【英語学習に最適!】多読にはKindle paperwhiteが最強だった件

img_6450.jpg
スポンサーリンク
レクタングル広告大

多読にはKindle paperwhiteが最強だった件

私は英語の書籍を多読する際には、Kindle paperwhiteを使っています。iPhoneやiPad のKindleアプリでも同じではないかと思われるかもしれませんが、Kindle paperwhiteを使った多読は非常にはかどります。いくつかメリットがありますので、書いてみたいと思います。

用途が限定されており、集中できる

Kindle paperwhite はもちろんKindle機能しかありません。いまどき、複数のことができないガジェットなんてコストパフォーマンスが良くないのではないかと思われるかもしれません。しかし、単一機能だからこそ、読書することに特化しており、読書に集中できるのです。

iPhoneやiPadで読書をすると、絶対に他の事をしてしまいます。読書中にLINEをみたり、Twitterを見たりしたくなります。誘惑が多く集中できません。単一機能のKindle paperwhiteは、読書に集中することにもってこいの端末です。

目に優しい

Kindle paperwhite はEインクを使ったディスプレイで、目に非常に優しいと言われています。確かにインクは紙のインクのように見えます。バックライトでなく、フロントライトで画面を照らしているので、目に優しく、寝る前にベッドで寝ころびながら読書することができます。また、タブレット端末のようなピカピカと反射するスクリーンではなく、マットなe-inkスクリーンですので、光の反射がなく非常に見やすいです。

電池の持ちが良すぎる

電池の持ちが異常に良いです。カタログ上、最大6週間持ちます。「6時間」ではなく、「6週間!」です。私は使用していて、電池の持ちで困ったことは全くありません。電池がなくなるという心配がほぼないのです。タブレット端末をずっと使用していると、1日で電池が無くなることもあります。Kindle paperwhiteの電池の持ちは、それとは次元が違います。

非常に薄く、非常に軽い

本体は非常に薄く、重さも約200gしかありません。これは、一般的なハードカバーの書籍1冊分より薄く、軽いのです。こんな端末に数1,000冊の本を入れて持ち運ぶことができます!

まとめ

ということで、わたしは、Kindle Paperwhiteを持ち歩いて読書をしています。AmazonのKindleの書籍は英語学習に優れていますので、それをKindle paperwhiteという端末で読むことによって、学習効率が上がることは間違いないでしょう!英語学習者、多読による学習者の方は、是非この機会に試してみてはいかがでしょうか!?

ブログランキングに参加しています!
下記のクリックをよろしくお願い致します!


にほんブログ村 英語ブログへ
スポンサーリンク
レクタングル広告大
レクタングル広告大

フォローする