【アリタリア航空】ローマ・フィウミチーノ空港にて、1時間未満でトランジットした件!?(成田→ローマ→アムステルダム)


スポンサードリンク


スポンサードリンク

ローマ・フィウミチーノ空港でのトランジット

アリタリア航空が定期的に行っている「グローバルセール」で、ヨーロッパに行ってきました!

このグローバルセールは、航空券が信じられないほど安く設定されていて、例えばロンドンまでは、19,000円の運賃で行くことができます(執筆現在)。実際にはサーチャージや税金、空港使用料などによって、金額はプラスされますが、それでもヨーロッパまで行く運賃としてはほぼ最安値なのではないでしょうか?

今回、成田→ローマ→アムステルダムの航空券を3万5千円でゲットできました。サーチャージ、税金、空港使用料込みで6万4千円でした。

アリタリア航空はLCCではなく、イタリアのフラッグキャリアです。それでこの値段で行けたことに大変満足しています。私はよく北京へ出張に行きますが、中国系のキャリアで北京に行くよりも安くヨーロッパに行けました笑!

本記事では、行く前にとても心配だった、トランジット時間の短さ・ローマ・フィウミチーノ空港でのトランジットについて、実体験をシェアしたいと思います。

ヨーロッパでの入出国手続きはどこで行うか?(シェンゲン協定加盟国)

今回、航空券は安くとれたのですが、往路・復路ともに、トランジットの時間がとても短いフライトしか取れませんでした。ローマでのトランジットが時刻表に記載されている時間で、往路は1時間20分、復路は1時間しかありませんでした。

ヨーロッパでトランジットをする際、往路は「初めに到着した国」で入国手続きをして、その後のフライトは国内線のような扱いになります。(正確には、シェンゲン協定に加盟している国のみですが、ほとんどのEU諸国は加盟しています。)

また、復路は「最後に出国する国」で出国手続きをすることになります。

よって、今回のように「成田→ローマ→アムステルダム」のフライトでは、往路はローマで入国手続きをして、復路もローマで出国手続きをしなければなりません。

ただでさえトランジットの時間が短いのに、入国や出国手続きまでもしなければならないのです。

【往路編】乗り換え時間 1時間20分!

往路のフライトは下記のフライトを購入しました。

AZ785 14:10 東京・成田発→19:00 ローマ・フィウミチーノ空港着
AZ132 20:20 ローマ・フィウミチーノ空港発→22:55 アムステルダム・スキポール空港着

上記の時間でわかるように、ローマ・フィウミチーノ空港でのトランジット時間は時刻表の時間で1時間20分です。

時刻表に表記されている時間は飛行機がゲートに到着する時間とゲートから離れる時間ですので、実際の時間は1時間20分よりも短いのです。

出発前はトランジット時間が短いので乗り継ぎの失敗がとても心配でしたが、結果的に杞憂に終わりました。理由は、成田→ローマまでのフライトの到着時間が30分早まったからです。

東京からローマまでのAZ785は遅れることなく定刻に出発しました。途中の航路の気流も非常に安定していて、揺れもほとんどありませんでした。そのせいか、機内モニターの到着時間を見るたびに到着予想時間が早くなっていき、最終的に30分も早くローマに到着することができました。

よって、トランジット時間も1時間50分と、かなり余裕をもって乗り換えることができました。パイロット、グッドジョブ!

【往路編】ローマ・フィウミチーノ空港でのトランジット経路

日本からの便は「ターミナル3」に到着します。

そして、ローマ・フィウミチーノ空港からヨーロッパ各国へ出発する便は「ターミナル1」になります。よって、乗り継ぎのためには「ターミナル3」から「ターミナル1」へ移動しなければなりません。

トランジットは分かりやすいサインが出ているので、道なりに行けば迷うことなくいけると思います。まずは、掲示板で自分が次に乗る飛行機のターミナルとゲート番号を確認しましょう。到着したゲートのすぐ横にゲート番号がわかる電子掲示板があります。

「ターミナル3」から「ターミナル1」へ移動するには、モノレールのような列車に乗り込みます。出発駅も到着駅もひとつしかないため、道なりに行けば迷うことはないでしょう。

その後、サインを目印に出発ゲートを目指して、移動していきます。途中には空港のショッピングモールのような場所を通りますが、そのままサインに沿って移動していきます。この移動が比較的距離があって、早足で10分~15分ほどかかりました。

そうすると、入国審査をする場所に到着します。そこで、入国審査を受けると3分ほどでゲートが見えてきます。わたしが到着したときは、入国審査のゲートはガラガラで、まったく並ぶ必要はありませんでした。

入国審査を抜けると、5分ほどでアムステルダム行きの出発ゲートに到着します。他のヨーロッパ諸国までの出発ゲートもすぐ近くに隣接してあります。

このように、日本からローマ・フィウミチーノ空港に到着してから、ヨーロッパ各国行きのゲートに至るまで、合計30分ほどで到着することができました。

往路は到着便が早まったこともあり、乗り換え時間が1時間50分ありましたので、余裕をもってトランジットすることができました。

【復路編】乗り換え時間 1時間!

