【レビュー】texcy luxe(テクシーリュクス)の革靴型スニーカーが最高だった件!

img_6614.jpg
スポンサーリンク
レクタングル広告大

texcy luxe(テクシーリュクス)の革靴型スニーカー

素晴らしい商品を見つけてしまいました。

私は海外出張や国内出張に行く際、どんな靴を履いていけばよいのか悩んでいました。革靴で行くのが最もフォーマルで客先でも失礼がないのですが、革靴で長時間歩くのはとても辛いです。また、出張の間に休日をはさむと、休日用の靴まで持っていかなくてはいけなくなります。

快適な革靴は無いかと、インターネットでいろいろと検索したり、お店を廻って調べていく中で、最高の靴に出会いましたので、シェアしたいと思います。

それが、日本の有名スポーツメーカー「アシックス商事」が販売している「テクシーリュクス texcy luxe」の革靴型スニーカーです。

デザインが最高!

まず何といってもデザインが優れています。とてもかっこいいです。このような「スニーカー型革靴」といった商品は、何か「センスのないおじさん」などが履いているイメージがあります。

しかし、この「テクシーリュクス texcy luxe」は、見事に履きやすさとデザインが両立しています!

また、テクシーリュクスは種類(型式)が豊富なので、自分の好みに合わせていろいろな選択肢があります。いろいろ種類(型式)がありすぎて、迷ってしまうかも知れませんが、わたしのおすすめは、「【texcy luxe】TU-7758」という型式の商品です。

なぜなら、この「【texcy luxe】TU-7758」は、「ストレートチップ(つま先に横線が1本入っている)」であり、「内羽根(紐を通す部分が外に出ていないタイプ)」だからです。基本的に、革靴の中でこのストレートチップで内羽根のタイプが最もフォーマルなタイプとされています。よって、まずは1足目として、このタイプを購入しておけば間違いないでしょう。ストレートチップで内羽根の革靴はとてもフォーマルですので、これで冠婚葬祭もこなせます。

スニーカーの機動力と履きやすさを備えながら、フォーマルなストレートチップを採用しているため、この1足のみで海外出張、国内出張などの「日中の長時間・長距離の移動」と「会議や会食などのフォーマルな場面」に対応することができます。

また、ジーンズやチノパンなどのカジュアルなパンツにも合いますので、例えば長期出張でもこれ一足を履いていくだけで十分で、休日の私服にも合わせられ、荷物を大幅に減らすことができます。ちなみに、ジーンズとストレートチップを合わせたコーディネートは、グーグルで検索するとたくさん出てきます→「ジーンズ+ストレートチップでの画像検索結果」。個人的には、とてもかっこよい組み合わせだと思います。

下記のアマゾンのリンクから、この靴を拡大した写真が見れます。写真を見るとソール部分が少し分厚く、ギザギザに見えるのが気になるかもしれません。私も最初、写真を見た時に、ソールが少し厚いのではと心配していました。しかし、実物を見てみると、厚みは感じませんでしたし、靴を履いた状態では、ギザギザ部分は見えませんので、カッコ良いです。(逆に、ヒールの高さは4.0cmありますので、若干背が高くみえるというメリットもあります(笑)。)

履きやすさが最高!

スポーツシューズメーカーのアシックスのスニーカーだけあって、とても履きやすいです。しばらく履いていると、自分が革靴を履いている事を忘れます。見た目は完全にフォーマルな革靴ですが、履いている感覚としては本物のスニーカーを履いているように思えます。

本物の革靴を履いて長時間移動したり、走ったりするのはかなり辛いですが、この「テクシーリュクスの革靴型スニーカー」なら、これを履いたままランニングもできそうなくらい履きやすいです。というか、実際にランニングできます(笑)。

また、脱着のしやすさも特徴です。靴紐を通す部分の横に、脱ぎ履きがスムーズになるような切れ目があり、その部分がゴムになっています。見た目は完全に革靴ですが、とても脱着がしやすいです。

靴ベラが無くてもスニーカーのように簡単に脱着ができます。これにより、出張時や会食時に頻繁に靴を脱ぎ履きする際のストレスと時間を大幅に軽減することができます。

価格が安い!

「texcy luxe(テクシーリュクス)のスニーカー」もいろいろな種類(型式)がありますので、商品によって価格も異なりますが、基本的にとても安いです。私のおすすめする最もフォーマルなストレートチップの「【texcy luxe】TU-7758」という商品は、定価が(税抜き)8,000円です。

普通、この値段ではなかなかよいデザインの革靴は購入できません。私は、このテクシーリュクスのスニーカーを発見して以来、普通の革靴は買っていません。この革靴型スニーカーの魅力と履きやすさに完全にはまり、いまでは異なるデザインを3足持っています。

特に、スニーカー(革靴)は消耗品ですので、安ければ安いに越したことはありません。このテクシーリュクスを試したことは無い方にも、最初は気軽に試していただけるようなお手頃な設定になっていると思います。

強度・耐久性に優れている!

