【大企業を退職シリーズ】退職経験者が語る!大企業を辞たら後悔するのか?


スポンサードリンク



スポンサードリンク

大企業を辞たら後悔するのか?

現在、退職したいと悩んでいる方は自分が辞めた時、その選択を後悔するのかどうかについて興味があると思います。

私は数年前に大企業を退職して、半年間の転職活動を経て、最終的に個人事業主として独立しました。その経験から私個人としてこの問いに回答します。

ディーン
大企業を退職しても、全く後悔はしていません!

なぜ、わたしが大企業を辞めても後悔していないのか、いくつか理由を挙げてみたいと思います。

「辞める理由」をリストアップして見える化する

自分が退職する際、なぜ自分が退職したいのか、退職するメリットとデメリットを全て紙に書き出しました。細かい理由も含めて、全部で100個以上の理由をリストアップしました。

今思っても、その時の気分を書き留めておくことは非常に有効だったと思っています。

後で見返しても、退職したかったころの事実や気持ちがそこには克明に描かれていますので、変に思い出が美化されて会社を辞めたことを後悔することはありません。

辞めてしばらく経つと、後悔する場面も出てくると思います。しかし、それは辞めたかった頃の苦しい思い出を忘れ、大企業でよかったこと(おそらく大半が給料の良さ)だけが美化されてきます。しかし、それをリスト化することで、そんな美化された過去を消し去ることができます。

わたしは、このリストアップの作業に約2ヶ月間かかりました。iPhone のメモ帳に思いつくたびに書き加えていきました。

自分が退職するメリット、デメリットだけでなく、退職を勧めるブログ記事、退職に反対するブログ記事、退職に関する名言や人生訓なども、どんどんまとめていきました。まずは、先人に学ぶということで、情報を集めたのです。

最終的に、自分で書いたメリット・デメリット、収集した情報などを総合的に判断して、退職を決めました。ここまでやって決めたのであれば、後悔することはないでしょう。

ディーン
今でもその記録を時々見返しますが、自分が退職した理由にとても納得できます。

本当に後悔していないのか?

上記のリストアップで分かったことがあります。

わたしの場合、メリットで一番大きいことは、「自由を得ること」、デメリットで一番大きいことは、「安定した収入が無くなること」でした。

辞める前にメリット、デメリットを全て洗い出したうえで決断したので、そのメリットはデメリットを越えるだけの価値があると判断できました。

そして、デメリットである「安定した収入が無くなる」悩みに対してどのようにすれば解決できるかを考えました。具体的には、まず転職期間の半年間は失業保険で何とかする、その後は必ず転職するなり独立するなりして自分で稼ぐだけの力を付けるなどですが、今後の人生計画を何パターンも書き出して見える化しました。

その結果、「辞めても何とかやっていける」「収入よりも自由を取った方が人生が楽しくなる」という確信が持てるようになりました。

思いつきで辞めた訳ではなく、自分で熟考して出した結論ですので、その判断に後悔はありませんし、これからも後悔はないでしょう。熟考の結果を書き出すことは判断する上でとても大事な事でした。

ディーン
重大な決断をするとき、それを「記録する」ということは後悔しないためにもとても重要ですね。

辞めない事も、実は「選択」している

「企業を退職する」という決断は、(現代の日本人の)人生にとって大きな決断で、とても勇気がいる事です。

しかし、逆に考えてみると、我々は「退職せずに仕事を続ける」という「選択」や「決断」を毎日している事になります。

それは、現状維持ですので退職しないことを「選択している」という意識も、退職しないことを「選択する」エネルギーも必要ありません。

そう考えると「退職する」という選択だけが特別ではなく、「退職しない」という日々の選択も本当に正しいのか疑問を持ち、検証しなければなりません。

現状維持で仕事を続けるのはとても楽ですが、もし嫌々働いていたり、疑問を持ちながら働いていたりするのであれば「退職しない」という選択肢を選択し続けることを辞めるのも考慮する必要があります。

ディーン
退職するということは、辞めない選択をし続けることを辞めるという意味もあります。

心配な方は、退職前に自分の価値を知っておくとよい!

