【大企業を退職シリーズ】長時間労働の原因は何か?その原因は日本の慣習にあった。

pak66_tokainobiru20130525_tp_v

長時間労働の原因は何か、考えてみました。一般的には、「人手が足りない」から労働時間が増えてしまう、人を増やせば労働時間が減少すると言われていますが、そんなに簡単な問題ではありません。(日本型企業に勤務されている方は容易に分かるはずですが。)人手が足りない背景には、日本社会の働き方の根本的な問題がある事が分かります。

長時間労働の原因は?

人手が足りない。

人手が足りない原因は、単に社員の数が絶対的に少ないのではなく、出来る人に仕事が偏り、出来ない人は暇な状態になっているためである。例え人を増やしても、出来る人に仕事が偏ることは避けられない。

出来る人に仕事が偏る原因は、日本企業では、職務の境界が曖昧なため、出来る人はどの範囲まででも仕事を行ってしまう。なぜなら、仕事を広範囲に行えば行うほど、評価が上がるため。

職務の境界が曖昧な理由は、日本企業では、慣習的に新入社員は「新卒一括採用」で、全員を幹部候補として採用し、職務を規定して採用することはしない。新卒一括採用のために、中途採用を積極的に行う必要もなく、新卒で採用した社員を定年まで守り抜く「終身雇用制度」となっている。

↓ ※「新卒一括採用」と「終身雇用制度」が長時間労働の原因の可能性が高い事が分かる。

「新卒一括採用」と「終身雇用制度」によって、転職市場の流動性が極端に低くなる。したがって、現状の会社に不満があっても、転職することは難しく、我慢しながら働き続けるしかない。

我慢して長時間働き続けるような責任感の強い人には、仕事が集まり、ますます忙しくなる。

まとめ

このように、長時間労働の根本的な原因のひとつは、「新卒一括採用」と「終身雇用制度」にあることは明確です。

労働監督基準署によって、一時的に取り締まったり、ノー残業デーなどで長時間労働をなくそう!という運動をしても、日本社会の構造が長時間労働をせざるを得ない構造となっていますので、長期的な改善は困難でしょう。

本当に、長時間労働を改善するためには、「新卒一括採用」と「終身雇用制度」などという、根本的な構造改革をする必要があることは明白です。

下記の本は、日本企業の特徴を外国人の目から客観的に分析している本です。これを読むと、日本企業の問題点をはっきりと認識することができるでしょう。しかし、その問題点をどのようにすればよいのかについては、あまり書かれていないため、まずは問題を認識して自分で答えを見つけていくしかないでしょう。


下記の記事も合わせてご覧ください!

【大企業を退職シリーズ】

・10年間働いた大企業の退職を上司に伝えた日!
・会社を辞める勇気がないけど辞めたい人へ送る言集!
・大企業を退職して独立するのは、新幹線からトロッコに乗り換える様なものである。
・退職しても「失業保険」で半年は(なんとか)生活できる!
・退職者の方へ!大企業を退職してしばらく何で生計を立てたか
・退職者の方へ!大企業を退職してしばらく何で生計を立てたか
・退職を決断した時!日本の大企業の何が辛いか?
・退職前にするべき事のリストはこれだ!
・退職経験者が語る!大企業に勤務し続けるリスクについて
・衝撃!転職・退職の悩みを外国人に相談したらどうなるか!?
・退職経験者が語る!大企業を辞たら後悔するのか?
・退職後に発生する「時間」の有効活用方法について!
・退職や転職のアドバイスを他人に求めても、何の参考にもならなかった件!
・大企業を退職!実際に辞めてみると、どんどん物事が進んでいく件
・最初の一歩を踏み出すことの大切さについて
・理想の働き方はいつ実現できるのか?
・会社を辞めたら変わった、3つのライフスタイル!
・実録、最終出勤日の過ごし方!
・悩める会社員へ!転職先が決まっていない状態で退職しても大丈夫か?
・働き過ぎのあなたへ!会社を退職したら、1週間で会社のことは忘れる件!
・独立仲間に出会ったら、ほとんどが身体を壊して退職していた件!
・長時間労働の原因は何か?その原因は日本の慣習にあった。

ブログランキングに参加しています!
下記のクリックをよろしくお願い致します!


にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告大