信頼の日本ブランド、アシックスブランドですので、製品はしっかりしています。私が購入したテクシーリュクスのスニーカーは3年ほど経ちますが、まだどこも壊れていません。もちろん靴ですので、ソール部分はすり減りますが、自分で修理して使用しています。また、最近は、街角の靴修理屋さんで、ソール部分を修理してくれるので、本当に長持ちします。

本物の牛皮革ですので、革靴用の靴磨きを使用してお手入れをしながら使用すれば、革靴と同様に長持ちします。安価な価格を考慮するとコストパフォーマンスに優れています。

下記の説明は、公式ホームページからの抜粋ですが、アッパー部分は本革(牛革)をしようしており、耐久性に優れているのはもちろん、ソール部分は屈曲性や耐久性に十分に配慮されていることが分かります。

脱ぎ履きスムーズ 牛革 ホールド性 MESH 消臭 フィット性 クッション性 安定性 屈曲性 耐久性

アマゾンでの評価も高い!

下記のリンクからアマゾンの評価を見て頂ければ分かりますが、評価はかなり高いです。

この「テクシーリュクス」の靴は、クオリティがとても高いのに、街角ではなかなか売っている店がありませんでしたので、私もアマゾンで購入しましたが、この口コミの評価の高さは信頼に値すると思います。ほとんどの方が高評価を付けており、絶賛するレビューが多いです。

わたしも、初めて購入する際、いろいろな体験記や購入記を読みましたが、どの方もこの商品をとても絶賛していました。気になる方は、ぜひ下記のリンクからアマゾンの評価を読んでみて下さい!↓↓↓

下記のアマゾンのリンクは、同じテクシーリュクスのラインナップにある「TU-801」という型式です。こちらの商品は日本製であり、「japan made」と名付けられた、より高級なラインナップとなっています。値段が若干高いのですので(←それでも革靴よりは全然安い)、1足目にテクシーリュクスを購入して、気に入った方の2足目としてもおすすめできます。

下記の図を見ても分かるように、大きな違いは、日本の職人によって1足1足が仕上げられているところにあります。基本的な作りは、上記で紹介した商品とほぼ同じです。

牛革 履き口パッド アンティーク仕上げ 消臭 ふまずパッド メッシュ材 緩衝材 屈曲性

私は実際に2足目にこの商品を購入しました。実際、履き心地は上記で紹介した「【texcy luxe】TU-7758」と殆ど同じなのですが、こちらの方がソールが薄く、デザイン性がすぐれており、牛革にも高級感があります。履いてしまえばソールの薄い、厚いは全然分からないのですが、靴を脱いだ時や近くで見た時に、より洗練されたデザインを求めるなら、こちらの商品をおすすめします。

下記のアマゾンの写真から分かるように、高級感のあるかなり洗練されたデザインです。是非リンクから拡大した写真を見てみて下さい!

YouTubeがありました!

テクシーリュクス texcy luxe」の宣伝用のYouTubeがありました。この動画では、この「革靴型スニーカー」を履きながら、ダンスをしています(笑)。この動画からも分かるように、本当にダンスが出来るくらい「スニーカー」なのです!

まとめ

このように、この「テクシーリュクス texcy luxe」のスニーカーは、非常に優れた商品です。自分の中では、人生において買って良かったものランキング5位以内には確実に入っている商品です。

しかしながら、不思議とあまり知られていなくて、知る人ぞ知る優れた商品のような扱いになっています。これを販売しているお店もあまりないように思えます。

実際に、会社でわたしがこれを履いていた時に、この靴のよさを同僚にアピールしていたら、同僚たちも気に入ったようで、いまでは、年代を問わず社内で多くの人たちがこのスニーカーを履いています(笑)。

繰り返しになりますが、この靴のよさは何といっても、「快適」なのに「格好よい」ところにあります。わたしも、ファッションにはこだわりがありますので、「快適」なだけでダサければ絶対に履いていなかったでしょう。「快適」かつ「格好よい」という商品はなかなかありませんので、アシックス商事さんには是非この商品を作り続けて頂きたいです。気になった方は、下記のアマゾンリンクから拡大写真が見れます。↓↓↓

ブログランキングに参加しています!
下記のクリックをよろしくお願い致します!


にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする