【TOEIC新形式】「おすすめ学習法シリーズ⑥」難化傾向のあるPart6の学習方法について!

yuka862_megahon15203358_tp_v

TOEICは「新形式」になってから、Part6までもが難化しています。

Part6は、「文法問題であるPart5」と「長文問題であるPart7」との中間にあり、それらの橋渡し的なパートだと思っています。皆さんのご指摘の通り、新形式になってから以前よりも難易度が高くなったと感じます。

TOEICを主催しているETSは、「旧形式」と「新形式」との難易度は変わらないと言っていますが…、やはり実際は難化しているように感じます。

Q:第210回公開テスト(2016年5月29日実施)から出題形式は変わりましたか?難しくなりましたか?

A:第210回公開テスト(2016年5月29日実施)よりTOEIC L&Rの出題形式を一部変更いたしました。新形式のテストにおいても難易度は変わりません。

TOEIC® Listening & Reading Test よくある質問より

TOEICテストのPart6とは?

TOEICの公式サイトにはPart6について下記のような説明があります。

長文穴埋め問題 16問
不完全な文章を完成させるために、4つの答え(単語や句または一文)の中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。各長文には設問が4問ずつある。

下記のサンプル問題は、TOEICの公式ウェブサイトからの引用です。Part6はこのような問題形式になっています。

Part6 texts

No. 131
(A) interest
(B) interests
(C) interested
(D) interesting

No. 132ーNo. 133 省略

No. 134
(A) Let me explain our plans for on-site staff training.
(B) We hope that you will strongly consider joining us.
(C) Today’s training session will be postponed until Monday.
(D) This is the first in a series of such lectures.

今回の「新形式」で新たに登場した問題形式が、上記のNo.134のような「文を選択する問題」です。以前は、No.131のような文脈語彙問題や、品詞問題だけだったのですが、この「文を選択する問題」の正答を導きだすには、非常に時間がかかるようになってしまいました。

当然ですが、「新形式以前」の問題形式であった文脈語彙問題や、品詞問題などと比較すると、読まなければならない文章が長くなるため、正解を導きだすのに時間がかかってしまいます。

このPart6で時間を消費すればするほど、長文問題であるPart7の時間がなくなってしまいますので、焦りが生じます。焦りが焦りを呼び、正答するのがさらに難しくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

TOEIC満点取得者たちの反応

下記に、新形式になってからのPart6について、TOEIC満点取得者の方々の感想を引用してみます。ここに載せなかったブログやTwitterなどもありますが、やはり多くの方が、一様にPart6は難化して、以前よりも時間がかかるようになったと言っています。

相沢先生のブログから引用

Part 6、今回一番要注意と感じたのがこのパート。時間をかけ過ぎないように注意しましょう。その理由は各セットで1問出題される文選択問題です。個人的に手強いと感じたのは最初の1問だけでしたが、このタイプ、あっというまに時間を消費してしまいます。従来からの設問については、5問ほど文脈語い問題が出題されていました。また同じく文脈の理解が求められるものとして、接続副詞が1問。また、各セットで品詞問題も出題されていたことも印象に残っています。難易度のバランスをとるため、または、Part 5の問題数減少を補うためでしょうか。

澤田先生のブログからの引用

Part 6 難
最初のセットがとても難しく、特にセンテンス挿入問題でかなり悩んでしまって、4分以上かかってしまいました。合計10分かかったということは、他の3セットでも2分平均くらいかかっているので、僕がこちらの記事「新形式TOEIC/最強の時間配分」で想定していた8分や7分を大幅に上回るという大計算ミスです。(↑今回の結果を踏まえて、記事の目標タイムは修正されています)

Part 6に関しては、明らかに公式問題集よりも難しかったです。実際(In fact ←この文脈ではActuallyは使えない)、ツイッターの感想から、同じフォームで面食らった受験者が大勢いたことがわかりました。満点講師の相澤先生も12分かかったそうです。
Part 6でこんなに時間を喰ってしまうとは完全な想定外だったので、かなり焦りました。

Porporさんのブログから引用

<Part 6>
語句を入れる問題も文挿入問題も難易度は高くなく、
ササっと解いたはずが、10分以上費やしたでしょうか。
あまりに時間がかかりすぎたことに驚き、かなり焦りました。
Part 7 に突入するところで、残り56分だったことは強く記憶に残っています。

ここからが悲劇の始まりでした。

Part6対策の問題集は?

