼り(おそらく合皮)です。3時間ほどデスクで作業しましたが、パソコン作業には問題ないクオリティでした。

バゲッジラックも用意されていますので、荷物置き場にも困りません。

スリッパは使い捨てですが、高級感がある分厚いタイプでした。

ベッドの背面の本棚を模した壁紙です。

デザインに賛否はあると思いますが、すこしごちゃごちゃとした印象が否めませんでした。

床はエントランス部分がフローリング貼り、ベッドルーム部分が丸印のデザインのグレーのカーペット貼りでした。

カーテンは、グレーとベージュのチェックのデザインでした。

デスクの上に置かれていたパンフレットです。

裏面には、無料のシャトルバスの時刻表が載っていました。

名古屋駅まで歩いて15分ですので十分に歩けますが、シャトルバスで移動すると5分以内に到着するため、さらに便利です。

デスクの上に置かれていたホテルの注意書きです。

ボールペンもストリングスホテルのオリジナルでした。

共用部(地上階エントランス)を紹介していきます

ホテルのエントランスを紹介していきます。

建物のコーナー部分にメインエントランスがあります。

重厚な入口を進むと、ホテルのスタッフが案内をしてくれました。

入口から入ると、大きなシャンデリアがあります。(翌朝撮影した写真)

そして、エントランスの真正面にはゴシック調の教会が建っています。(翌朝撮影した写真)

「ストリングスホテル名古屋」は、結婚式場とても有名らしく、こちらの教会がとても人気のようでした。

エントランスロビーは、天井高がとても高く、暖炉まであります。

バーカウンターやレストランもありました。

ホテルのチェックインカウンターへ行くには、入って左側の廊下をずっと進んでいくように案内されました。

廊下もシャンデリアがたくさんあり、ゴージャスな雰囲気でした。

ソファが置かれた休憩スペースもあります。

しばらく進むと、ホテル用のエレベーターホールが2台あります。

こちらのエレベーターで、4階のホテルフロントにアクセスします。

共用部(4階ホテルロビー)を紹介していきます

4階に「ストリングスホテル名古屋」のチェックインカウンターがあるロビーがあります。

ホテルのロビーは、1階のエントランスとは異なり、いたって普通の造りでした。2名のスタッフが対応していました。

チェックインを終え、さきほどと同じエレベーターに乗り客室階に向かいます。

エレベーターにはセキュリティがあり、カードキーが無ければ客室階のボタンは押せないようになっています。(カードキーが無くても、1階から4階までは移動できます。)

4階のロビーの横には、喫煙室、製氷機、電子レンジ、自販機、ビデオカードコーナーがありました。

共用部(客室階)を紹介していきます

今回宿泊した5階の客室階エレベーターホールです。

トランクを模したグレーの壁紙、幾何学模様のカーペット貼りで、クラッシックな鏡が置かれていました。大きな窓からは、ささしまライブの商業施設がみえます。

廊下もグレーのグラデーションのあるカーペット貼り、石調の壁紙でした。

カーペットの一部には、部屋番号がデザインされていました。

ホテル専用エントランスもあります

先ほど紹介したコーナー部分のメインエントランスの他に、ホテル専用のエントランスもありました。

ホテル専用のエレベーターのすぐ前にあり、こちらから出入りすれば便利です。

ホテル専用のエントランスは、ちょうどT字路の突き当りに位置しています。

ホテル周辺にはたくさんの商業施設がありました

ホテル専用エントランスの目の前には、セブンイレブンがあります。

その他にも、すぐ近くにはたくさんの商業施設があります。

コンビニ、カフェ、レストランはもちろん、家具屋、薬局、アウトドアショップなどたくさんあり、ここだけでも丸一日時間をつぶすことができるくらいです。

このように、1階~5階まで様々なショップやレストランが入居しています。

大きな薬局です。

オシャレなカフェです。

このようなレストランがたくさんあります。

超オシャレな花屋もありました。この他にもたくさんのテナントが入居していました。

屋上庭園もあり、植物や景色も楽しめます。

まとめ:ストリングスホテル名古屋に泊まったら名古屋駅近くのささしまライブに位置するコスパ最高のホテルでした!

・新しく開発された「ささしまライブ」エリアにありますので、周辺には、新しいレストラン、カフェ、コンビニ、薬局などあり、とても便利です。

・名古屋駅からもあおなみ線で1駅、徒歩でも約15分ととても便利な立地です。

・2016年1月に開業したばかりの新しいホテルですので、清潔感があり快適に滞在することができました。

・ホテル内には、結婚式場の他、5つのレストラン、7つのバンケット(会議場)などがあります。宿泊以外にもパーティやイベントなどの利用にも最適です。

・新しくキレイなホテルの割に、周辺のホテルと比較すると価格が安めに設定されていますので、コストパフォーマンスがとても良いホテルです。

気になる宿泊費は!?

・今回は、旅行予約サイト「エクスペディア(Expedia)」を利用しました。ホテルの価格は季節や曜日によって大きく変動しますが、わたしが宿泊した時は1泊 約10,000円でした。

・わたしは、旅行サイト「エクスペディア(Expedia)」で最安値を探して申し込みましたので、かなり安く(しかもポイント付きで)泊まることができました。このホテルが気になる方は、ぜひ価格などをチェックしてみて下さい。

エクスペディア(Expedia)の公式サイトはこちら

エクスペディア(Expedia)公式サイト

旅行TIPS→お得なマイルの貯め方

海外旅行や国内旅行に頻繁に行かれる方へお得な情報です。旅行好きの方は、飛行機のマイルを貯めている方が多いと思います。

マイルをたくさん貯める方法(裏技)を使って、さらに効率よく貯めていきましょう!

普通にマイルを貯めていくだけでなく、少しの知識があれば、桁違いのマイルを貯めることができます。マイルをたくさん貯めれば、フライトをビジネスクラスやファーストクラスにアップグレードしたり、休暇時に家族で海外旅行をしたりできるなど、人生を変えるほどのメリットがあります。

具体的には、ポイントサイト「ハピタス」を利用してポイントを大量に獲得し、それをマイルに変換するという方法です。

ANAのマイルを効率的に大量に貯めることができる方法について下記の記事で詳しく紹介しましたので、興味がある方は下記のまとめを是非チェックしてみて下さい。

マイルを効率的に貯める方法(裏技)について

ANAマイルを大量に貯める方法を日本一簡単にまとめてみた!

ポイントサイト「ハピタス」についても、記事にまとめました。

ポイントサイトとは、買い物をしたり、アンケートに答えたり、クレジットカードに申し込んだりするだけで、無料でポイントが貯まり、それをマイルや現金に変換できるという画期的なサイトです。

ハピタス」は、ネット上では以前からとても有名なポイントサイトでしたが、出川哲朗さんのCMによって一般の方の知名度もうなぎ登りの超お得なサイトです。

旅行関連記事

その他、旅行関係のお得な記事はこちらからどうぞ

海外出張に200回以上行ったビジネスマンの持ち物リスト!海外旅行にも!

海外出張に200回以上行ったビジネスマンの空港での快適な過ごし方!

海外出張に200回以上行ったビジネスマンのおすすめのクレジットカード!

500回以上飛行機に乗ったビジネスマンの機内での快適な過ごし方!

※当ブログの写真はすべてわたし自身が撮影しております(注釈のある写真を除く)。無断使用・無断転載については、使用料をご請求させて頂きますのでご了承下さい。(使用料は業界大手のアマナイメージズの価格に基づきます。)

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。