【大企業を退職シリーズ】退職や転職のアドバイスを他人に求めても、何の参考にもならなかった件!


スポンサードリンク



スポンサードリンク

大企業を退職シリーズ

私は、数年前に30才で大企業を退職し、現在は個人事業主として独立しています。

大企業を退職する際は、ほんとに悩みました。自分だけで悩んでいても解決しないと思いましたので、何人かの信頼できる方々にアドバイスを求めました。その結果、分かったことがあります。

他人のアドバイスは参考になりません。むしろ、悩みが増します笑。

それは、下記の理由があります。

人によって言うことが違う

当たり前ですが、人によって回答が全く違います。「退職するなんてなにを考えてるの?今後どうするの?」という保守派から、「これからは転職したり、独立するのが当たり前の時代だよ」という先進派、「自分が思ったように生きればいいよ」という放任派まで、様々な意見がありました。人の意見を聞いても、決めるのは結局自分ですのでかえってノイズになりました。笑

アドバイスは既に想定内

他人からのアドバイスは、ほとんどが想定内の回答でした。辞めるメリットやデメリットなどは、既に自分の中で整理が付いていたので、それを超えるアドバイスはほとんど何もありませんでした。

アドバイスが無責任(笑)

当たり前ですが、友人でも所詮は他人です。自分が退職して失敗しようが成功しようが、責任は何も無いのです。親身になって考えてくれますが、このような重大な決断については、自分自身以上に考える事は難しいでしょう。

では、誰にアドバイスを求めればよいのか?

私が退職の決断をする際に役に立ったアドバイスをしてくれた方は、歴史上の人物です。先人たちの言葉は、非常に参考になりました。例えば、スティーブジョブズの言葉であったり、中国のことわざであったり、歴史の重みに耐えてきた普遍的な言葉が非常に参考になりました。

退職する際も、目先のメリット、デメリットなどに惑わされずに、普遍的な価値を求めたいという理由もありましたので、普遍的な言葉で心に刺さるものがあれば、iPhone にメモをしていました。

下記にその一部を記事として書きましたが、このような感じの言葉です。

【大企業を退職シリーズ】会社を辞める勇気がないけど辞めたい人へ送る名言集!退職・転職・独立したい方へ!
大企業を退職シリーズ わたしは、数年前、大企業を退職して個人事業主として独立しました。 大企業は安定していて、給料もよく、将...

まとめ

という事で、私の経験では、友人など身近な人達からアドバイスをもらうよりも、歴史上の人物や尊敬できる偉人などからアドバイスをもらう方が良い、と分かりました。

関連記事はこちら




スポンサードリンク



スポンサードリンク