【大企業を退職】会社を辞めたら月曜日が楽しみになった件!

untitled-2
スポンサーリンク
レクタングル広告大

会社を辞めたら月曜日が楽しみになった件!

会社員時代は、月曜日が本当に憂鬱でした。

正確に言えば、日曜日の夜から月曜日の朝にかけてですね。

10年間、AAのような毎日を過ごしていた。

そんなに、忙しくない時も、仕事が比較的充実していた時でさえも、週末が明けて月曜日になるのが憂鬱でした。反対に、金曜日は翌日が休日ということで、元気に過ごせていました。

まるで、インターネットでよく見かける下記のAAのような毎日を10年ほど繰り返していました。当時は、このAAの感覚にとても共感できました。(笑)

金曜日の夜が最もテンションが高くて、月曜日の朝にテンションが最低になる…という、まさにこのAAそのものの生活を送っていました。

このまま、一生この生活が続くのかと思ったら、とても恐くなり、その事が退職を決める要因のひとつでもありました。

untitled-3

退職してみると、平日が楽しみになります。

しかし、会社を辞めて独立してみると、月曜日というものを全く意識しなくなります。明日が月曜日だから憂鬱だとか、金曜日だからハッピーだとか、そういったルーティンは無くなります。逆に、出かけるときに混んでいない平日の方が自分にとって貴重になります。

他の人と違った生活スタイルをするには、その分リスクがあるかもしれませんが、メリットも多くあります。平日に休日が取れるのもメリットのひとつでしょう。映画の日(映画が1000円で見れる日)に映画を見に行くことができますし、海外旅行も安いシーズンに行くことができます。(航空券の値段が長期休暇の半額以下になります。)

毎日、誰からも指示されず、自分がやりたいこと、やらなければならないことを自由に決めることができますので、平日に働こうが、週末に働こうが、ある程度、自分のペースで働くことができます。これは、想像以上にストレスを無くしてくれました。

もし、あなたが「月曜日が憂鬱」という状態が長く続いているならば、環境を変えてみるのをおススメします。わたしは、思い切って環境を変えることで、人生から「月曜日のストレス」を完全に排除することができました。

月曜日が憂鬱な状態をずっと続けることはとてもストレスになると思いますし、そのまま我慢し続けていたらすぐに人生が終わってしまいます。ルーティーンを続けたら、人生は本当に短く感じますよ。月曜日が憂鬱ということは、現状に満足していない事を表すシグナルかもしれません。

もちろん、会社を辞めることにはリスクはありますが、個人的にはこの自由度と裁量は、そのリスクを遥かに上回るメリットだと感じています。

自由を求める人もいれば、求めない人もいる。

わたしにとって、会社員時代に一番つらかったことは、自由がない、裁量権がないことでした。これは、自分で仕事を始めることで、手に入れることができました。

おそらく、月曜日が憂鬱という方々は、同じように「自由」や「裁量権」を求める人たちだと思います。そういった方々は、絶対に「自由」を追求して、それが手に入る場所を探したほうが幸せになれると思います。

いままで話を聞いた中では、月曜日が憂鬱でないという方々も大勢いました。また、自由や裁量権よりも、言われたことをやっていた方が楽だし、自分に向いているという方々も大勢いました。そういった方々は、企業で働くことが本当に向いているのだと思います。(悪い意味ではなく)

みんながやっていることに合わせるのではなく、それぞれに合った働き方を追求し続けることがとても大事だと思います。

スティーブジョブズの有名な言葉にもあるように、常に追求することが大事なのです。

“Keep looking, Don’t settle.”  Steve Jobs,2005

(好きなことを探し続けよう、その場に安住してはいけません。)

まとめ

ということで、久しぶりにインターネットで「1週間のAA」をみて、会社員時代を思い出しましたので、自身の体験をシェアしてみました。頑張って、月曜日を倒しましょう!

ブログランキングに参加しています!
下記のクリックをよろしくお願い致します!


にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする