【大企業を退職シリーズ】大企業を退職して独立するのは、新幹線からトロッコに乗り換える様なものである。


スポンサードリンク


スポンサードリンク

大企業を退職シリーズ

私は、数年前に大企業を退職して最終的には独立をしたのですが、

「大企業を退職して独立するのは、新幹線からトロッコに乗り換えるようなものである。」 

と強く感じています。

・新幹線の人生

新卒で大企業に入って10年間勤務したのですが、後から思えば大企業時代はかなり快適な暮らしができていました。

金銭的な安定はもちろん、税金関係や雑務などはすべて会社がやってくれます。

一回乗車してしまえば、終身雇用で定年という目的地まで運んでくれます。

まるで、新幹線に乗っているかのような快適さです。

ただ停車駅は少ないですし、大人数で移動するし、自分の思った様に運転できないため、自由度はあまりありません。

・トロッコの人生

しかし、独立してみると、将来は未知ですし、雑務もなにもかも自分でやらなければなりません。

まるで、新幹線からトロッコに乗り換えたように、スリリングな毎日が待っています。

レールの先が崖になっているかもしれませんし、レールが途中で途切れているかもしれません。台風がきたら吹き飛ばされてしまいそうです。

トロッコはとても小さいし、すぐに壊れてしまいます。お金がないので、自分自身でメンテナンスをしなければなりません。

しかし、小回りが利きますので、自分の思った時に停車したり、寄り道したりできます。寄り道途中に新しい発見や出会いもありました。責任を負う分、自由度がとても高いのです。

・新幹線か、トロッコか?

新幹線はとても快適ですが、運転手が運んでくれるため、乗客は自由に動くことはできません。

トロッコは不安定ですが、自分で操縦でき、とてもスリリングです。

どちらの乗り物を選ぶのは個人の自由です。2つの乗り物をある期間ずつ乗り換える人生も面白いです。

私は新幹線からトロッコに乗り換えましたが、今はとても自由に動き回っています。新幹線に乗っていた時は、何か遠慮というか萎縮してしまっていました。

たまに、新幹線の快適さが懐かしいですが、30才にしてトロッコによる冒険を選びました。

トロッコが嫌になったら、また新幹線に(新幹線は無理でも在来線くらいに)、乗り換えるかもしれませんが、今のところトロッコ生活に満足しています。

・捕捉

辞める、辞めないに、かかわらず、サラリーマンの方は転職サイトに登録はしておいたほうがよいと思います。世の中にはこんなに求人があると分かりますし、今よりよい求人があったら在職中でも、話だけでも簡単に聞けます。登録は無料で、誰にも会わずにメールだけで完結できますので、登録だけでもしておくことをオススメします!

わたしは、在職中から、たくさんの転職サイトに登録して、求人メールを毎日ながめていました。各転職サイトごとに求人が違いますので、たくさん登録するとよいと思います。無料で仕事を紹介してもらえるので、なんのリスクもありません!



下記の記事も合わせてご覧ください!

【大企業を退職シリーズ】

・10年間働いた大企業の退職を上司に伝えた日!
・会社を辞める勇気がないけど辞めたい人へ送る言集!
・大企業を退職して独立するのは、新幹線からトロッコに乗り換える様なものである。
・退職しても「失業保険」で半年は(なんとか)生活できる!
・退職者の方へ!大企業を退職してしばらく何で生計を立てたか
・退職を決断した時!日本の大企業の何が辛いか?
・退職前にするべき事のリストはこれだ!
・退職経験者が語る!大企業に勤務し続けるリスクについて
・衝撃!転職・退職の悩みを外国人に相談したらどうなるか!?
・退職経験者が語る!大企業を辞たら後悔するのか?
・退職後に発生する「時間」の有効活用方法について!
・退職や転職のアドバイスを他人に求めても、何の参考にもならなかった件!
・大企業を退職!実際に辞めてみると、どんどん物事が進んでいく件
・最初の一歩を踏み出すことの大切さについて
・理想の働き方はいつ実現できるのか?
・会社を辞めたら変わった、3つのライフスタイル!
・実録、最終出勤日の過ごし方!
・悩める会社員へ!転職先が決まっていない状態で退職しても大丈夫か?
・働き過ぎのあなたへ!会社を退職したら、1週間で会社のことは忘れる件!
・独立仲間に出会ったら、ほとんどが身体を壊して退職していた件!
・長時間労働の原因は何か?その原因は日本の慣習にあった。

Twitter/Pocket

この記事が気に入ったら下記のボタンより、リツイートをお願いします!

この記事の保存は下記のボタンからどうぞ!


関連記事はこちら




スポンサードリンク


スポンサードリンク