復路のフライトは下記のフライトでした。

AZ107 11:50 アムステルダム・スキポール空港発→14:00 ローマ・フィウミチーノ空港着
AZ785 15:00 ローマ・フィウミチーノ空港発→11:15 東京・成田着

ここでは、ローマ・フィウミチーノ空港での乗り換え時間が時刻表の時間でわずか1時間しかありませんでした。

事前に、アムステルダムからローマ行きのAZ107の遅延率をネットで調べてみたのですが、定刻通りに到着した確率が50%と、とても低かったのでさらに心配していました。

予想通り、アムステルダム・スキポール空港からローマ・フィウミチーノ空港までのフライトは少し遅れ、ローマ・フィウミチーノ空港に到着したのは14:15くらいでした。

しかも、ローマ・フィウミチーノ空港へは、ゲートに到着せずに、空港の滑走路脇の駐機場に止まりました。ゲートへはバスで移動しなければならない「沖止め」だったのです。そのため、実際に空港の中についたのは14:20くらいでした。

東京・成田までのフライトAZ132の出発時間は15:00でしたが、搭乗開始時間(ボーディング時間)は14:00になっていました。つまり、ローマ・フィウミチーノ空港の内部に到着した時点で次の飛行機の搭乗開始時刻からすでに20分も経過していたことになります。

これには結構焦りました。

【復路編】ローマ・フィウミチーノ空港でのトランジット経路

ヨーロッパからの便は「ターミナル1」に到着します。

日本への出発便は「ターミナル3」から出発します。よって、「ターミナル1」から「ターミナル3」に移動しなければなりません。

この経路は、入国したときと全く同じ経路を逆から辿るだけですので、問題なく進むことができます。まず入国審査を受け、モノレールに乗って、ターミナル3に移動するのです。

(ちなみに、この入国審査の係員が絵にかいたようなイタリア人で、携帯でゲームをしながらパスポートにスタンプを押していました笑)

出発ゲートまでは普通に歩いて移動に30分ほどかかりますので、小走りで移動しました。ターミナル3の出発ゲートに着いたときには、地上係員が東京行きの乗客を探し回っているところでした。遅れてきた乗客は自分の他に周りに10名ほどいました。

なんとか、14:45くらいに東京行きの飛行機に搭乗することができました。

その後、飛行機はなかなか出発せず、結局15:40くらいまで機内で1時間ほど待たされました。遅れてきた乗客は自分が最後ではなく、30分以上遅れてきた乗客もいました。やはり、前のフライトが遅れるなどして、遅れた乗客も多くいるようです。そして、それらの乗客をちゃんと待ってくれているようです。

アリタリア航空で通しで発券された乗り継ぎであれば、ある程度の遅延であれば、飛行機は待ってくれるので、そんなに心配する必要はないようです。

荷物は無事にトランジットできたのか?

事前の調査で、アリタリア航空のロストバゲージ率は非常に高いと聞いていました。ましてや、トランジットの時間がとても短い今回のようなフライトでは、ロストバゲージは避けられないのではと心配していました。

対策として、ロストバゲージをする前提で、到着してからすぐに必要な荷物は手荷物として持っていくという事をしていました。

しかし、実際にはロストバゲージすることなく、無事に荷物も到着しました。

まとめ

アリタリア航空でのローマでの乗り継ぎが心配でしたが、無事に乗り換えることができました。

調べてみると、ローマ・フィウミチーノ空港での最低乗り継ぎ時間は45分とあります。これ以上の乗り継ぎ時間があれば、同一航空会社であれば搭乗券が発券されるようです。

発券されたのであれば、一応航空会社の保証があるということですので、心配せずにトランジットできると考えてよいでしょう。

しかし、実際はトランジット時間が短いと心配になります。今回、ローマ・フィウミチーノ空港での乗り継ぎの実体験をシェアしましたので、何かの参考になれば幸いです!

アリタリア グローバルセールについて!

(アリタリア グローバルセールは、2017年1月23日までで一旦終了したようです。)

わたしが実際に行った、アリタリア グローバルセールは期間が延長されて、まだ開催されているようです。かなりお得です!セール中にもう一度、ヨーロッパに行こうと企んでいます!ロンドンまで19,000円ですよ!

お勧めのヨーロッパ都市

イギリス・ロンドン(LON) 19,000円から
フランス・パリ(PAR) 20,000円から
スペイン・バルセロナ(BCN) 25,000円から
スペイン・マドリード(MAD) 25,000円から
オーストリア・ウィーン(VIE) 25,000円から
ドイツ・フランクフルト(FRA) 30,000円から
セルビア・ベオグラード(BEG) 31,000円から
ロシア・モスクワ(MOW) 33,000円から
ギリシャ・アテネ(ATH) 33,000円から
オランダ・アムステルダム(AMS) 34,000円から
ドイツ・デュッセルドルフ(DUS) 34,000円から
スイス・ジュネーブ(GVA) 35,000円から
ドイツ・ミュンヘン(MUC) 36,000円から
イラン・テヘラン(THR) 39,500円から
ルーマニア・ブカレスト(BUH) 43,400円から
イスラエル・テルアビブ(TLV) 44,000円から
アルジェニア・アルジェ(ALG) 53,000円から
フランス・ニース(NCE) 54,000円から
アルバニア・ティラナ(TIA) 57,400円から

  • 東京・成田発
  • 販売期間:2017年1月23日まで
  • 適用期間:2017年2月1日から2017年6月30日(日本着)までの旅程
  • 必要旅行日数:5日間
  • 有効期間:21日
  • 乗り換え:日本国内にて往路・復路各1回、イタリア内で往路・復路各1回
  • 週末追加料金:片道10,000円(東京・成田発土・日、イタリア発金・土)
  • 途中降機・イタリア:往路・復路各1回可能、1回につき20,000円
  • 途中降機・ヨーロッパ:往路・復路各1回可能、1回目無料、2回目20,000円 
  • 2都市以上滞在、周遊旅程の予約はこちら
  • 予約変更:できません
  • 払い戻し:できません
  • 上記運賃に燃油サーチャージ、諸税が別途かかります

スケジュール、目的地は予告なく変更になる場合があり、目的地が設定されていても運航されていない場合もございます。

上記セールは、いったん終了しているようです。しかし、上記のセールは過去に何度も繰り返されていますので、定期的にチェックをしてみることをおススメします。

時期によっては、他の航空会社もかなり安いことがありますので、航空券を検索する際は、まずはエクスペディアで検索して比較検討することをおススメします。

(日程によっては、中東系航空会社やキャセイパシフィックが最安値の場合も多いです。)

海外旅行のホテル予約のTIPS!

海外旅行でホテルを予約する際、ネットのホテル予約サイトを使用する場合がほとんどだと思います。

その場合、最安値を探すため、複数のサイトを比較して最安値を検討すると思いますが、わたしはひとつのサイト「エクスペディア」だけに統一して使用することをおすすめしています。

その理由は2つあります。

1.代表的な比較サイトにおいて、最安値はほとんど同じである。

代表的な予約サイトには、「Agoda」「トリバゴ」などがありますが、最安値はほとんど同じか、違ってもほとんど誤差の範囲です。複数のサイトを比較するのは時間がかかるため、「エクスペディア」に統一したほうが効率的にホテル探しができます。また、「エクスペディア」は「最低価格保証」をしていますので、もし後で価格が高いことが判明しても、最安値にしてもらえます。

2.エクスペディアは、ポイント制度が優れており、ポイントが貯まりやすい。

エクスペディア」の最大のメリットは、ポイントの還元率がとても高いため、海外出張や海外旅行で頻繁に使用すれば、かなりポイントが貯まります。わたしの場合、月に2~3回海外出張があったこともあり、ポイントが20万円分以上貯まったりしていました。貯まったポイントを使用して、休暇のホテル代金にすることができますので、とてもお得です。

以上の理由から、ホテル予約サイトはいろいろなサイトを使用して、ポイントを分散させてしまうのではなく、常にひとつのサイトを使用することをおすすめします。

詳しくは、下記の公式サイトをご覧ください。

【公式サイト】エクスペディア

海外旅行・海外出張関係の関連記事!

関連記事はこちら




スポンサードリンク


スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

英語学習中のビジネスマン。大学院→プロダクトデザイナー→独立。 2011年から英語学習を再開。英会話、読書、海外ドラマ、TOEICなど、幅広く学習中。TOEIC900点、中国語検定2級、HSK6級も取得済み。