【アリタリア航空】アリタリア航空のグローバルセールにて、航空券代43,300円でヨーロッパまで旅行した件!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

アリタリア航空のグローバルセール

アリタリア航空が定期的に行っている「グローバルセール」で、ヨーロッパに行ってきました!

このグローバルセールは、航空券が信じられないほど安く設定されていて、例えばロンドンまでは、19,000円の運賃で行くことができたようです!実際にはサーチャージや税金、空港使用料などによって、金額はプラスされますが、それでもヨーロッパまで行く運賃としてはほぼ最安値といってよいのではないでしょうか?

今回、わたしは成田→ローマ→アムステルダムの航空券を43,300円でゲットできましたので、搭乗記として詳細についてシェアしたいと思います。ちなみになぜアムステルダムかといえば、前から行きたかったからで、航空券だけで言えばもっと安く行ける国は他にもたくさんありました。

航空券の内訳について

今回の旅行の航空券の合計金額は合計64,320円でした。内訳は、下記のようになります。

航空券本体の価格 43,300円

その他空港使用料、税金、サービス料等 21,020円

この金額は、オランダに行くにしてはとても安い金額だと思います。ただ、今回のグローバルセールでは、ロンドンまで19,000円という航空券がありましたので、比較すると高く感じてしまいます笑。あいにくロンドンには行ったこともありましたし、オランダにいく理由もありましたので、今回は少し高くてもオランダの航空券を購入しました。それでもほぼ最安値に近いのではないでしょうか?

わたしはよく中国の北京に行きますが、中華系の航空会社で北京に行くのでさえも合計10万円ほど掛かっていました。それが、6万5千円ほどでヨーロッパに行けるとは驚きの値段です。

ちなみに同日のKLM航空の直行便の価格は約12万円でした。直行便で行くよりも時間はかかりますが、約5万5千円近く得をしたことになります!!

機材について

事前のネットでの情報では、アリタリア航空の機材はとても古いと聞いていました。しかし、それは半分正しくて、半分間違っていました。

結論から言うと、「往路は古い機材」、「復路は最新の機材」でした。機材は両者同じくB777-2でした。

boeing_777

↑B777-200

往路の機材は古いといってもB777ですので、言うほど古いわけではありません。しかし、テレビがタッチパネル式ではなく、コントローラー式で、フリーズしやすいです。また、USBや電源タップ等は設置されていません。個人的には、十分許容範囲ですが、古いと感じる方もいるとうのは分かります。

復路の機材は予想外に最新式でした。事前の調査では、古い機材を覚悟していたのでとても嬉しい誤算でした。テレビはタッチパネル式で、サクサク動きました。USBの接続端子や、電源も座席に設置されていました。機内ではずっとタブレットで映画を見ていましたので、電源があるのは本当に助かります。また、わたしは使用していませんが、機内WIFIサービスまでありました。

この機材は、内装だけでなく機材自体が新しいのか、翼などの外装に汚れひとつなくピカピカでした。こんなにキレイな状態の翼を見たことがないくらいキレイでした笑。

機内食について

エコノミークラスの機内食は、登場して30分から1時間ほど経ってから、到着まえの1時間~2時間の間の2回出されました。そして、その間に一度希望者のみサンドウィッチかおにぎりが配られました。

最初の機内食は「日本食」か「イタリアン」を選択することができます。わたしはイタリアンを選択しましたが、とてもおいしかったです。イタリアンの内容は下記の写真の通りです。他の人が食べている日本食も見ましたが、イタリアンの方が美味しそうでした笑。日本食は、ご飯にチキンかフィッシュかが乗っている、いかにも機内食、という感じの食事のようでした。

まあ、エコノミークラスですので食事に多くを求める事は酷かもしれません。航空券が安い分、現地でレストランを奮発するのが良い選択だと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

二度目の機内食は下記の写真の通りです。到着2時間前くらいです。外は日が暮れて真っ暗ですので、写真が暗くなっています。簡素なヨーロッパの朝食、という感じです笑。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

