【TOEIC新形式】TOEIC Readingテストの最適な時間配分について

pak105215959_tp_v

TOEICテストは、2016年5月から「新形式」となりました。

TOEICの主催者であるETSは「旧形式」と「新形式」との難易度の差はないと言っていますが、一般的に難易度は上がったと言われています。

変更後のTOEIC L&Rは変更前より難しくなってしまうのではないですか?

→どちらも難易度は変わりません。テストの難易度に変化が生じないよう、ETSのテスト開発の専門家が調査、検証を重ね設計しています。

(TOEIC公式サイト Q&Aより)

特に、Part5~7の「Reading(リーディング)セクション」は、文章量が増加して、制限時間内に終わらせることは非常に難しくなりました。

そのためには、テストを受ける前に、時間配分をしっかりと計画しておかなければなりません。わたしは、「公式問題集」や実際のTOEICテストを受けて自分なりの時間配分を決定しました。時間配分はその人の実力や好み次第で、ひとそれぞれ適した配分があると思います。あくまでも一例として、シェアしたいと思います。

わたしの「Reading(リーディング)セクション」の時間配分

Part5

→10分

Part5は30問ですので、1問あたり平均20秒で回答します。

実際には、簡単な問題は5秒で回答、難易度の高い問題は30秒で回答、など問題によって回答時間は異なります。しかし、確実に30問を10分以内で解けるようにします。

Part5で時間をかけすぎると、Part7で時間が足りなくなります。早く解ければ解けるほどよいパートです。

Part6

→8分

Part6の問題は、4題出題されます。1題あたり4問の設問がありますので、問題としては16問あります。ここでは、1題あたり2分で回答します。単純計算すると、設問1つあたり30秒です。

問題形式はPart5に類似していますが、文章を読んで文脈を考えなければならない分、時間がかかります。こちらのPart6の問題も、Part7に時間をかけるために、高速で解きましょう。

Part7

→57分

Part7は、合計すると約15題(54問)の問題が出題されます。そのうち、「SP(シングルパッセージ)」は10題(29問)、「DP(ダブルパッセージ)」は2題(10問)、「TP(トリプルパッセージ)」は3題(15問)出題されます。

SP(シングルパッセージ)

→23分

「SP(シングルパッセージ)」は10題(29問)出題されます。

単純計算すると、1問あたり約50秒かけることができます。基本的に、前半の問題が簡単で、後半にいくほど難易度が高くなります。簡単な問題は早く処理することで、難易度の高い問題に時間をかけられるようにしましょう。

DP(ダブルパッセージ)   

→10分

「DP(ダブルパッセージ)」は2題(10問)

単純計算すると、1問あたり1分で解くことになります。ダブルパッセージは文章量が多くなるために、シングルパッセージよりも回答するのに時間がかかります。

公式問題集や、問題集を解くことによって形式に慣れ、時間内に解けるように練習しましょう。

TP(トリプルパッセージ)

→24分

「TP(トリプルパッセージ)」は3題(15問)

「新形式」から新しくできた「TP(トリプルパッセージ)」です。単純計算すると、1題あたり8分、1問あたり1分95秒程度かけられます。

「TP(トリプルパッセージ)」の問題が文章量が最も多く、一番時間がかかります。しかも、このTOEIC試験の最も最後の問題ですので、とても疲労しています。その中で時間内に解くためには、問題集などで練習することが必要です。

個人的には、「TP(トリプルパッセージ)」も「DP(ダブルパッセージ)」も文章の難易度は変わらないと感じています。ただ、文章量が多くなったことにより、「DP(ダブルパッセージ)」よりも時間がかかります。

時間配分の工夫

時間配分の工夫としては、下記の点が挙げられます。

1.事前に自分なりの時間配分を決定しておく。

2.決めた時間配分は絶対に守る。

3.上記を守るためには、分からない問題があれば、躊躇なくとばす。(分からない問題に時間をかけて不正解になるよりも、最後まで問題をといて簡単な問題を確実に正答したほうがよいため。)

4.分からない問題のとばし方として、適当にマークするのではなく、分からないなりにも、それらしい(辻褄があう)回答をマークする。

TOEICに適した時計

とても役に立つ腕時計があります。TOEICをよく受験されている方々にはとても有名な腕時計だと思います。

下記の、「カシオCASIO 腕時計 PHYS TIMERS11」という時計です。

この時計のすばらしいところは、

タイマー機能が付いており、自分が設定した時間を「バイブレーション」で教えてくれるという点です。

具体的には、Part5:10分→Part6:8分→Part7(SP):23分→Part7(DP):10分→Part7(TP):24分と設定しておけば、その時間に合わせて「バイブレーション」を作動させてくれます。「バイブレーション」ですので、自分にしか分かりませんので誰にも迷惑がかかりません。

テストに集中しながら、時計をちらちら見なくても時間を教えてれるため、非常に役に立つ逸品です。本番のテストだけでなく、模試を解くときや、学習するときにもとても役に立つ製品です。詳しい機能は下記のリンクからご覧ください!↓↓↓

まとめ

TOEICのリーディングテストにおいて、時間配分は最も重要な対策のひとつです。

あらかじめ、公式問題集をといて時間配分だけを見直す時間を作っておくことが有効です。ぜひ、挑戦してみてください!

最後に、下記の本はわたしの「時間配分」を決める上で非常に参考になった本です。

TOEIC満点講師の方々のTOEIC試験の解き方をかなり詳細に書かれた本です。3人の満点講師の方々に対して、何分にこの問題を読み始め、何分にこの設問を解く、最初に設問を読むか、読まないか、などというようなことが細かくインタビューされています。↓↓↓

時間配分について、何か新しいことがありましたら追記していきます。

ブログランキングに参加しています!
下記のクリックをよろしくお願い致します!


にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする