【純ジャパ】英語学習者に送る!英語力でバイリンガルに勝つ方法(笑)


スポンサードリンク


スポンサードリンク

【英語力でバイリンガルに勝つ方法(笑)】

わたしが以前勤めていた会社には、バイリンガルがたくさんいました。いわゆるバイリンガールの「ちかさん」の様な方がたくさん居たわけです。

周りを見渡すと、私も含め、いわゆる日本で育ち日本の英語教育で学んだ「純ジャパニーズ」の方々は、どんなにTOEICの点数がよくても、英検1級等の資格を持っていても、バイリンガルの自然で流暢な英語には太刀打ちできないと無力感を感じていました。。。

そこで、英語に関してバイリンガルに勝つ、または対等に渡り合えるための方法(笑)を考えていました。

「英語力」プラス「日本語力」で勝負

バイリンガルは、英語と日本語を話すことができますが、だいたいの場合、日本語力はあまりない場合が多いです(←失礼ながら)。やはり幼少の頃、海外で生活されてきたので、普通に日本で生活してきた我々いわゆる「純ジャパニーズ」よりは、日本語力(語彙や言い回しなど)がない場合が多いと思いました。

よって、バイリンガルでない我々は、純粋な英語力だけではなく、日本語力を活かした英語力を付けることで差別化を図れると思います。

具体的には、文章を翻訳する場合、気の利いた日本語の言い回しを使ったりするなど、いわゆる日本語→英語、英語→日本語などといった、「日本語」が介在する場面での能力を上げるとよいと感じました。

「難単語」や「専門用語」の知識で勝負

バイリンガルの発音は流暢で、日常会話についてはネイティヴそのものに話すことができます。しかし、業界の「専門用語」や「難単語」に関しては、バイリンガルの方々も知らない単語や概念が多いので新たに学び直す必要があるようでした。

そこで、英語に関して、専門用語や難単語を頑張って覚えまくることで、仕事の専門分野に関してはバイリンガルと互角に勝負することができます。現に、クライアントと英語で話すとき、バイリンガルの方も分からなかった単語など、教えてあげられる場面も多かったです。

発音は負けを認めるも、努力はしよう

私だけかもしれませんが、発音に関してはバイリンガルに敵いません。彼らはほぼ、ネイティブの発音をしてきます笑。そこに到達するのはあきらめて、日本人の発音であることを認めたうえで、いかに流暢に分かりやすく話すかについて重点を置いて学習しています。

最後はやはり専門知識

主に仕事で英語を使用するならば、やはり専門知識が重要です。どんなに英語が話せても、専門知識がなければ、中身がない会話になってしまいます。また、相手もこちらが英語がうまくないとわかっても、専門知識があるとわかって貰えれば、興味をもって聞いてもらえます。また、自分の専門分野については、なぜかいつもより流暢に話せるものです。

「専門知識」プラス「英語」という気持ちでバイリンガルと戦うことが大切です。

まとめ

バイリンガルと戦うには、発音や流暢さで勝負すると負ける!日常会話もなかなか難しい!自分の専門分野の英語をとことん磨こう!ただし、発音や日常会話も努力はすべき!

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。

コメントを残す