往路も復路も内容は若干違いますが、日本食かイタリアンか選択できる点や機内食の雰囲気は同じでした。

アリタリア航空のサービスについて

サービスについても、ネット上では酷評されていましたが、まったく悪くはありませんでした。日本人CAが2名搭乗されており、安心できます。アリタリア航空では男性のCAが多く、半分以上が男性CAでした。日系の航空会社のように過剰なサービスをするわけでもなく、適度に放置される感じで個人的には好感度は高かったです。(なぜ、ネット上で酷評されているのか疑問です…。)

ローマ空港でのトランジットについて

今回の旅程で、一番の心配点がトランジット時間の短さでした。ローマ・フィウミチーノ空港にて、わずか1時間でトランジットをしなければならないフライトでした。(実際には前の飛行機が遅れ、40分くらいでトランジットをしました。)

これについては、他の記事にまとめましたので、興味がある方はご覧になってください。

【アリタリア航空】ローマ・フィウミチーノ空港にて、1時間未満でトランジットした件!?(成田→ローマ→アムステルダム)
ローマ・フィウミチーノ空港でのトランジット アリタリア航空が定期的に行っている「グローバルセール」で、ヨーロッパに行ってきました...

まとめ

アリタリア航空が定期的に行っている「グローバルセール」は、とにかく安い!ということが特徴です。しかも、アリタリア航空はLCCではなく、イタリアのフラッグキャリアですので、クオリティも高いです。今回、実際に搭乗してみて、ネットの評判よりも全然クオリティが高いという事がわかりました。特に、復路の機材の新しさにはとてもびっくりしました。(日系航空会社より新しいのではないでしょうか?)

ヨーロッパに行きたい方は、このアリタリア航空の「グローバルセール」が始まったら速攻で予約することをおススメします。わたしも、次に始まるのを待ち望んでいます。なにせロンドンまで19,000円プラスアルファで行けるのですから…。

良い日程はすぐに埋まってしまいますし、このセールが次にいつ行われるかもわかりません。(もう二度と行われないかもしれません。)

わたしは、たまたまエクスペディアで検索していてこのセールに気づきました。ヨーロッパ旅行を計画されている方は、定期的にエクスペディアで検索してみる事をおススメします。

アリタリア航空以外でも、中東系の航空会社や香港のキャセイパシフィック航空など、日程によってはとても安い航空券が見つかります。エクスペディアで検索していると、仮想旅行をしているようで楽しいですよ笑。

おまけ:海外旅行のホテル予約の裏技!

海外旅行でホテルを予約する際、ネットのホテル予約サイトを使用する場合がほとんどだと思います。

その場合、最安値を探すため、複数のサイトを比較して最安値を検討すると思いますが、わたしはひとつのサイト「Agoda(アゴダ)」だけに統一して使用することをおすすめしています。

その理由は2つあります。

1.代表的な比較サイトにおいて、最安値はほとんど同じである。

代表的な予約サイトには、「Agoda」「Expedia」「トリバゴ」などがありますが、最安値はほとんど同じか、違ってもほとんど誤差の範囲です。複数のサイトを比較するのは時間がかかるため、「Agoda」に統一したほうが効率的にホテル探しができます。また、「Agoda」は「最低価格保証」をしていますので、もし後で価格が高いことが判明しても、最安値にしてもらえます。

2.Agodaのポイント制度(リワードポイント)が優れており、ポイントがどんどん貯まる。

「Agoda」の最大のメリットは、Agotaのポイント制度である「リワードポイント」の還元率がとても高いため、海外出張や海外旅行で頻繁にAgotaを使用すれば、かなりポイントが貯まります。わたしの場合、月に2~3回海外出張があったこともあり、ポイントが20万円分以上貯まったりしていました。貯まったポイントを使用して、休暇のホテル代金にすることができますので、とてもお得です。

以上の理由から、ホテル予約サイトはいろいろなサイトを使用して、ポイントを分散させてしまうのではなく、常に「Agota(アゴダ)」一択にするのがおすすめです。

詳しくは、「Agoda(アゴダ)の公式サイト」をご覧ください。

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!皆さまの反応がブログを更新する力になっています!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!

関連記事はこちら



サイトマップ

各カテゴリーをタップ!


スポンサードリンク


スポンサードリンク

お問合せ

おすすめWORDPRESSテーマ

本サイトは下記のWordpressテーマ「STORK(ストーク)」を利用して作成しています。