【NH85搭乗記】羽田空港からセントレア(中部国際空港)までANAの飛行機に乗ってみた!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

羽田空港からセントレア(中部国際空港)までANAの飛行機に乗ってみた!

羽田空港からセントレアまで、わずか40分という短時間のフライトを体験しましたのシェアしたいと思います。

ANA85便の飛行記録!

2017年9月28日にANA85便に搭乗してみました。下記が、実際に搭乗した際のフライト情報になります。

離陸時間が17時47分、着陸時間が18時27分、実際のフライト時間はちょうど40分でした。

運賃は(時期と空席状況によって変動しますが)、8,500円(税抜)でした。新幹線より安いですが、羽田までの交通費とセントレアから名古屋市内までの交通費を考えると、ほぼ新幹線と同等の金額になっています。これは、航空会社があえて新幹線と全く同じ料金設定をしたのだと考えられます。

品川駅から名古屋駅までの料金比較

<飛行機(NH85便)を利用した場合:10,810円(税込)>

品川駅→羽田空港(400円)+NH85便(9,180円)セントレア→名古屋駅(1,230円)

<新幹線を利用した場合:10,880円(税込)>

品川駅→名古屋駅

ANA85便に搭乗してみた!

ANA85便は、ANA便ですので第2ターミナルになります。今回は、手荷物検査を受けて右側の72番ゲートでした。

以前、搭乗した際は67番ゲートでした。羽田空港→セントレア便は大体このあたりのゲートを割り当てられるようです。

搭乗時刻は17時20分でしたが、少し早めにゲートに到着しました。

17時20分になりましたので、優先搭乗から順に搭乗を開始していきます。

こちらが、今回搭乗した機材です。機材はボーイング737-800でした。

搭乗率は約80~90%程度でした。わたしは何度かこの便に搭乗したことがありますが、いつも80%以上は座席が埋まっている感じがします。それなりに需要がある便なのですね。

飛行時間はわずか40分と短いですが、ドリンクのサービスはあります。ドリンクを出されてから、ごみが回収されるまで約10分~15分程度と、びっくりするくらい短いです笑。

下記が当日のフライト航路です。羽田→東京都心→甲府→飯田上空で左旋回→蒲郡→三河湾→セントレアといった航路をたどりました。当日は東京付近の天気が悪く、離陸から20分ほどは乱気流でずっと揺れていました。

40分の飛行を終え、あっという間にセントレアに到着しました。到着ゲートは少し遠く、到着ロビーまでは5分~10分程度歩きました。

今回の搭乗券です。(ポケットに入れておいたので、ボロボロになってしまいました…。)

まとめ

・羽田からセントレアまでのNH85便はフライト時間が約40分と短い飛行時間の便です。

・新幹線よりも飛行機を選ぶ(時間・コストの)メリットが多くないため、乗客のほとんどは羽田空港かセントレアでの国際線への乗り継ぎ客だと思われます。(ガルーダインドネシア航空とのコードシェア便ということですので、乗り継ぎが設定されているのかもしれません。)

・東京都内、名古屋市内への交通費を含めると新幹線とほぼ同じ価格で利用できるため、時間がある方や飛行機好きな方は小旅行としておすすめです。

・特典マイルを使用すれば、無料で東京・名古屋間を移動できます。こちらは新幹線にはない大きなメリットでしょう。

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