大企業を退職すると、もう二度と企業には転職できないのではないかと思うかもしれません。

わたしは、退職する前(退職する1年以上前から)に日常的にいわゆる「転職エージェント」に複数登録して、自分の分野、自分のキャリアでどのくらいの求人があるのかの情報収集をしていました。「転職エージェント」に登録すると、毎日のように「スカウト」がきます。

それを見ると、おそらく安心できると思います。分野にもよると思いますが、そのスカウトの種類と量は豊富で、辞めてもこんなに求人があるのだと思えるようになります。

退職してからの転職活動が心配な方は、退職前に転職エージェントサイトに登録しておき、情報収集しておくと安心だと思います。無料ですし、こちらからアクションをしなければエージェントと接触する必要もなく、求人のみを見ることができます。

数ある転職エージェントの中でも、下記のエージェントの求人がとても役に立ちました。大手エージェントは他にもたくさんありますので、複数登録しておき、日ごろから求人を眺めておくとよいと思います。

マイナビエージェント
マイナビエージェントは20代~30代のビジネスパーソンの求人に強みを持っています。転職当時は30代でしたので、ぴったりの求人が多数ありました。そして、わたしの分野の求人はマイナビエージェントが最も豊富でした。

type転職エージェント
「type転職エージェント」の求人は、約80%が非公開求人ということなので、普通に検索しても出てこない求人が多数ありました。エージェントに登録すれば、自分にあった求人やスカウトが届きますので、在職中にそれをみているだけでもかなり参考になります。

JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)
売上規模では、業界3位の人材紹介会社です。 わたしは、海外事業の転職も視野にいれていましたので、海外に強い「JAC Recruitment」はかなり参考になりました。また専門職にも強く、わたしの分野の優良な求人も豊富にありました。

ディーン
辞めるつもりがある方も、すぐに辞めるつもりがない方も、自分の価値を知るために転職エージェントに登録して日頃から自分の業界の求人動向を知っておくことはとても有用だと思います!

まとめ

以上のように、わたしの場合は大企業を辞めても後悔はしていません。その理由は、下記のような行動をしてきたからに他なりません。

「辞める時に熟考したから。そして、それを記録として残してあるから。」

そうすることで、辞めた時の自分の心情を克明に思い出すことができ、今後どのようなことがあっても後悔する事は無いでしょう。

会社を辞めたいと考えているみなさんの少しでも参考になれば幸いです!

あわせて読みたい関連記事!

<大企業を退職シリーズ>

人気!・10年間働いた大企業の退職を上司に伝えた日!

人気!・実録、最終出勤日の過ごし方!

人気!・大企業での老人の既得権が酷すぎて退職した件!

・会社を辞める勇気がないけど辞めたい人へ送る言集!

・大企業を退職して独立するのは、新幹線からトロッコに乗り換える様なものである。

・退職しても「失業保険」で半年は(なんとか)生活できる!

・退職者の方へ!大企業を退職してしばらく何で生計を立てたか

・退職を決断した時!日本の大企業の何が辛いか?

・退職前にするべき事のリストはこれだ!

・退職経験者が語る!大企業に勤務し続けるリスクについて

・衝撃!転職・退職の悩みを外国人に相談したらどうなるか!?

・退職経験者が語る!大企業を辞たら後悔するのか?

・退職後に発生する「時間」の有効活用方法について!

・退職や転職のアドバイスを他人に求めても、何の参考にもならなかった件!

・大企業を退職!実際に辞めてみると、どんどん物事が進んでいく件

・最初の一歩を踏み出すことの大切さについて

・理想の働き方はいつ実現できるのか?

・会社を辞めたら変わった、3つのライフスタイル!

・悩める会社員へ!転職先が決まっていない状態で退職しても大丈夫か?

・働き過ぎのあなたへ!会社を退職したら、1週間で会社のことは忘れる件!

・独立仲間に出会ったら、ほとんどが身体を壊して退職していた件!

・長時間労働の原因は何か?その原因は日本の慣習にあった。

関連記事はこちら




スポンサードリンク



スポンサードリンク