【宿泊記】2017年開業の名古屋JRゲートタワーホテルに泊まったらコスパが最高のホテルだった!気になる評価や口コミは!?


スポンサードリンク


スポンサードリンク

名古屋JRゲートタワーホテルに泊まってみた!

先日、名古屋出張に行った際に、2017年に新しくオープンした「名古屋JRゲートタワーホテル」に宿泊してみました。

完成したばかりの高層ホテルで、とても快適に過ごすことができましたので宿泊体験記をシェアしたいと思います。

名古屋JRゲートタワーホテルの場所は?

名古屋JRゲートタワーホテルは、2017年にオープンした「名古屋JRゲートタワー」の上部に位置する高層ホテルです。

名古屋駅に隣接していますので、交通の便は最高です。(ビル自体が名古屋駅の一部といっても過言ではありません。)

名古屋JRゲートタワーホテルへのアクセス

名古屋JRゲートタワーホテルへは、名古屋駅の桜通口(栄方面の出入口)からアクセスすることができます。

桜通口を出て、すぐに左に曲がると「名古屋JRゲートタワーホテル」という案内サインがありますので、そちらに進んでいきます。

桜通口から1分ほど歩くと右側に「名古屋JRゲートタワー」のエレベーターホールがありますので、そちらを利用して上がって行きます。

エレベーターは4台あります。こちらのエレベーターで15階まで上がっていきます。

15階に「JRゲートタワーホテル」のエントランスがあります。15階にはホテルのエントランスの他にも「スターバックス」「コンビニ」「薬局」「オフィスエントランス」などがありました。

コンビニでは、食料や飲み物など、1階に降りなくても購入できるので便利です。ただし、24時間営業ではありませんので注意が必要です。

ホテルエントランスのすぐ横には、落ち着いた雰囲気のレストラン「The GATEHOUSE」がありました。朝食付きのプランでは、こちらで朝食を食べることができます。

名古屋JRゲートタワーホテルのロビー階の様子は!?

ホテルのエントランスを入り、廊下を進んでいきます。

すると、すぐに天井の高いホテルロビーが現れます。前面ガラス貼りで開放感があります。

手前にホテルのエレベーター、奥にフロントがあります。いったんチェックインを済ませてしまえば、フロントの前を通らなくてもエレベーターで客室まで行けますので、気まずさがありません。

フロントからさらに奥に進むと、フィットネスセンターがありました。トレッドミル2台、サイクリングマシン2台がありました。思ったよりもコンパクトなフィットネスセンターでした。

フロントでチェックインを済ませ、ホテルのエレベーターに乗ります。エレベーターホールは、石貼りで高級感のあるデザインです。

エレベーターはセキュリティがかかっており、カードキーをタッチしなければボタンが押せないようになっています。防犯面でも安心ですね。

15階にホテルロビー、客室は18階~24階まであるようです。今回、わたしが宿泊したのは21階でした。

21階のエレベーターホールです。照明がとても明るいのが印象的でした。

わたしが宿泊した21階には、2101号室から2150号室まであり50室もの部屋が並んでいました。運悪く最も奥の部屋だったため、部屋にたどり付くまで廊下がとても長かったです。

気になる客室の内部の紹介をします!

部屋はモデレートダブルという20㎡の客室でしたので、それほど広い部屋ではありません。しかし、21階という高層階で全面ガラス貼りの開放感のある客室でしたので、狭さは全く感じませんでした。

