【レビュー】「ぷらっとこだま」で名古屋から東京までわずか8,300円で移動してみた!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

「ぷらっとこだま」で名古屋から東京までわずか8,300円で移動してみた!

東京・名古屋間の移動は、新幹線が速くて便利なのですが、往復2万円以上しますので頻繁に利用するとかなりのコストがかかってしまいます。

今回、旅行代を節約するためにJR東海ツアーズの「ぷらっとこだま」で名古屋・東京間を移動してみましたのでレビューしたいと思います。

記事の前半では「ぷらっとこだま」についての一般的な説明、後半は実際に乗車してみた体験談をシェアしていきます!

「ぷらっとこだま」とは?

「ぷらっとこだま」とは、JR東海ツアーズが企画しているツアーの一種です。ツアーといっても通常の切符とほとんど変わりませんが、少しだけ制限がある分、通常よりも安く新幹線を利用することができます。

「ぷらっとこだま」のメリット

「ぷらっとこだま」には下記のメリットがあります。(公式サイトから引用)

簡単に言えば各駅停車の「こだま号」を利用することで、新幹線料金を東京・名古屋間で2,580円も節約することができるサービスです。

移動時間がかかる分、料金が安くなるということです。

「ぷらっとこだま」の注意点

「ぷらっとこだま」には下記の注意点があります。(公式サイトから引用)

この中で、特に注意するべきは下記の2点です。

・ご利用の前日までにお買い求めください。

→切符はあらかじめ郵送で届くか、自分で取りに行く必要があります。通常の新幹線の切符のように乗車の直前で購入できません。

・ご利用できるこだま号の列車と区間は限定されています。

→指定のこだま号に乗り遅れたからといって、他の新幹線に乗車することはできません。

レビュー!実際に「ぷらっとこだま」を申し込んでみた!

ここからは「ぷらっとこだま」とはどのようなサービスなのか、実際に利用してみた体験談をレビューしてみたいと思います。

「ぷらっとこだま」には、下記のように「インターネット」「電話」「来店での申し込み」の3種類から申し込むことができます。この中で、「インターネット」での申し込みが、断トツで便利ですので、インターネットから実際に申し込んでみました。

下記の公式サイトにアクセスして、会員登録をし、必要事項を記入すればすぐに申し込みが完了します。とても簡単なのでサイトの説明に沿って申し込めば問題ないでしょう。

すぐに自宅にチケットが届きました!

「ぷらっとこだま」を申し込んだ2日後、自宅にチケットが郵送されてきました。(郵送の場合は別途プラス200円かかります。)

見た目は通常の新幹線と同じようなチケットですが、磁気情報がないため、改札は使用できないことが分かります。係員のいる有人の改札を使用しなければなりません。(追記:後で分かりましたが、今回郵送されてきたチケットには磁気情報が付いていました。よって、問題なく自動改札を使用することができます。)

ぷらっとこだまでは1ドリンクが無料で付いてきます。ドリンクのフリーチケットも同封されていました。こちらには、利用者の名前が記名されていました。

チケットの袋には、注意事項が書かれています。前述した注意点などが詳細に記載されています。念のため目を通しておきましょう。

反対側には、ぷらっとこだまを利用する際に通る新幹線専用改札口の案内があります。ぷらっとこだまは切符ではありませんので、新幹線専用の有人改札を使用する必要があります。

例えば、東京駅の丸の内中央口改札は新幹線専用ではありませんので使用できません。八重洲口の新幹線専用改札まで移動する必要がありますので、注意が必要です。

実際に名古屋駅から乗車してみました!

乗車当日、実際に名古屋駅から乗車してみました。指定された新幹線のりば(北口)の改札を利用します。名古屋駅では、この新幹線乗り場しか使用できません。

有人改札で係員にチケットを見せれば、スタンプを押され入場できます。

(追記:磁気情報が付いているチケットは自動改札を使用できることが分かりました。ぷらっとこだまのチケットには磁気情報があるタイプと無いタイプがあるようです。)

ドリンククーポンを引き換えてみた!

忘れずにドリンククーポンを使用しました。新幹線ホームのどのキオスクでも引き換えることが可能です。

引き換え可能なキオスクには、下記のようなステッカーが貼ってあります。わたしが見た限り、すべてのキオスクにこのステッカーが貼られていました。

実際にこだま号に乗車してみた!

時間になりましたので、指定された「こだま660号」に乗車しました。乗車する際に、まわりの乗客の様子をうかがいましたが、同じ車両に乗車する乗客は「ぷらっとこだま」のチケットを持っている乗客がほとんどでした。

無事にこだま号に乗車しました。無料で引き換えることのできたペットボトルのお茶と、名古屋名物のスナックを購入し、長旅に備えました。(機内販売はありませんので、事前に飲み物や食べ物は買っておきましょう。)

わたしは16号車に乗車しましたが、どうやら「ぷらっとこだま」の乗客は、すべて一か所にまとめられているようです。他の号車は分かりませんが、16号車でいえば、下記の赤枠内のエリアにまとめられていました。名古屋から乗車したときは、16号車はガラガラだったにも関わらず、このエリアだけ異常に密度が高かったです。

その後、こだま号の乗客はどんどん増えていき、最終的には乗車率80%~90%になりました。名古屋から先は「ぷらっとこだま」は、浜松、静岡、新横浜が区間として設定されていますが、それらの駅から乗車した乗客は、この赤枠のエリアに着席する方が多かったです。

このエリアに「ぷらっとこだま」の乗客が集められているとみて‘間違いないと思います。

東京駅で下車しました!

東京駅に到着しました。東京駅では新幹線専用出口を使用する必要はなく、通常のJR改札口を使用することができました。新幹線とJR線の乗り換え改札で、係員にぷらっとこだまのチケットとSuicaを提示すれば、東京駅構内を無料で通過することができました。

まとめ

・今回の乗車は、14時29分名古屋発、17時16分東京着で、乗車時間は2時間47分でした。通常の「のぞみ」は乗車時間が1時間40分ですので余分に1時間の所要時間がかかりました。

・こだまの自由席に3時間近く乗車するとさすがに疲れます。特に今回は混雑していたため隣の座席も埋まっており、圧迫感がありました。

・その分料金が格安ですので、長時間乗車するというよりも、乗車そのものを小旅行として楽しむ姿勢であれば「ぷらっとこだま」はとてもお得に移動できる手段だと思います。

・事前に新幹線内でくつろいだり、仕事をしたり、作業したりする環境を準備していくことが大切だと思いました。(パソコン、スマホ、モバイルバッテリー、おやつ、飲み物など)

「新幹線+宿泊」でさらにお得なプランもあります

このように「ぷらっとこだま」はとてもお得なプランです。

もし、新幹線だけではなくホテルへの宿泊も伴う旅行や出張の場合、大手旅行会社JTBが販売している「新幹線で行く!国内旅行!ダイナミックJTB」というパッケージプランがさらにお得になります。

詳しくは、下記の公式サイトから価格を見ることができますので、宿泊も伴う新幹線移動の場合はチェックしてみることをおすすめします。新幹線、ホテルをそれぞれ単独で申し込むよりも確実に安くなります!

ダイナミックJTB 公式サイト

新幹線で行く!国内旅行!ダイナミックJTB

新幹線・航空で行く!国内旅行!セットでおトク!ダイナミックJTB

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