結論から言うと、「公式問題集」と「韓国模試 HACKERSハッカーズ」です。

Part6に対応した問題集はとても数少ないです。おそらく理由は、問題数が「4題×4問=合計16問」と少ないことにあると思います。また、Part6はPart5に似た語彙問題、品詞問題、文脈問題が出題されるため、Part5の問題集で兼用すればよいという理由もあると思います。

しかし、「新形式」になってから難化したPart6は、それ専用に対策をする必要があります。「新形式」に対応した問題集はまだ発売されていない中で、教材として何を使用すればよいのでしょうか?

Part6の「新形式」の問題は、「新形式対応」の公式問題集を解いて練習しましょう。具体的には、下記の2冊です。「新形式」問題集については、下記の記事に書きましたので、御参考頂ければと思います。

main_item【TOEIC新形式】「おすすめ学習法シリーズ①」TOEIC対策は、公式問題集から始めよう!
TOEIC公式問題集は、TOEIC学習の基本です。 TOEICを始めて受験する方も、何度も受けたことがある方にも、最も重要かつ基本となる対策...

下記の2冊の「公式問題集」には、テストが4回分収録されていますので、「4回×16問=64問」を学習することができます。

また、「新形式問題集」を終えてしまった方は、「HACKERSハッカーズ」という韓国模試がよいです。「HACKERSハッカーズ」については、下記に記事を書きましたので、参考にして下さい。1冊に10回分も収録されていますので、量としては十分です。新形式のPart6だけで全部で「10回×16問=160問」もあります!新形式のPart6の問題(良質な問題)がこれだけ大量に収録された問題集は大変貴重です!

51hmoqtqgfl-_sx363_bo1204203200_【TOEIC新形式】公式問題集の後は、「HACKERSハッカーズ」の模試をやろう!
TOEICは、第210回公開テスト(2016年5月29日実施)より、出題形式の一部が変更となり、「新形式」となりました。 TOEIC公式問題集は必...

「新形式」未対応ですが、下記の問題集は多くの問題を解く上で有効です。(※新形式で新たに登場した「文を選択する問題」は未掲載なので、ご注意下さい。)

まずは、とても信頼できる問題集「TOEICテスト 究極シリーズ」です。こちらはPart5と6が同じ本にまとめられています。Part6の問題を「独立型問題」「文脈から解く」という分類で、体系化されてまとめられています。↓↓↓

こちらも有名な「特急シリーズ」の中の1冊です。名前が「900点特急」というだけあって、難易度の高い問題が収録されています。900点以上の高得点を目指す方は是非取り組んだ方がよいでしょう。↓↓↓

わたしのPart6の解き方

わたしはPart6の文章は、最初から全て読みます。読んでいくうちに空欄に出会いますが、空欄に出会ってから、その空欄を解いていきます。文脈を理解していないと解けない問題がありますので、文章を最初から理解しながら読んでいくことは非常に重要だと思います。

品詞問題などは、文脈とは関係なく解くことができますので、Part5を解くように時間をかけずに解いていきます。

また、新しく登場した「文を選択する問題」は、4つの選択肢を高速で読んで相応しい選択肢を選ぶという正攻法で解くしかないと思っています。

とにかく、意味を理解しながら長文をしっかりと読んで、問題を解いていくことが重要です。

まとめ

Part6は、問題数が「4題×4問=合計16問」しかないのですが、このパートを素早く正確に解かなければ、Part7にかける時間が少なくなってしまいます。「新形式」になり、Part7の分量もかなり増加していますので、Part6はなんとしても素早く終わらせたいです。

しかしながら、このPart6の設問の文章量も多くなって難化していますので、Part6に特化した対策が必要です。Part6についてはまだ「新形式」に対応した問題集が少ない(存在しない?)ですので、「新形式」に対応する学習は、今のところ「公式問題集」と「韓国模試」がベストです!

TOEICの対策は、やはり良問を大量を解くことが重要ですので、是非試してみて下さい!

また、随時情報をアップデートしていきたいと思います!

ブログランキングに参加しています!
下記のクリックをよろしくお願い致します!


にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする