【海外出張に!】電源確保はAnkerのモバイルバッテリーで決まりだ!【ノマドワーカーに!】


スポンサードリンク


スポンサードリンク

電源確保はこのモバイルバッテリーで決まりだ!

別記事にも書きましたが、わたしは今までに200回以上海外出張に行きました。また、日常的な仕事はカフェやコワーキングスペースで作業をします。

このように、自宅やオフィス以外で仕事をする事がかなり多いのですが、その時にとても重要になるのが、iPhoneやiPadなどのモバイル機器を充電する「モバイルバッテリー」です。

海外出張で必要な場面はいつ?

わたしは主に中国などのアジア諸国に行く事が多いのですが、

数ある海外出張の持ち物の中でも「モバイルバッテリー」は最重要アイテムのひとつだと思っています。

海外出張中の移動中には、地図を見たり、ネットをしたりするためにモバイル機器をかなり使用します。普段、日本でオフィスにいる時よりもはるかに高い頻度でモバイル機器を使用します。

しかしながら、海外出張中は電源を確保する事がかなり困難になります。空港、ホテル、レストラン、カフェなどは海外であっても比較的電源を確保しやすいですが、経験上、いちばん電源を確保しにくいのは、海外の地方で外出する時や、車を利用して移動している時などです。これらは、iPhoneなどのモバイル機器をよく使う場面にも関わらず、電源がほとんど見つからないのです。

飛行機の中でも充電できる!

日系の飛行機やビジネスクラスには、座席に電源がある場合が多くなってきました。しかし、一般的なエコノミークラスや、中国などのアジア系の国内線などには、電源がある事はめったにありません。

飛行機の中ではやる事が限られてきますので、モバイル機器をよく利用します。しかし、モバイルバッテリーがない状態ですと、到着後に電源を残しておくという心配までしなければならず、モバイル機器の利用を控えなければならなくなります。

そのため、「モバイルバッテリー」を機内で使用できると、とても助かります。(ちなみに、モバイルバッテリーをスーツケースなどに入れて預け入れる事は(発火などを考慮して)禁止されている事が多いです。モバイルバッテリーを海外出張に持っていく場合は、手荷物として持っていく必要があります。)

充電するのにも時間がかかってしまう。

「モバイルバッテリー」を持っていく理由として、時間節約という理由もあります。

たとえレストランやカフェ、空港などで電源があったとしても、充電するのにも時間がかかります。海外出張の貴重な時間を、モバイル機器の充電のために待つのは、時間の無駄になってしまいます。

カバンの中で「モバイルバッテリー」と「モバイル機器」を接続しておけば、勝手に充電してくますので、「モバイルバッテリー」を持参することは貴重な時間の節約にもなります。

どの「モバイルバッテリー」がよいのか?

では、具体的にどの「モバイルバッテリー」がおすすめなのでしょうか?

結論から言えば、「Anker」製品を選んでおけば間違いありません!

「Anker PowerCore 10000」がおすすめです!

おすすめのモバイルバッテリーは、下記の「Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) 」です。

Amazonでも常にモバイルバッテリー部門で人気ナンバーワンになっています。このモバイルバッテリーの良いところはたくさんあるのですが、特にこの3点が非常に優れています。

1.容量がとても大きい!

モバイルバッテリーには容量があります。容量が大きければ大きいほど、何度もモバイル機器を充電できます。このモバイルバッテリーは、10000mAhもありますので、iPhone6Sなら4回も充電できます。今までの経験上、海外出張中の時でさえも、4回も充電できれば十分です。

2.サイズがとても小さい!

一般的に、容量が大きくなればなるほどモバイルバッテリーのサイズは大きくなるのですが、このバッテリーは容量が大きいのに、とても小さくて軽いです。大きさはクレジットカードとほとんど同じ大きさという超コンパクトで、卵3つ分ほどの重さしかありません(約180g)!

特に海外出張においては、いかに荷物をコンパクトにするかが機動力に、関わってきます。この軽さと小ささなら、ほとんど存在を気にすることなく持ち運べます。

3.価格が安い!

こんなに高性能にも関わらず、価格がとても安いです。Amazonですと、3000円以下で買えます。いろいろ調べるていくと分かるのですが、こんなに高性能でここまで価格が安い商品はあまり無いと思います。

Amazonのレビューの多さと評価の高さ、長くベストセラーという事からも、いかに優れているかは分かると思います。

ちなみに、美人ブロガーのはあちゅうさんもこのバッテリーを購入してツィッターで絶賛していました。わたしの方が早く購入して活用していたので、はあちゅうさんの先を越したみたいで少しうれしかったです笑。

追記:その後発売された「Anker PowerCore Fusion 5000」もおすすめです!

わたしが、上記の「Anker PowerCore 10000」を紹介した後、Anker社から新しい製品として「Anker PowerCore Fusion 5000」が発売されました。

1.1台2役で荷物を大幅に減らせる!

こちらの製品の特徴は、

モバイルバッテリー自体に電源プラグが内蔵されており、そのまま充電器にもなる!

という特徴があります。バッテリー容量は、5000mAhと上記に紹介した「Anker PowerCore 10000」よりは小さいのですが、それでも十分な容量です。

モバイルバッテリー自体に電源プラグが内臓されていることで、様々なメリットがあります。

1:充電器を別に持ち歩く必要がなくなり荷物が半分になる。

2:電源に刺したまま「モバイルバッテリー自体」も「モバイル機器」も同時に充電できる。

これは、とても大きなメリットで革新的です。今後、モバイルバッテリーはすべてこのような形になってくると予想できるくらいです。

2.サイズがとても小さい!

こちらの製品も、「Anker PowerCore 10000」と同様にサイズがとても小さいです。5000mAhのバッテリーにも関わらず、クレジットカードよりも小さいという驚くべき大きさです。もはや充電器を持ち運ぶのとかわりません。

特に、出張、旅行、外出先での仕事、ノマドワーカーなどにとても重宝するでしょう。常にカバンに入れておいても全く気にならない大きさと重さです。

3.YouTuberのヒカキンさんが絶賛!

わたしがこのモバイルバッテリーを知ったのは、YouTuberのヒカキンさんが絶賛したことでとても話題になったからです。ヒカキンさんが絶賛したためか、発売されてからAmazonではずっと品切れになっており、プレミアまでついていました。

2017年7月中旬現在、ようやくAmazonの在庫が安定してきて、入手が可能になってきました。もちろん、現在はAmazonのベストセラー第1位です。それほど魅力のある製品であることは間違いありませんし、これを購入して後悔することはまずないでしょう。

もちろん日常使いやノマドワーカーにも!

海外出張という特殊な場面だけでなく、日常的にもかなり重宝します。まず、とても小さいので、常にカバンの中に入れておけます。

これを持ち始めてから、モバイル機器の電源が無くなるという心配をする事が一切無くなりました。わたしは毎日このモバイルバッテリーを持ち運んでいます。

普段はカバンに入れているため存在すら気付きませんが、あると無いとでは大違いで、困った時にかなり頼りになります。

モバイルバッテリーが無い時にスマホの充電が切れたら何もできなくなりますので、余計な時間や余計な心配を減らす意味でも、現代人には必須のアイテムだと思います。

まとめ

現時点でのモバイルバッテリーの選択は、特殊な使用方法をする方を除きAnkerの製品で間違いありません。

モバイルバッテリーは、日常的にも使用しますので、ここ数年で買ってよかったものベスト5に入る製品だと思っています。

特に、今回紹介した下記の2品から自分の使用状況に合わせて選べばよいと思います!(安価ですので、わたしのように2つとも購入して状況に応じて使い分けるという方法もあります。)

容量を重視する方はこちら「Anker PowerCore 10000」

利便性と携帯性を重視する方はこちら「Anker PowerCore Fusion 5000」

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!


関連記事はこちら




スポンサードリンク


スポンサードリンク