【大企業を退職シリーズ】最初の一歩を踏み出すことの大切さについて


スポンサードリンク


スポンサードリンク

大企業を退職シリーズ

「辞めたい」、「転職したい」、「海外で働きたい」など、いろいろとやりたい夢や実現させていライフスタイルがある方は多いと思います。しかし、今の日本社会では、いまだに新卒一括採用、終身雇用が主流であり、転職市場にも流動性がないため、なかなか退職や転職をしてまで自分の夢を実現させようとは思わず、あきらめたり我慢して、現状維持をする方が多いかと思います。私も、新卒で入社した大企業で10年間働いていた時は、このままでよいのかと思いながらも、日常に忙殺されて毎日を過ごしていました。悶々としながらも、状況を打開する一歩が踏み出せないでいたのです。

「井の中の蛙」状態

私が大企業に在職していた時は、「独立して自分で会社をつくりたい」とか「海外で働いてみたい」などといった夢がありました。しかし、毎月安定した給料がもらえたり、社会保障や福利厚生がしっかりとしている大企業につかると、本当に腰が重くなり、これらの夢は、しょせん理想的な働き方なんだと思うようになります。大企業で働くことが安定した正しい道で、独立して個人で働いたり、海外で働くことは、とてもリスクが高く、選ばれた人や人生を捨てた人(笑)ができる働き方だとさえ思うようにさえなっていました。

最終的に私は、大企業を退職して、半年間の失業保険を受給した後、個人事業主として独立しました。そこで感じたのは、「なんでもっと早く辞めなかったのだろう…」という感想です。結果的に大企業を辞めてみたら、今まで以上に、世界が広がりました。毎日、企業に通勤して、与えられた仕事をこなしていくと、それが当たり前の日常になり、それ以外の働き方や生活が想像できなくなります。

しかし、世界を見渡せば、終身雇用制で新卒から定年まで同じ会社で働く人など、(特に日本企業の)ほんの一握りの人々しかおらず、むしろ少数派だと分かりました。世の中の人たちは、みんな生きたいように生きていました。自分は洗脳されるタイプではないと思っていましたが、ある意味、大企業教に洗脳されていたような気分になりました。

1歩目だけ、勇気が必要

大企業を退職することは、一見リスクが高いようですが、一歩踏み出してみれば、むしろ世界が広がります。あきらめかけていた夢の働き方を実現することは、実はそれほど難しくないことであるとわかりました。今まではただ、多数派に紛れ込んでいたため、それ以外の働き方を想像できなかったにすぎませんでした。1歩踏み出したてみたら、2歩目、3歩目はとても軽く踏み出せます。良くも悪くも、人生がどんどん先へ先へと進んでいきますし、自分で進む方向を決断できますので、毎日が非常に楽しく過ごせています。

まとめ

このように、あきらめかけていた夢、生活、働き方は、一度行動してしまえば、比較的簡単に実現可能であると分かりました。私の経験から、最初の1歩は、かなり決断力や勇気がいりますが、その後は流れに乗るのはそんなに困難ではありませんでした。理想の働き方、やりたい夢があるけれども、決断できないでいる方は参考にして頂ければ幸いです。


下記の記事も合わせてご覧ください!

【大企業を退職シリーズ】

・10年間働いた大企業の退職を上司に伝えた日!
・会社を辞める勇気がないけど辞めたい人へ送る言集!
・大企業を退職して独立するのは、新幹線からトロッコに乗り換える様なものである。
・退職しても「失業保険」で半年は(なんとか)生活できる!
・退職者の方へ!大企業を退職してしばらく何で生計を立てたか
・退職者の方へ!大企業を退職してしばらく何で生計を立てたか
・退職を決断した時!日本の大企業の何が辛いか?
・退職前にするべき事のリストはこれだ!
・退職経験者が語る!大企業に勤務し続けるリスクについて
・衝撃!転職・退職の悩みを外国人に相談したらどうなるか!?
・退職経験者が語る!大企業を辞たら後悔するのか?
・退職後に発生する「時間」の有効活用方法について!
・退職や転職のアドバイスを他人に求めても、何の参考にもならなかった件!
・大企業を退職!実際に辞めてみると、どんどん物事が進んでいく件
・最初の一歩を踏み出すことの大切さについて
・理想の働き方はいつ実現できるのか?
・会社を辞めたら変わった、3つのライフスタイル!
・実録、最終出勤日の過ごし方!
・悩める会社員へ!転職先が決まっていない状態で退職しても大丈夫か?
・働き過ぎのあなたへ!会社を退職したら、1週間で会社のことは忘れる件!
・独立仲間に出会ったら、ほとんどが身体を壊して退職していた件!
・長時間労働の原因は何か?その原因は日本の慣習にあった。

関連記事はこちら




スポンサードリンク


スポンサードリンク