内装は白色と木を基調としており、とてもキレイでコンパクトにまとまっていました。とても清潔感があります。

ベッド周りです。窓側にベンチがあり、くつろげるのがとてもよいですね。ベンチの下部の引き出しは、金庫になっていました。

ベッドの後ろは白色の陰影のついたタイルになっており、とても綺麗でした。

ベッドサイドのテーブルには、タブレット端末と無料ドリンクがありました。

こちらのタブレット端末で、照明やエアコンのオン/オフができました。ハイテクですね。

机まわりです。コンセントはグローバルタイプで、各国のプラグ形状に対応できる形をしていました。景色を見ながら作業できるのがよいですね。

ベッドの反対側です。上部に壁掛け式のテレビ、下部に引き出しがありました。

左側の引き出しには、パジャマが2セット入っていました。

右側の引き出しには、冷蔵庫、コーヒーやティーバック、ティファールの湯沸かし器などが入っていました。

クローゼットの中身です。

クローゼットの中は、荷物置きの折り畳み椅子、アイロン、アイロン台、スリッパ、靴ベラなどが入っていました。

バスルームも、清潔感がありました。床は白色タイル、壁はパネルで出来ていました。トイレはウォッシュレットが付いています。

洗面器まわりです。アメニティも、ひととおり揃っています。

ドライヤーはパナソニックのナノケアドライヤーでした。風量も強く温度も高いため、髪がすぐに乾かせてとても便利でした。

部屋からの景色は!?

「名古屋JRゲートタワーホテル」はとても大きいホテルですので、部屋によって見える景色はまったく異なります。

今回、わたしが宿泊した21階からは、下記の写真のような景色が見えました。正面にはオフィスタワーが見えます。

横を見ると名古屋駅前の高層ビル群が見え、広がりがあります。

朝、撮影した景色は下記の写真のようになります。

宿泊日はちょうど快晴で、景色がよく見えました。

部屋にあるタブレット端末を使ってみた!

先ほど紹介したタブレット端末を実際に使用してみました。「照明」「新聞」「エアコン」「貸出備品」「ルームサイン」などの調整をタブレット端末上で行うことができます。

まずは、照明の調整です。下記のように明るさを微妙に変更することが可能です。

エアコンの温度や風量の調整も、タブレット端末でできます。「ナノイー発生器」を付けることもできました。

面白い機能としては、このタブレット端末上で「日経新聞」と「ウォールストリートジャーナル」を読むことができました。紙の新聞を配られるよりも資源が削減できますので、とても面白い試みだと思います。

気になる宿泊価格は!?

このように、通常のビジネスホテルと比較すると、部屋の内装やアメニティの面などでかなりクオリティが高いことが分かると思います。

わたしが宿泊した部屋は「モデレートダブル(20㎡)」という部屋で、公式サイトをみると、約13,800円~32,000円となっています。

わたしは、下記の「エクスペディア(Expedia)」で最安値を探して申し込みましたので、公式サイトよりも安く(しかもポイント付きで)泊まることができました。

あらかじめ下記の公式サイトをブックマークに登録をしておいて、ホテル予約の際はぜひ利用してみると良いでしょう。

エクスペディア(Expedia)の公式サイトはこちら

エクスペディア(Expedia)公式サイト

まとめ

・名古屋JRゲートタワーホテルは2017年開業の新しいホテルで、清潔感がありとても快適に過ごすことができました。

・部屋の設備、アメニティに関しては、この価格帯のホテルとは思えないくらいのクオリティでした。コストパフォーマンスは最高だと思います。

・名古屋駅のすぐ隣に位置しており、名古屋市内のホテルとしては交通の便は最高です。旅行にも出張にも最適なホテルです。

・ホテルは、高層階に位置していますので、1階に降りるのは時間がかかります。コンビニなどであらかじめ買い出しをしておくことをおすすめします。

・ホテルの入居している「名古屋JRゲートタワー」の15階には、日本一高い場所にあるスターバックスがあります。こちらも快適に過ごせますので合わせて行ってみるとよいでしょう。

スターバックス 名古屋JRゲートタワー店レビュー

日本一高いスタバに行ったら、超絶快適な空間だった!

※当ブログの写真はすべてわたし自身が撮影しております(注釈のある写真を除く)。無断使用・無断転載については、使用料をご請求させて頂きますのでご了承下さい。

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。